【完全解説】沖縄フォトウェディングの注意点と安心対処法!おすすめの髪型と共にご紹介

2021.12.25 Photowedding
Share
【完全解説】沖縄フォトウェディングの注意点と安心対処法!おすすめの髪型と共にご紹介

沖縄でのフォトウェディングは、スタジオでの撮影や一般的な近郊の屋外ロケーションの撮影とは異なり、予想外の事態も視野に入れて事前準備を行わなければなりません。
特にフォトウェディングをする花嫁さんの髪型は色々な場合を想定して、注意する点や万が一の対処法なども事前に情報収集していると安心して当日を迎えることができます。
遠い沖縄のリゾート地で困らない為にもぜひ取り入れたいヘアメイクアイテムやおすすめしたい花嫁さんの髪型もご紹介します。

 

知らないことだらけ!沖縄フォトウェディング予約前に知っておきたい6つの情報

知らないことだらけ!沖縄フォトウェディング予約前に知っておきたい6つの情報

沖縄でのフォトウェディングは場所柄もあり、多くの新郎新婦さんが店舗に直接足を運んで予約するよりもネットで簡単に予約することが増えています。
簡単にフォトウェディングの予約ができる反面、花嫁さんの髪型についても事前リハーサルがないことがほとんど。
担当ヘアメイクさんと髪型などに認識の違いがないよう、予約前に知っておきたい確認するべき内容をお伝えします。

沖縄フォトウェディングのプラン内容を確認する

沖縄フォトウェディングのプランは、予約する会社によってプラン内容が異なります。
カメラマン、ヘアメイク、衣装全てがセットになっている場合もあれば、オプションで追加料金が発生する場合もあります。
どこまでがセット料金に含まれているのか事前にしっかりと確認をするようにしましょう。

フォトウェディング前に髪型の打ち合わせはできるの?

フォトウェディングでは事前に髪型のリハーサルがないことがほとんどです。
特に沖縄でのフォトウェディングは全国各地からのお申し込みも多いため、リハーサルの為に事前に沖縄まで足を運ぶことができません。
万が一心配な場合は、旅行スケジュールに余裕を持って沖縄に到着し、フォトウェディングをする2日前〜前日に別料金で髪型のリハーサルをされることをおすすめします。

髪型に似合うヘアアクセサリーはレンタルできるの?

ヘアアクセサリーのレンタルができるかどうかも予約会社によって異なります
フォトウェディングのプランに含まれている場合は、事前にどんな種類があるのかを画像で見せてもらうようにしましょう。
イメージする髪型に似合うものがない場合は、自分で用意をして持ち込みをする必要もあります。
その場合は、念の為持ち込みが可能かどうかも確認しておくと良いでしょう。

フォトウェディング自分で用意するものは何?

沖縄でのフォトウェディングではビーチで行うことがほとんどです。
砂浜が歩きやすいように、新郎さんも新婦さんもサンダルは持参されることをおすすめします。
また、普段使用している髪の毛のスタイリング剤や化粧品なども使い慣れているものがあれば自分で用意することをおすすめします。
日焼け防止の為に、日焼け止めは持っていくと良いでしょう。

ドレスのデザインは?サイズ?種類はどのくらいあるの?

フォトウェディングのプランにドレスが含まれている場合は、どんなドレスがあるのかを事前に画像で見せてもらいサイズ感も確認するようにしましょう。
ドレスの形やデザイン次第で、似合う髪型も変わってくるものです。
理想の髪型があるのであれば、その髪型に似合うドレスかどうかをしっかりと確認してから予約するのも1つの方法です。

リゾート地、沖縄でのフォトウェディングは通常と違う!?

沖縄はリゾート地と呼ばれるだけあり、晴天でのビーチフォトウェディングが人気あります。
しかし南国沖縄では、夏は特に湿気も多く気温も高くなり暑い日が続きます。
そんな暑さでも乗り切れるような対策は必要不可欠です。
花嫁さんの髪型もアップスタイルで首元を涼しくさせたり、風が吹いても崩れにくい髪型にされることをおすすめします。

 

沖縄フォトウェディングだからこそ気をつけたい!髪型の注意点とその対策方法

沖縄フォトウェディングだからこそ気をつけたい!髪型の注意点とその対策方法

沖縄でのフォトウェディングは、遠浅のエメラルドグリーンの綺麗な海や白砂のビーチなど魅力がたくさんあります。
出来上がった表面的な素敵な写真だけでは分からない、裏側の注意点や気をつけるべきポイントもあります。
知っておくと安心な髪型の注意点や万が一の対策法などをご紹介します。

