6/30
まで!

結婚式場の選び方のコツはこれ!失敗しないポイント教えます!!

記事公開日:2022.11.16 / 最終更新日:2022.11.16
Column
Share
 結婚式場の選び方のコツはこれ!失敗しないポイント教えます!!

初めての結婚式場選びでは、分からないことだらけで何から始めたら良いのか迷ってしまいますよね。

「どんな挙式スタイルがいいのだろう…」

「結婚式場選びをする前に準備しておくべきことは何だろう…」

「どんなポイントを押さえて結婚式場選びをすれば良いのだろう…」

そんな不安を持つ方でも安心して結婚式場選びができるいくつかのコツがあります。

コツをしっかりと収集しておけば悩んだ時の判断材料にもなりますよ。

結婚式場選びを失敗しないためにも下準備、チェックするべき項目、質問するべき項目を事前に2人で話し合い、メモにしておくことがおすすめです。

この記事では実際に「どんなことに気をつけて結婚式場選びをするべき」か、その大切なコツをお伝えします。

これから結婚式場選びをするカップルはぜひ参考にしてみてくださいね。

 

>>挙式の夢を叶えたいすべてのカップルへ贈るプレゼントはこちら

 

4つの結婚式スタイルを徹底比較

4つの結婚式スタイルを徹底比較

結婚式のスタイルは、「ホテルウェディング」、「専門式場」、「ハウスウェディング」、「レストランウェディング」の大きく4つに分けることができます。

結婚式場によりそれぞれの得意分野や特徴があり、どの結婚式スタイルを選ぶのかによって結婚式そのものが変わってくるため、とても大切な選択になりますよ。

例えば、料理を重視したいカップルはレストランでのウェディング、会場の雰囲気や装飾にこだわりたいカップルはハウスウェディングがおすすめです。

実際に、4つの結婚式スタイルの選び方のコツやメリット、デメリットを理解し、優先順位を立ててみてくださいね

 

>>より詳しい結婚式場選びのコツを解説!!

 

ホテルウェディング選びのコツ

ホテルウェディング選びのコツ

ホテルウェディング選びのコツは、結婚式に関わる部分だけでなく宿泊予定のゲストを予め予想し、上手に部屋の振り分けができるかどうかが鍵となります。

ホテルウェディングでは、大切なゲストを招待する上でおもてなしの部分を重視して結婚式場選びを考えると宿泊施設が備わっていることが大きなポイントになります。

安定したプロのサービスを受けることもできるので大切なゲストを招待する上で安心してお任せすることができるでしょう。

しかし、他の結婚式場とは異なり完全に貸し切りにすることが難しいため、「結婚式の日程」、「曜日」、「時間帯」選びもコツになりますよ。

 

ホテルウェディングのメリット

ホテルウェディングのメリット

  • 遠方からゲストを招待する場合は、宿泊施設があるので安心
  • キャパシティ豊富な会場があり、少人数から大人数まで人数に合わせた会場を選択できる
  • 和洋折衷の料理を選択でき、ゲストの層に合った料理を提供できる
  • 一流のサービスと信頼感が備わった格式高い結婚式が叶う
  • ゲストへのおもてなしが充実している
  • 365日営業しているホテルが多いため、打ち合わせなどの融通がつきやすい

 

ホテルウェディングのデメリット

 

  • 一般のお客さんも使用するため、貸し切りにすることが難しい
  • 他の新郎新婦と鉢合わせしてしまう可能性がある
  • 結婚式用の会場でないためシンプルで装飾に物足りなさを感じる
  • 自然溢れるナチュラルなウェディングが叶いにくい

 

専門式場選びのコツ

専門式場選びのコツ

専門式場選びのコツは、より自分たちの理想に合った雰囲気、演出ができる会場を探すことができるかどうかになります。

専門式場は結婚式の為につくられた専門の場所のため、個性が溢れるテイストの会場が備わっていることが多く、好みや希望に合わせた会場の雰囲気をイメージしやすいでしょう。

