【まとめ】結婚式場の場所の選び方は?地元が違うカップルはどうする?

2022.05.20 Column
Share
【まとめ】結婚式場の場所の選び方は?地元が違うカップルはどうする?

結婚式を行う上で、場所選びはとても重要なポイントの1つになりますよね。

ホテル、専門式場などの挙式スタイル選びももちろんですが、遠方からゲストを招待する場合は利便性も重視するべき大切な要素になりますよ。

地元が違うカップルが結婚式をする際、まず話し合いが必須になる項目として「どこの場所で結婚式を行うべきか?」などの、結婚式場の場所選びではないでしょうか。

結婚式は2人の都合だけでなく、家族や親族など両家の都合や意向もよく考えて決定しなければなりません。

特に、遠方からゲストを招待する場合はできる限りご足労をかけないように、またお車代などの金銭面に於いても十分な配慮が必要になりますよ。

両家がそれぞれ納得した形で結婚式を行えるために、場所の選び方や「メリット」「デメリット」を知って結婚式場の場所選びの参考にしてくださいね。

 

>>限定!5組様に結婚式プレゼント

 

地元が離れたカップル!結婚式場の6つの選び方

地元が離れたカップル!結婚式場の6つの選び方

地元が離れているカップルは、どこに住んでいるゲストが多いのかをしっかりとリストアップして、お互いにとって納得したベストな場所での結婚式場選びをしたいものですね。

場所選びを間違えてしまうと、2人はもちろんゲストにも負担をかけてしまうことが考えられます。

新郎側の顔を立てて、新郎の地元の結婚式場を選んだものの新婦側ゲストの方が遠方から来る人数が多い場合、結果2人が負担するお車代や宿泊代などの費用が大きくなってしまいますよ。

地元が離れているカップルはそれぞれに合った場所選びを心がけるようにしましょう。 

 

2人が現在住んでいる場所

職場の方今現在お世話になっている身近な方をメインに招待する予定の結婚式であれば、現在2人が住んでいる近くの結婚式場を選ぶことをおすすめします。

現在住んでいる土地から遠い場所で結婚式をすると結果ゲストの大多数を遠方から招待することにもなりかねないからです。

また、2人が住んでいる近くの結婚式場であれば結婚式の打ち合わせや準備もしやすくなりますよ。

その場合は、後で意見が食い違うことがないように事前に両親や親族ともしっかりと話し合うようにしましょう。

 

新郎新婦どちらかの地元

地元友人親族を多く招待する予定がある場合は、新郎新婦どちらかの地元の結婚式場を選ぶことがおすすめです。

しかし、どちらかの地元を選んだ場合はもう一方の親族は必然的に遠方から招待することになります。

不公平感がないように、両家の話し合いは必要になります。

また、親族に高齢者がいる場合は遠方から移動することを考えると体力的にも負担になりやすいので、バリアフリーが完備されている結婚式場や宿泊施設が備わっているホテルでの結婚式など、その他の面でしっかりとフォローができるようにしてくださいね。

初めから「新郎側の地元で結婚式場選びをする!」などと決めつけず、地元のゲストをより多く招待する側の地元で結婚式場を選ぶようにしましょう。

 

2人の地元の中間地点の場所

2人の地元の中間地点の場所

両家の不公平感をなくしたい場合は、間をとって2人の地元の中間地点で結婚式場選びをすることも1つの考え方になりますよ。

その場合は、新郎新婦がお互いに知らない土地での結婚式場選びになる可能性も高いので、アクセスなどの利便性や結婚式場の特徴を事前にしっかりと調べて余裕を持って結婚式場選びをするようにしてくださいね。

また、ほとんどのゲストが遠方から招待することになるので2人が負担できるお車代も事前に話し合いをしておくことをおすすめします。

どちらの地元で結婚式を行うべきか、話がうまくまとまらないカップルは思い切って「中間地点の場所を結婚式場に選ぶ」ことも視野に入れてみてくださいね。

 