沖縄の暑い日差しが照りつけるビーチでのフォトウェディング

フォトウェディングでは数時間もの間、撮影のために屋外に出っぱなしになります。
特に沖縄ビーチでのフォトウェディングは、暑い日差しが照りつけ、更に砂浜の照り返しもあり体感温度は気温以上になることも多々あります。
汗のせいでふんわりさせた髪型が戻ってしまったり、汗で前髪が濡れている印象を与えてしまうこともあります。
髪型をキープさせたい場合は不自然にならないようにガッチリとスタイリング剤で固めるか、または汗をかいても目立たないウェット感がある髪型にすると良いでしょう。

暑い沖縄でのフォトウェディングはやはりアップの髪型がおすすめです。
そんなアップヘア花嫁さんへの情報が盛り沢山です。

風には要注意!フォトウェディングのおすすめの髪型対策とは

フォトウェディングでの風は1番の天敵になります。
撮影中どんなに手直ししても、写真を撮る瞬間に風が吹けばいっきに髪型が乱れてしまう可能性もあります。
乱れやすい部分は、ヘアピンを使い目立たないようにしっかりと固定することが必要です。
また、カチューシャや花冠などの頭頂部全体に固定できるようなヘアアクセサリーを使うと髪型が崩れることを防止する効果もありおすすめです。

撮影ロケーション、撮影時間で髪型を変えるべき!?その理由とは

屋内の沖縄の海が一望できるようなチャペルでのフォトウェディング、また実際に沖縄の遠浅な海に足元だけ浸かっての撮影。
そして朝日が登る時間帯、夕暮れ時のサンセットタイムなどそのロケーションや撮影時間に合わせた髪型選びも重要です。
屋内であれば天候を気にせず髪型を決めても問題ありませんが、屋外であれば天候次第でおすすめできない髪型もあります。
また、時間帯によって風向きも違うため撮影したいポーズが向かい風なのか追い風なのかによっても対策を考えるべきでしょう。

沖縄のお天気に合わせた希望の髪型は2つ以上を検討する

沖縄は暖かい気候が長い期間続く反面、台風が多く発生もしやすく伴って風が強くなる日もあります。
青空に青い海、白い砂浜…と、誰もがイメージするビーチフォトウェディングのコンディションであれば良いですが、必ずしもそうとは限りません。
万が一、悪天候だった場合の髪型も事前に決めておくと安心でしょう。
また髪型が違えば似合うヘアアクセサリーも異なります。
欲を言えば、ヘアアクセサリーも2パターン考えておくと間違いないでしょう。

ビーチフォトウェディング!ヘアカラーは実は暗めがおすすめ?!

天気が良い日のビーチフォトウェディングでは、日差しを受けて髪の色も明るく変化します。
屋内で調度良い明るさのカラーであっても屋外ではそれ以上に髪の色は明るく見えます。
出来上がった写真を見たらイメージしていた髪色よりも明るくて派手すぎてしまった…ということがないように、ヘアカラーをする場合はイメージより少し暗めのカラーにすることをおすすめします。
特にダウンスタイルの髪型は髪が占める面積が広く、髪色次第で全体のバランスや印象が大きく変わります。
沖縄の屋外でフォトウェディングをされる場合は髪色も意識するようにしましょう。

沖縄のビーチ以外でもその場所にあったロケーションでの注意点やバランス良い髪型があります。
フォトウェディングの撮影ロケーションに悩み中の花嫁さんの参考にご覧ください。

 

【ヘアメイク必需品】ビーチでフォトウェディング用意して良かったアイテム紹介

【ヘアメイク必需品】ビーチでフォトウェディング用意して良かったアイテム紹介

初めてのフォトウェディングでは、撮影してみて初めて気づくことも多くあります。
ヘアメイクさんが撮影中もアテンドしてくれることが多いですが、プラン内容によってヘアメイクさんのアテンドが含まれていなかったり、少しでも節約のためにアテンドを希望しない新郎新婦さんもいるかもしれません。
これがあればもっと良かったな…こうすべきだったな…と後悔しないために、沖縄でのフォトウェディングで用意して良かったヘアメイクでの必需品をご紹介します。

髪型崩れ防止のためのヘアスプレー

ヘアメイクさんのアテンドがある場合は、ヘアスプレーは必ず持っているので心配ありません。
しかし、アテンドがない場合は撮影中でも自分で髪型を手直しする必要があります。
携帯用のヘアスプレーは、新婦さんだけでなく新郎さんにも使用できるため持参しておくと安心でしょう。
沖縄でのビーチフォトウェディングは強風が吹くことも予想されるため必須アイテムの1つです。