また演出なども充実していることが多く、「2人らしさを視覚的に表現したいカップル」には希望が叶いやすいことが多いですよ。

やりたことが明確になっている場合は、専門式場も候補に考えてみてくださいね。

 

専門式場のメリット

専門式場のメリット

  • テイストの異なる会場がありテイストを決めやすい
  • 結婚式場専門なので、導線が便利なことが多い
  • 演出やコーディネートの種類が豊富で選びやすい
  • こだわった結婚式を行うための設備が充実している
  • 流行の演出などの希望が叶いやすい
  • ドレスや引き出物など提携先が充実している

 

専門式場のデメリット

 

  • 結婚式場内に宿泊施設がないため、ゲストには別の場所に宿泊してもらう必要がある
  • 他の新郎新婦と鉢合わせしてしまう可能性がある
  • 1日に結婚式をするカップルの組数が多く、プライベート感が少ない

 

ゲストハウス選びのコツ

ゲストハウス選びのコツ

ゲストハウス選びのコツは、プライベート感と自由度をどれだけ兼ね揃えているのが大切になります。

1日1組限定で一軒まるごと貸し切りにできるプライベート感を重視した結婚式スタイルなので、その良さをどこまで叶えることができるかが大切です。

自由度も高くオリジナル感を出しやすいため、ここ最近では人気が高い結婚式スタイルですよ。

非日常的でプライベート感を感じる空間で結婚式をしたいカップルにはおすすめです。

ゲストハウスは最寄駅から少し離れた郊外の立地にあることも多いため、「交通アクセス」や「ゲストへのフォロー」などは事前に考えるようにしましょう。

 

ゲストハウスのメリット

ゲストハウスのメリット

  • 一軒家を貸切して非日常的な空間で完全にプライベートな結婚式が叶う
  • 他の新郎新婦と鉢合わせることがほとんどない
  • 自由度が高い演出ができオリジナリティーが叶う
  • ロケーションが良く写真映えスポットがたくさんある
  • 時間に追われることなくゆったりとした時間を過ごすことができる
  • ゲストとの距離を近く感じることができる

 

ゲストハウスのデメリット

 

  • アクセスが良くない立地の場合が多い
  • 天候や季節に左右されることもある
  • 人気の日取りは早くから予約が埋まることも多く予約が取りづらい
  • 他の結婚式場に比べると料金が比較的高いことが多い

 

>>大阪での結婚式場選びを検討している方必見情報

 

レストランウェディング選びのコツ

レストランウェディング選びのコツ

レストランウェディングは、料理にこだわりを持って重視したいカップルにおすすめですよ。

たくさんのレストランがある中で、どんな種類の料理を提供するレストランを選ぶのかがコツになりますよ。

また、他の結婚式スタイルに比べると収容人数も少ない場合があるので、招待する予定のゲストの人数に合わせたレストラン選びをすることも失敗しないコツになります。

 

レストランウェディングのメリット

レストランウェディングのメリット

  • 料理が美味しく数多くのレストランの中から好みを選ぶことができる
  • ゲストとの距離が近いため、アットホームな結婚式が叶いやすい
  • 持ち込み制限などが少なく自由度が高い
  • 料理以外にかかる費用が少なく、低予算で収まることもある
  • 記念日ごとに思い出の場所としてレストランを利用することができる
  • 堅苦しくなくカジュアル感を出すことができる

 

レストランウェディングのデメリット

 

  • 結婚式場ではないので挙式会場が別になることが多い
  • 結婚式に関するプロが少ないので、外部にお願いをする必要がある
  • 付帯施設が整っていないのでゲストへの案内やフォローが必要
  • 収容人数に限りがあり、大人数に対応することが難しい

 

忘れないで!結婚式場選びの大切な7つの下準備

忘れないで!結婚式場選びの大切な7つの下準備

結婚式場を選ぶ時には、問い合わせや見学に行く前にまず2人の中で結婚式に対するイメージを膨らませることが大切なコツになります。

どこの結婚式場見学でもまずは「アンケートを記入」し、「希望の時期」や「人数」、「挙式スタイル」などのヒアリングから始まることが多いからです。

担当スタッフにやりたいことやイメージを伝えられるように準備をしておくと、スムーズに進みより具体的な話しや見積もりも出しやすくなりますよ。

 