2人の思い出の場所や憧れの場所

結婚式に対して明確なイメージがあり、「ここでやりたい!」と思う場所があるカップルは、地元からの距離は考えず理想の結婚式が叶う場所を選択することもおすすめですよ。

地元からの距離を考えると場所に制限が出てきてしまいますが、「憧れの場所で結婚式をやりたい!」と思う気持ちの優先順位が高い場合、ぜひその気持ちを大切にしてくださいね。

2人だけの思い出の場所や2人らしさを表現できる場所、イメージする結婚式が叶えられる場所であれば、結婚式場だけに囚われず屋外のキャンプ場や敢えて自然いっぱいの田舎で結婚式をすることも素敵ですね。

 

国内外のリゾート婚

国内外のリゾート婚

新婚旅行も兼ねてリゾート地で結婚式をすることは、2人はもちろん出席するゲストにとっても思い出に残り記念にもなりますよね。

国内であれば「沖縄」海外であれば「ハワイ」「グァム」などであれば日本人でも安心感があり、本当に親しい方だけを招待して少人数での結婚式が叶いやすくなりますよ。

ただ、両家ともに移動距離が遠くなるのでその分の旅費が必要になります。

どこまで2人が負担し、ゲストに自己負担してもらうのかを事前に明確にした上で、ゲストにもお伺いを立ててから予約をするようにしましょう。

 

リモート婚

リモート婚はコロナ禍のニーズにあった、密を避けることができる画期的な新しい結婚式のスタイルになり、距離を考えず平等に参加しやすい結婚式になります。

コロナ禍の現在、「できる限りの移動は控えたい」「大人数がいる場所に行くことは控えたい」という声も少なからずあるはずですよね。

コストも抑えることができ、更にゲストの人数制限アクセスの利便性も考えずに行うことができるので、地元が離れていても問題なく結婚式を行うことができますよ。

今までの結婚式のやり方に囚われずに、ゲストへの配慮も考えるのであれば結婚式場の場所の選び方としては取り入れてみても良いでしょう。

 

6つの結婚式場の場所選び!そのメリット&デメリット

6つの結婚式場の場所選び!そのメリット&デメリット

結婚式場の場所選びには、それぞれのメリットやデメリットがあります。

前述のように遠方の2人が結婚式場の場所を選ぶ際には、まず第1に「どこから来るゲストが多いのかを考える」こと。

そして、親や親族の意向を取り入れ不公平にならないようお互いが納得した結婚式を行うことが大切です。

どんなメリットを重視するのか、またはどんなデメリットなら妥協できるのか話し合い、理解をして場所探しをしたいものですね。

地元が違う2人が結婚式場の場所を選ぶ際に参考になる、「それぞれのメリットやデメリットを分かりやすく、詳しくご紹介」します。

 

【その1】 2人が現在住んでいる場所での結婚式

2人が現在住んでいる場所で結婚式をする場合は、2人にとっては準備がしやすい一方、新郎新婦側どちらの地元も遠くなるため、遠方からゲストを招待することは必須になります。

それぞれが招待する予定のゲストをもう1度考えて、本当に地元で結婚式をしなくても良いのか慎重に考えることも大切ですよ。

ここではどんな2人におすすめなのか、そのメリットやデメリットを見てみましょう。

 

メリット

 

  • 現在お世話になっている近くに住んでいる方を招待しやすい
  • 職場の方に負担なく結婚式に参加してもらえる
  • 打ち合わせに行くための移動時間や移動費を抑えられる
  • 結婚式場に気軽に相談しに行きやすい
  • 新郎新婦共に土地感があるため、ゲストを案内しやすい
  • 2人が今現在どんな場所に住んでいるのかゲストに分かってもらえる

 

デメリット

 