髪型に似合う種類の違うヘアアクセサリー

フォトウェディングでは、1つの衣装であればヘアチェンジをすることはほとんどなく同じ髪型で終始撮影することが一般的です。
しかし、ヘアアクセサリーは同じ髪型でも違うものを付けるだけで雰囲気をガラッと変えてくれるアイテムです。
また、撮影中にヘアアクセサリーを付け替える場合であっても要する時間は数分程度などで撮影時間に支障をきたすこともありません。
雰囲気を変えてフォトウェディングをしたい新婦さんは、種類の違うヘアアクセサリーを付け替えて撮影することをおすすめします。

暑い沖縄では必須の日焼け止め

沖縄でのフォトウェディングは、日焼け止めが必須アイテムと言って良いでしょう。
もちろんメイクをする際は日焼け止めを塗ってくれると思いますが、肌質との相性があるため肌が弱い方などは普段自分が使用しているものを持参するようにしましょう。
また、顔だけでなく露出度が高い背中デコルテ部分なども日焼け止めを塗り忘れないようにしましょう。
髪型ばかりに囚われがちですが、日頃日焼けに気をつけていても日差しが強い沖縄では撮影中でも日焼けをして赤くなってしまう花嫁さんも多いので要注意が必要です。

沖縄の南国感たっぷりの雰囲気なトロピカルなヘアアクセサリー

せっかく沖縄でフォトウェディングをするのであれば、南国感やリゾート感を出したいですよね。
南国ならではのお花、プルメリアやハイビスカス、カラフルなお花などは写真映えもして、より一層リゾート感がアップするヘアアクセサリーです。
また、貝殻などのマリンアイテムもビーチリゾート感が出るのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

万が一の為に、あると便利なヘアピン

ヘアピンはフォトウェディングをする上で、必要不可欠な優秀アイテムです。
風が吹いて乱れた髪型をキープしたい場合に使用できます。数多く持っているとさらに安心でしょう。
また、ヘアピンは出来上がった写真ではほとんど目立つことがないので気にせず使用でき、しっかりと固定もできるので安心して使うことができます。
横流しの前髪を自然に固定するのにも重宝します。

 

沖縄ビーチフォトウェディングにおすすめの髪型をご紹介

沖縄ビーチフォトウェディングにおすすめの髪型をご紹介

沖縄でのビーチフォトウェディングは、実は向き、不向きの髪型あります。
せっかく記念になるフォトウェディングですから、自分の魅力を最大限に引き出しつつもロケーションに合った髪型を見つけたいものですね。
沖縄でフォトウェディングを予定されている花嫁さん必見!おすすめしたい髪型をご紹介します。

シニヨン

髪の毛をアップにまとめたシニヨンスタイルは、沖縄でフォトウェディングをされる花嫁さんにも人気がある髪型です。
風が強いビーチ撮影でもまとめ髪は崩れにくく、ヘアピンなどで固定もしやすいので崩れる心配が少ない髪型でしょう。

ポニーテール

後頭部に髪の毛を1つに束ねたポニーテールスタイルは、コテで巻いて髪の毛にボリューム感を出すと華やかさがアップする髪型です。
アップスタイルにも関わらず風になびく髪がその度に違う顔を見せてくれるので色々なアングルでフォトウェディングをしてみると良いでしょう。

お団子ヘア

明るくて開放感がある沖縄でのビーチフォトウェディングでは、お団子ヘアの持つ明るくてカジュアルなイメージが更に楽しい雰囲気を演出できます。
後れ毛を出したナチュラルなお団子ヘアにする場合は、風の影響を受けやすいのでナチュラル感は残しつつもしっかりとスタイリング剤などでキープするようにしましょう。

ダウンスタイル

ウェーブ感あるダウンスタイルであれば少し風が吹いて乱れても、乱れている感が出にくく逆に自然体のフォトウェディングが叶います。
しかし、1番風の影響を受けやすい髪型なので風向きを考えて撮影をすることをおすすめします。

ハーフアップ

ハーフアップは、可愛らしい雰囲気を出しやすい髪型です。
ウェーブ感ある髪の毛に編み込みを組み合わせたハーフアップは、可愛らしさとナチュラルさをアップさせてくれます。
沖縄の大自然の中で行うフォトウェディングでは、このナチュラル感がより引き立つ髪型でしょう。