ポイントを押さえて理想の結婚式を叶える秘訣はこちら↓↓

 

どんな結婚式にしたいかこだわりポイントを決める

まずは2人の中で結婚式に対しての絶対条件やこだわりたいポイントを決め、その優先順位を立てておくようにしましょう。

こだわりポイントが明確でないと、その後の結婚式場選びも方向性が定まらず迷子になってしまうからです。

こだわりポイントに対して2人の意見が分かれるようであれば、後で喧嘩にならないようにどちらの意見を尊重するべきか話し合うことがコツになりますよ。

 

挙式スタイルの希望を明確にする

挙式スタイルの希望を明確にする

「チャペル挙式」、「神前式」、「人前式」、どの挙式スタイルを行いたいのかを決めるようにしましょう。

挙式スタイルにより、挙式場所、衣装、収容人数など全てが変わってくるため担当スタッフの説明もすべてが異なります。

また、見積もり内容も変わるので早い段階でどんな挙式スタイルを希望しているのかを決めることがコツになりますよ。

 

披露宴会場のタイプを決める

披露宴会場を選ぶ際は、「会場のコーディネート」、「収容人数」、「ロケーション」、「入退場の位置」など理想のタイプを決めておくことがコツになります。

重視するポイントを絞ることにより必然的に結婚式場を選ぶ際の決め手になることもありますよ。

また、したい演出があればそれが叶うかどうかを決める判断基準にもなります。

会場によって予め備わっている設備も異なるため、どんな披露宴にしたいのかも併せて2人で相談をしておくと良いでしょう。

 

希望の日時、曜日、日柄の候補日を決める

希望の日時、曜日、日柄の候補日を決める

結婚式の具体的な日にちを絞ることは、「結婚式場選びにおいて1番大切なこと」と言っても過言ではありません。

人気がある結婚式場は早い時期から予約で埋まってしまうこともあるので、結婚式場を決定しても希望の日程で予約ができなければ意味がありません。

職場、親族、友人など、どんなゲストを多く招待するかによって出席しやすい時期や曜日などが定まってくることも多いので、2人の予定はもちろん招待するゲストにとっても参加しやすい日程を決めることがコツになりますよ。

 

希望の結婚式場エリアを明確にする

結婚式場の場所選びを明確にすることで、本当に問い合わせや見学をするべき結婚式場を絞ることができます。

点々とした場所で結婚式場を選ぼうとすると、見学に行くだけでも移動時間や移動費がかさんでしまい効率が良くありません。

2人の限られた時間の中で結婚式場選びをするので、ある程度どこのエリアで結婚式をする予定かを両親も含め事前の話し合いをすることがコツになりますよ。

2人が今後打ち合わせに通うこと、「ゲスト目線」でのアクセスの利便性も考えて結婚式場のエリアを選んでくださいね。

 

地元が違うカップルの場所選びの秘訣はこちら↓↓

 

招待したいゲストの人数を決める

招待したいゲストのある程度の人数を事前決めることで、その人数に合わせた収容人数の会場を探すことができ、効率良い結婚式場選びができますよ。

2人好みの会場であっても、ゲストの人数が多く人数オーバーしてしまう会場や逆に少人数の結婚式にもかかわらず大きすぎる会場では寂しい雰囲気になってしまいます。

ゲストに快適に過ごしてもらう為にも、招待するゲストの人数に合った大きさの会場選びは大切なコツになりますよ。

人数が定まらない場合は、「少し多めの人数でカウント」しておけばキャパオーバーになる心配もなくおすすめです。

 

無理ない予算の範囲を決める

無理ない予算の範囲を決める

まず2人が結婚式に充てることのできる「貯金額」、「親からの援助金」、予想できるご祝儀の金額の合計を計算しておきましょう。

上限金額を決めておかないと見積もり確認した時点で、許容範囲の金額なのかどうかも判断がしづらくなります。

親にも援助金があるかどうかを事前に確認し、招待したいゲストをリストアップして「人数×平均3万円」で計算することがコツになります。

ご祝儀金額は予想の範囲になりますが、多めに金額設定をしてしまうとそうでなかった場合に2人の負担金額が高くなってしまうので注意してくださいね。

 