  • 新郎新婦共に地元から招待するゲストは遠方になるためご足労をかけてしまう
  • 親、親族、地元の友人などへのお車代や宿泊費などの予算が増えてしまう
  • 土地感がないゲストへのアクセスのフォローが必要になる

 

【その2】新郎新婦どちらかの地元

【その2】新郎新婦どちらかの地元

新郎新婦どちらかの地元で結婚式場を選ぶ場合は、どちらか一方側だけが地元のゲストを招待しやすくなるので不公平感を与えやすくなってしまいます。

不公平感をなくすためにも、両家でしっかりと話し合いをした上で場所選びをすることはとても大切です。

どちらかの地元で結婚式をする場合は、招待する地元ゲストが多い側を優先して場所を決めることがおすすめですよ。

 

メリット

 

  • 地元ゲストの移動が少ないので安心して招待できる
  • 地元の習慣が分かっているので打ち合わせしやすい
  • 地元の友人を招待しやすく盛り上がりやすい
  • 相手側に自分の地元を紹介できる
  • 家族や親族に高齢者がいる場合は移動の負担を軽減できる

 

デメリット

 

  • 地元でない相手側の移動が大変になってしまう
  • 地元でない相手側に不公平感を与えてしまう
  • 打ち合わせの度に帰省することになり交通費がかさんでしまう
  • 相手側のゲストのお車代や宿泊費の負担が必要になる

 

【その3】2人の地元の中間地点の場所

2人の地元の中間地点の場所で結婚式場を選ぶ場合は、不公平感がない一方で縁もゆかりもない場所で結婚式を行うことになるため、ゲストの方全員に負担がかかることになりますよ。

また、土地感がない方も多いので結婚式場までのアクセスルートを事前に具体的に伝えておく必要もあるでしょう。

メリットもデメリットも受け入れ、選択肢の1つとして参考にしてみてくださいね。

 

メリット

 

  • どちらの親族にも顔が立つ
  • どちらの親族も移動距離が平等になる
  • 多少距離があっても交通の便が良ければ集まりやすい
  • ゲストの負担において公平性がある

 

デメリット

 

  • ほとんどのゲストに対してお車代がかかる
  • 初めての場所でゲストが道に迷ってしまう可能性もある
  • 打ち合わせや衣装合わせの為に数回の遠征が必要になる
  • 縁もゆかりもない場所になり、全員がアクセスしやすい場合もある

 

【その4】2人の思い出の場所や憧れの場所

【その4】2人の思い出の場所や憧れの場所

地元の場所に関係なく、やりたい結婚式が明確の場合は2人の思い出の場所や憧れの場所を選ぶ場合は、特別不公平感も出ずに結婚式を行うことができますよね。

ゲストに対してのメリットに比べ、2人の都合や2人に対してのメリットが多い印象を与えやすいので、両家のゲストに納得してもらえるようしっかりとその場所で結婚式をする「2人の思いを伝えることが大切」ですよ。

 

メリット

 

  • 2人らしさを表現できる
  • 理由が明確なので、移動距離なども地元の親族にとって公平性がある
  • 2人の記念の場所として結婚式後も訪れやすい
  • 結婚式へのこだわりをゲストへ伝えることができる
  • 特別感あるロケーションや演出をゲストにも経験してもらえる

 

デメリット

 

  • 結婚式場でない場合、付帯施設が整っていないこともある
  • 場所によって、ゲスト全員の移動距離が遠くなってしまうこともある
  • アクセスが悪い場所の可能性もある
  • ゲストへのお車代や宿泊費が必要になる場合もある

 

>>【8大特典】結婚式無料キャンペーン

 

【その5】国内外のリゾート婚

国内外のリゾート婚は両家の地元に関係なく、非日常の特別な場所で結婚式をすることができるのでゲストにも楽しんでいただける一方、交通費や宿泊代が多く必要になりますよ。