ギブソンタック

比較的簡単にアレンジができるにも関わらず、お洒落な雰囲気を出せるギブソンタック。1つに束ねた髪の毛をくるりんぱすることにより、シニヨンスタイルよりも更に固定されて崩れにくい髪型になります。
屋外フォトウェディングには、適した髪型と言えるでしょう。

編み下ろし

編み込みや三つ編みをした髪の毛をサイドのどちらか一方に流す髪型の編み下ろしスタイルは、ダウンスタイルのような印象をも与えることもできます。
ロングヘアを活かし、ヘアアクセサリーの付け方を変えるとフォトウェディングのバリエーションも楽しめる髪型です。

その他にもフォトウェディングで人気の色々な髪型をご紹介しています。髪型でお悩みの花嫁さん必見です。

 

沖縄フォトウェディングを華やかに♡相性抜群の髪型&ヘアアクセサリー

沖縄フォトウェディングを華やかに♡相性抜群の髪型&ヘアアクセサリー

イメージする理想のフォトウェディングを叶えるためには、髪型はもちろんヘアアクセサリー選びも重要なポイントになります。
沖縄でのフォトウェディングだからこそ、思い切ってリゾート感溢れるヘアアクセサリーにしてみても一生の思い出に残りますね。
沖縄でのおすすめ花嫁さんの髪型と相性抜群のおすすめヘアアクセサリーをご紹介します。

ヘアアクセサリーが引き立つショートヘア花嫁さんにおすすめしたいフォトウェディングの髪型情報もご紹介しています。こちらも参考にしてみてくださいね。

シニヨン×ヘッドパーツ

シニヨンヘアは比較的落ち着いた印象の花嫁さんになりやすくなります。
フォトウェディングではカラフルなカラーのヘッドパーツを飾ると写真映えして髪型全体の華やかさがアップするでしょう。

ポニーテール×マリンモチーフ

沖縄のビーチに合わせて貝殻などのマリンモチーフをポイントに飾ることによって、後ろ姿が魅力的な髪型のポニーテール花嫁さんは、より魅力的なフォトウェディングのシーンを撮影することができます。

お団子ヘア×カチューシャ

高い位置でのお団子ヘアを見た場合、視線が自然と顔よりも高い位置にいくものです。
カチューシャをつけることで髪型全体のバランスが取れ、更にヘアアクセサリーが引き立ちます。カチューシャの素材やデザインに合わせてフォトウェディングを楽しめるでしょう。

ダウンスタイル×マリアベール

沖縄のビーチでは敢えて風を利用してダウンスタイルの髪型とベールを風になびかせてフォトウェディングをすると雰囲気が違う素敵な写真を撮ることができます。
マリアベールにすることで、顔が隠れてしまう心配もないのでおすすめです。

ハーフアップ×花冠

ハーフアップの髪型に花冠はフォトウェディングでは人気が高い組み合わせの1つです。
特にビーチでのフォトウェディングでは、花冠が写真映えして花嫁姿を引き立ててくれます。
風が強い沖縄のビーチでも花冠をつけることで髪型を固定してくれる役目にもなります。

ギブソンタック×バレッタ

くるりんぱした根元にバレッタを飾ると上品さが演出できます。
シルバーやゴールド系のバレッタを組み合わせると夕暮れ時の沖縄のロケーションとマッチした大人な女性の雰囲気でフォトウェディングをすることができます。

編み下ろし×トロピカルなお花

南国ならでは沖縄のトロピカルなお花を飾るのも素敵ですね。
編み下ろしスタイルは、小花を編み込んだ部分に散らして飾ったり、大きめのお花を編み込みの付け根に飾ったり色々な飾り方が楽しめます。
ロングヘアの花嫁さんに挑戦してほしいフォトウェディングの髪型です。

髪型の選択肢が多いロングヘア花嫁さんには、おすすめしたい髪型がいっぱいです。
沖縄に囚われず、ロケーションに合わせたフォトウェディングの髪型を知りたいロングヘア花嫁さんへおすすめ情報をお届けします。

 

沖縄ビーチフォトウェディングで前髪をつくるべき?つくらないべき?

沖縄ビーチフォトウェディングで前髪をつくるべき?つくらないべき?