>>結婚式の予算、相場、見積もり、節約術を解説

 

結婚式場探しをする時に押さえておきたいポイント

結婚式場探しをする時に押さえておきたいポイント

結婚式場を選ぶ際は、下準備と並行してプラスαでポイントを押さえておくことがコツになります。

自分本位の選び方では後から2人の認識に違いが生じてしまったり、結婚式場の良いところばかりに目がいってしまうと理想と現実にギャップが発生してしまうからです。

後悔しないように、「納得した結婚式場選びをするためのコツ」をご紹介します。

 

>>期間限定!お得な結婚式プレゼントはこちら

 

SNSやWEBページなどで先輩カップルの写真を見ておく

SNSやWEBページなどで先輩カップルの写真を見ておく

SNSやWEBページで先輩カップルの「リアルな写真」や「口コミ」を確認しておくことは、失敗しない結婚式場選びのコツになりますよ。

良いところばかりを見て、現実的には予算が足りずに満足いく結婚式が叶わなかったり、見落としていたマイナス面を知ることができる可能性があるからです。

結婚情報誌やWEBサイトでは、写真映えするようにお金をかけて豪華に写っていることが多く、スタッフのサービス面などは実際に体験してみないと分からない部分になります。

理想と現実のギャップを少なくする為に事前にリアルな部分も把握しておくことがコツですよ。

 

1つではなく、複数の結婚式場の候補を決めておく

結婚式場を選ぶ際は比較ができるようにいくつかの候補を挙げておくようにしてくださいね。

1つの結婚式場に絞って選んでしまうと、本来事前に確認しておきたいポイントが見つけ出せなかったり、見積もり金額も相場なのかどうかも判断しづらくなります。

比較できるものがあれば、必然的に確認するべき事柄も増え、理想の結婚式を叶えるためにより最善な方法を見つけ出せるきっかけにもなります。

欲張って多くの結婚式場を候補にせず、「3会場程」を目安に考えておくことがおすすすめですよ。

 

絶対に譲れないポイントの優先順位を決めておく

絶対に譲れないポイントの優先順位を決めておく

結婚式を行う上で、譲れないポイントの優先順位を決めておくことは失敗しない結婚式場選びをするコツになりますよ。

あれもこれもとこだわりが多すぎると、全てが備わった理想の結婚式場探しをしようとして時間も労力も必要以上にかかってしまいます。

また、全てが理想通りの結婚式場を見つけ出すことが難しい可能性もありますよ。

「譲れないポイント」と「妥協できるポイント」の兼ね合いがコツになります。

譲れないポイントがいくつかある場合は、その中でもより優先度の高い順番を決めておくことがポイントです。

 

結婚式場探しを始める時期とタイミング

結婚式場探しを始めるタイミングは、結婚式を行いたい1年ほど前を目安にすることがコツになりますよ。

半年前には結婚式場を決定しておきたいことを考えると、逆算していくつかの結婚式場をリサーチして絞り、問い合わせ後に見学をして、両家で相談をするための余裕を持った時間が必要だからです。

その為には、ざっくり「来年の春頃に結婚式を挙げたい」など結婚式を行う時期を決めておくことが大前提となりますよ。

また、結婚式をしたい時期の目処が立てばその日程に合わせて貯金をすることもできます。

まずは、結婚式を行いたい時期を決めて逆算する方法で準備を進めてみてくださいね。

 

ブライダルフェアの日程

ブライダルフェアの日程

結婚式場を探すのと同時にブライダルフェアの日程も調べておくと、ブライダルフェアに合わせて会場見学ができるのでおすすめですよ。

ブライダルフェアは年に数回しか行われないイベントになり、体験型のイベントや会場コーディネート、試食会など1度に様々なことを確認できるためメリットが多いからです。

結婚式場を選ぶ上でリアルな部分を実際に確認できるので、ぜひ参加をして欲しいイベントになります。

結婚式場探しから結婚式場決定の期間に「ブライダルフェアを予定している結婚式場を候補の1つに入れることがコツ」になりますよ。

 

メリットたくさんのブライダルフェア情報はこちら↓↓

 

結婚式場見学をする時に確認するべき質問内容とは?!