金銭面やスケジュール調整などを理由に「本来招待したかったはずのゲストに出席してもらえなかった…」などの後悔がないようにしたいですよね。

メリットもたくさんある一方、デメリットもよく考えてリゾート婚を選択するかどうか判断するようにしてくださいね。

 

メリット

 

  • 親族や少人数で結婚式をしやすい
  • 本当に来たいゲストだけを招待することができる
  • 新婚旅行を兼ねることもできる
  • ゲストが全国各地にいる場合は逆に招待しやすい
  • ゲストにもリゾートの旅行気分を味わってもらえる
  • 非日常の素敵なロケーションで思い出の写真を残すことができる

 

デメリット

 

  • 当日まで実物を見ることができない
  • 長距離移動が必要になり、お車代や移動費がかさむ
  • 長距離移動になるので、高齢の方は出席しにくい
  • 宿泊必須になるため、ゲストには数日の日程調整をしてもらう必要がる
  • 披露宴を別の日程や場所で設定する場合は調整が多くなる
  • ロケーションがゆえに天候に左右されやすい

 

【その6】リモート婚

リモート婚は、コロナ禍の感染予防として密を避けながら結婚式を行えるメリットがある一方で、実際に直接ゲストと対面することができないので物足りなさを感じてしまうこともあるでしょう。

2人の地元が離れた場所であれば、結婚式場の場所選びに悩む必要もなく公平感もあります。

しかし、親世代や親族など昔ながらの考えの方には受け入れてもらえない可能性もあるので、必ず親や親族には相談をした上で結婚式をするかどうか判断するようにしてくださいね。

 

メリット

 

  • コロナ禍で密を避けることができるため、感染リスクがない
  • 場所を問わずに結婚式に参加することができる
  • 低価格で結婚式を行うことができる
  • ゲストへの移動面や精神面での負担をかけずに済む
  • 両家に対して公平性がある

 

デメリット

 

  • 結婚式の雰囲気を感じにくく当日のイメージをしにくい
  • 直接ゲストに会うことができない
  • ネットをオンラインにして接続できる環境が必須になる
  • 高齢の方にはオンラインでの操作の仕方が分かりづらくハードルが高い
  • ご祝儀を渡すタイミングや相場などゲストにとって判断しづらい

 

>>【結婚式場の選び方】予算

 

こんなカップルにおすすめ!4つの結婚式場スタイル選び

こんなカップルにおすすめ!4つの結婚式場スタイル選び

結婚式場の場所選びが決定したら、結婚式場のスタイルを選びも慎重に後悔しないように選びましょう。

結婚式場のスタイルは大きく4つの種類があり、場所選び同様に何を優先して結婚式場を選べば良いかカップルによってそれぞれのパターンが異なりますよ。

料理場所演出付帯施設会場の雰囲気など場所選びをする際に並行して、どんな結婚式場があるのかをリサーチしながら選ぶことも必要です。

「場所は決まったけれど、その土地には理想が叶う結婚式場がなかった…」
ということがないように、場合によっては場所選びより結婚式場選びを優先するべき時もありますよ。

 

詳しく解説!結婚式場の選び方

 

ホテル編

遠方からのゲストを多く招待する場合や利便性を重視したい場合はホテルを選ぶことはおすすめです。

ホテル宿泊施設も完備されているので、移動がなくそのまま泊まっていただくこともできますよ。

ゲストに負担をかけずにしっかりとおもてなしをしたい新郎新婦には魅力的な結婚式場です。

 

ホテル挙式のおすすめポイント

ホテルでの結婚式は高級感があり施設や設備も充実しているため、ゲストを丁寧におもてなししたいカップルにぴったりです。

質の高いスタッフが揃い、サービスも行き届くので年配者や仕事関係を多く招待する方にはおすすめの場所ですよ。

また、地元が離れているカップルは少なからず遠方からゲストを招待することは避けられないので、必然的に宿泊が必要になります。

結婚式でホテルを利用すれば、宿泊も割引サービスしてくれる場所も多いので、結果金額的にも節約できるかもしれませんよ。

 