結婚式場見学をする時に確認するべき質問内容とは?!

結婚式場を見学する際には、事前に気になっていることや不明点などを漏れなく質問できるようにメモにまとめておくことがコツになりますよ。

その場で不安な部分を解決できれば、安心して結婚式場選びもスムーズに進めることができます。

会場見学の時点では何を質問していいか分からず、会場決定後に不明点が出てくることも少なくありません。

そんなことがないように、「質問しておくべき基本的な内容」をまとめてご紹介します。

参考にしてみてくださいね。

 

どこまでの範囲で持ち込みが可能かどうか確認する

具体的にどんなものが持ち込み可能かを確認することは理想の結婚式を叶えることに繋がりますよ。

理想の結婚式を叶えるためには外部から持ち込みすることを考えていたとしても、持ち込み不可や持ち込み料が別途かかる結婚式場も多くあります

具体的にやりたいことが決まっていないと持ち込みそのものが必要かどうか判断できないこともあり得ますが、事前に確認をしておくことで納得した結婚式場選びをすることができますよ。

 

結婚式場までのアクセス方法や送迎バス、駐車場の有無

結婚式場までのアクセス方法や送迎バス、駐車場の有無

その場所に土地勘がない方や遠方からゲストを招待する予定がある場合は、「ゲスト目線」でアクアセス方法を確認するようにしてくださいね。

結婚式場への「アクセス」、「送迎バス」、「駐車場の有無」を確認することは、ゲストに負担なく結婚式場に来てもらうための大切なポイントになります。

公共交通機関を使うことが不便な場合は、車を使う可能性もあるので駐車場の有無や駐車可能な台数なども確認しておくことがコツですよ。

おもてなしの部分を重視したいカップルは、2人の都合よりもゲストの都合を優先するようにしてくださいね。

 

>>遠方からゲストを招待するための大切なポイント

 

希望する日程の空き状況

「人気の時期」や「曜日」、「日柄」は早くから予約が埋まりやすいので空き状況は必ず確認するようにしてくださいね。

空き状況は随時変動するため、先に確認することで予約をするべきタイミングの目処もつきやすくなりますよ。

この際1つの日程に絞らず、曜日、日柄、時間帯の優先順位を決めていくつかの空き状況を確認することがコツになります。

人気がある日程を希望する場合は、早くから埋まりやすいので余裕を持って結婚式場選びをスタートしてくださいね。

 

挙式会場と披露宴会場のキャパシティ

挙式会場と披露宴会場のキャパシティ

挙式会場と披露宴会場のキャパシティは優先的に確認をするようにしてくださいね。

どんなに気に入った会場であっても、招待するゲストの人数に相応しなければその結婚式場を諦めざるを得ません。

どうしても気に入った結婚式場であれば、「結婚式場を重視するべきか」、「招待するゲストの人数を調整するべきか」を決めることが必要になりますよ。

結婚式場を選ぶ前に新郎新婦それぞれ招待するゲストをリストアップして、合計人数をおおよそ出しておくことがコツになりますよ。

 

打ち合わせの回数や時期

計画的に無理なく結婚式の準備を進めるために、打ち合わせの回数や時期を確認することは大切です。

入籍する前後の時期は顔合わせや引っ越しなどが重なることが多いため、プライベートの時間が忙しくなることも考えられます。

また、仕事の内容によって繁忙期や閑散期もあるので、先を見据えて「どれだけの時間を結婚式の準備に充てることができるのか予想をする」ようにしてくださいね。

計画的に結婚式場の準備をする為には、打ち合わせの時期や回数の調整をするために予め担当者に相談することがコツになりますよ。

 

料理内容やお子様料理、アレルギー対応が可能かどうか

料理内容やお子様料理、アレルギー対応が可能かどうか

料理の内容は結婚式場選びをする上で、判断基準の大きな要素になるので気になることは全て確認するようにしましょう。

料理次第でゲストに与える結婚式自体の印象にも繋がり、おもてなしの部分で大切なポイントになりますよ。

食材、盛り付け、ボリューム感、味付け、料理のバリエーションや子供料理、アレルギー対応など細かい部分も確認をすることがコツになります。

不安な方は、試食会に参加して当日に提供される料理を実際に食べてみることがおすすめですよ。

 

更衣室、待合室等の付帯施設の場所と導線

付帯施設はどんなものがあり、場所や導線などは実際に会場見学をしないと分からない部分になるので必ず確認するようにしてくださいね。

2人が直接使用する場所でなくても、付帯施設の充実さで結婚式場のイメージにも大きく関係する部分です。

ゲストの人数に対しての付帯施設の数や広さ、位置などでゲストへのおもてなし度も変わりますよ。

挙式会場や披露宴会場の華やかさに目が行きがちですが、ぜひ「ゲスト目線での会場見学」を心がけてくださいね。

 

見積もり金額や細かい内容

見積もり金額や細かい内容

やりたいことや希望の内容が見積もりにしっかりと含まれているかどうか、細かく確認をするようにしましょう。

初回の見積もり金額は、全体の見積もりを安く見せる為に「最低金額で計算されていることが多い」からです。

特に料理の金額には幅があり、人数×料理単価で計算するので1ランク違う料理内容の見積もりだけでも十数万円もの金額の誤差がでてきてしまいます。

初回の見積もりから最終の見積もりまで、金額に差が出ないように「全ての金額を中間ランクで見積もり」を出してもらうことがコツになりますよ。

 

キャンセル料や支払い方法、支払い期限の確認

予想外の支払い金額や支払い方法がないように、予約をする前にキャンセル料や支払い方法、支払い期限は確認しておくことがコツになります。

コロナ禍の結婚式でやむを得えず、結婚式の延期やキャンセルなども考えられるため、日程が変わる場合はどのような対応をしてもらえるのか事前に確認できれば安心材料になりますよね。

また、結婚式場によって支払いのタイミングが結婚式前や当日、後日など様々あります。

ご祝儀をあてにしていたら、「先払いで手元にあるお金では足りない…」ということがないようにしましょう。

クレジットカードの利用が不可の結婚式場も多いので、クレジットカード払いが可能かどうかも確認しておくこともおすすめですよ。

 

やりたい演出ができるかどうか

やりたい演出ができるかどうか

予めやりたい演出が決まっている場合は、希望が叶う結婚式場選びがコツになりますよ。

結婚式場の「設備自体の問題」や「提携先がない…」など、場合によってはそもそも環境が整っておらず演出ができないことも考えられます。

希望の演出ができない場合は、「代替案」を出してもらうことも1つの方法になります。

100%理想が叶わなくても、それに近い形で希望が叶えられるのであれば候補の結婚式場の1つになる可能性もありますよね。

失敗しない為に結婚式場を選ぶ際は、事前に2人でよく相談をしてイメージを具体的に膨らめることが大切です。

 

【結婚式場の選び方のコツはこれ!失敗しないポイント教えます!! まとめ】

失敗しない結婚式場の選び方のコツは、希望の結婚式スタイルを明確にした上でより具体的な「希望の日程」や「エリア」、「招待人数の確認」などの下準備を念入りにすることが大切ですよ。

下準備をしっかりすることにより、理想の結婚式場をスムーズに探しやすくなります。

そのためには2人のこだわりポイントを事前に相談し、両親の意向も取り入れつつ失敗しない結婚式場選びをしましょう。

結婚式場の見学は1会場で満足せず、「複数を比較する」ことにより更に2人が結婚式に対して重要としている項目が見えてきます。

安心して結婚式場を決定できるように、質問するべき内容をしっかりと確認し楽しみながら結婚式場選びをしてくださいね。

 

たった1分で完了!結婚式無料キャンペーンに応募する
↓↓
おとくこん

 

関連キーワード