ゲストハウス編

ゲストハウス編

ゲストハウスは貸し切りでの結婚式ができることが魅力の反面、駅から遠くアクセスしにくい場所にあることが多いです。

しかし、演出や会場装飾は充実している結婚式場が多いので2人がイメージするスタイルにハマる場所があれば、結婚式場の候補として選ぶこともおすすめですよ。

 

ゲストハウスのおすすめポイント

ゲストハウスでの結婚式は名前の通り2人の家にゲストを招くような結婚式ができるので、ゲストとの距離を近く感じることができます。

友人をたくさん招待したい人やアットホームな雰囲気で結婚式をしたいカップルにはおすすめですよ。

また、演出や装飾にこだわりたいカップルはより理想に近づけた結婚式が叶いやすいですよ。

アクセスなどの利便性よりも明確にやりたい雰囲気を叶えることの優先順位が高い場合には、ゲストハウスを選んでみてはいかがでしょうか。

 

専門式場編

専門式場は結婚式に特化した専門の場所になるため、必要とされる付帯施設や動線などがしっかりと確保されていることが魅力ですね。

また、結婚式のプロスタッフがいるので心配なことや不安なことがあっても相談しやすく安心してお任せすることができますよ。

 

専門式場のおすすめポイント

正統派の結婚式をしたいカップルやトレンドを程よく押さえた結婚式を叶う場所が専門式場です。

結婚式のために作られた場所なので必要なものが過不足なく揃いやすいですよ。

さまざまな挙式スタイルに対応できる設備やいくつもの披露宴会場があるので、2人の希望に合わせた結婚式を選びやすいことも魅力ですね。

また、忙しくて結婚式の準備に十分時間がとれるか不安に思うカップルでも専門式場なら結婚式に対してフォローもしっかりしているので、安心してお任せできるのは嬉しいポイントですね。

 

レストラン編

レストラン編

レストランでの結婚式は美味しい料理でゲストをおもてなしし、料理にこだわりたいカップルにぴったりの場所です。

元々結婚式場ではないので、結婚式をするための設備や施設、スタッフが充分に備わっていないことも多いので事前に見学をする際に気になるポイントは確認をして押さえておくようにしてくださいね。

 

レストランのおすすめポイント

美味しい料理でアットホームな結婚式をしたいならレストランでの結婚式がおすすめです。

料理と会話を楽しむアットホームな結婚式が叶うので、演出や装飾を重視することよりも料理を重視したい2人向けと言えるでしょう。

また、レストランの場合は結婚式場のように大人数を収容できる場所が多くない為、親しい人たちを中心に少人数〜中人数での結婚式向けにおすすめですよ。

結婚式場のように、提携しているドレスショップ、カメラマン、お花屋さんなどがないことも多く、全て持ち込みになる可能性もあるので自由度が高い反面、事前に綿密な打ち合わせも必要になるので注意してくださいね。

 

ポイントを押さえた結婚式場の選び方の秘訣

 

【まとめ】結婚式場の場所の選び方は?地元が違うカップルはどうする? まとめ

地元が違うカップルの結婚式場の場所の選び方は、

「2人の住んでいる場所」
「どちらかの地元」
「お互いの地元の中間地点」
「思い出の場所」
「リゾート婚」
「リモート婚」

と大きく6つあります。

どんなゲストを結婚式に招待するのかを先に考え、ゲストへの負担を極力少なく行いたいですね。

また両家が納得した公平性ある場所選びをするために、事前に親や親族に相談をして意向を確認することも大切です。

結婚式場の場所選びは慎重に行いつつ、その場所に理想が叶う結婚式場があるのかどうかリサーチすることも忘れないようにしてくださいね。

 

約70万円相当の結婚式が無料!キャンペーンへ応募する
↓↓
おとくこん

 

関連キーワード