風や暑さが心配される沖縄でのビーチフォトウェディング。
髪型はその対策をしていても、前髪はどうすればいいの?そんな疑問を思う花嫁さんもいるのではないでしょうか。
前髪は作りたいけど乱れることが心配ですよね。前髪はつくるべきなのかつくらないべきなのか、ぜひ参考にしてみてくださいね。

おすすめの前髪はこれ!沖縄でのフォトウェディングにぴったりの前髪をご紹介

色々なフォトウェディングのロケーションがある中でも、沖縄ビーチでのフォトウェディングではやはり風や暑さを対策できるような前髪にすることをおすすめします。
具体的なおすすめの前髪をご紹介します。

かき上げスタイル

かき上げた前髪はどんな髪型にも自然に似合いやすく、ナチュラルな雰囲気を出せるのに乱れることが気にならない万能な前髪です。
オールバックに抵抗がある花嫁さんでも挑戦しやすいでしょう。

オールバック

きっちりと前髪を上げるオールバックは抵抗がある花嫁さんもいるかもしれません。
しかし、オールバックができれば沖縄のどんなロケーションでも問題なくフォトウェディングができるでしょう。

編み込みスタイル

前髪が長めの花嫁さんは、そのまま前髪を編み込んでみてはいかがでしょうか。
お洒落度もアップし、更に風が吹いても乱れにくい前髪になるので実はおすすめです。
ゆるく前髪を編み込めばキメすぎずナチュラル感を出すこともできます。

センターパーツ

前髪はないのにセンターパーツにすれば、抵抗なく前髪をなくすこともできます。
ウェット感を出したセンターパーツは今流行りのモード系な花嫁さんにもなります。
沖縄の開放感ある雰囲気とのギャップを狙いたい花嫁さんにおすすめです。

理想と現実のギャップに要注意!おすすめできない前髪とは

屋内でのフォトウェディングをした先輩花嫁さんの写真を参考にすると、髪型も崩れることなく綺麗に整っていることがほとんどでしょう。
しかし、沖縄では日常とのロケーションが全く違うことを心得ておきましょう。
必ずしも理想通りの髪型になるとは限らないのです。

丸みがあるカールの前髪

コテで丸みをつけたカールの前髪は、キープしていると綺麗に可愛く見える髪型ですが、少しでも風が吹けばキープすることが難しくなります。
フォトウェディング中は、シャッターをきる瞬間の直前に手直しをしながら撮影しましょう。

シースルースタイル

シースルの前髪は軽さがあるため、前髪がある中でも比較的重く見えない髪型です。しかし、軽い分風が吹くと乱れやすくなります。
ウェット感あるシースルーの前髪にすれば今の流行り花嫁さんにもなり、重さで乱れにくくなるでしょう。

ぱっつん前髪

沖縄の開放感あるロケーションでのフォトウェディングではぱっつん前髪は、全体のバランスがあまり良くありません。
どうしてもぱっつん前髪にこだわりがある花嫁さん以外は、他のスタイルも視野に入れて検討するようにしましょう。

ボブヘア花嫁さんに参考にしてほしい、似合う前髪スタイルを更に詳しくご紹介。
あなたに1番似合う前髪と髪型を見つけてみてくださいね。

 

フォトウェディング中、乱れた髪型を整えたい!その簡単対処法

フォトウェディング中、乱れた髪型を整えたい!その簡単対処法

フォトウェディング中、万が一髪型が乱れてしまったらせっかくのフォトウェディングでもテンションが下がってしまいますよね。
そんな時は少しの工夫でその場で髪型を対処する方法もあります。
知っておけば安心の簡単対処法をお伝えします。

前髪ありバージョンからなしバージョンへ

前髪をつくったものの、撮影中に乱れが気になってしまう…なんてことはよくあり得ることです。
そんな時は思いきって途中から前髪を無くしてしまうのも1つの方法です。
前髪がありバージョンとなしバージョンの両方が楽しめるので沖縄での撮影バリエーションも広がります。

横に流した前髪へチェンジする

横流しにした前髪からぱっつん前髪にするには、すでに髪の毛に癖がついているので、フォトウェディングの途中からチェンジすることはなかなか難しい一方、ぱっつん前髪のように下ろした前髪であれば比較的癖がついていないのでフォトウェディングの途中から自然な横流しの前髪にすることも可能です。

見えないようにヘアピンで仮止めする

崩れそうで心配な髪型であれば、上手にヘアピンを活用するようにしましょう。
ヘアピンを使用しても、沖縄のような素敵なロケーションであれば出来上がりの写真でほとんど目立つことがありません。
少しでも気になる部分があるようであれば、ヘアピンでしっかり固定するようにしましょう。

ヘアスプレーでガッチリ固める

ヘアスプレーは髪型をしっかりとキープするのに万能なスタイリング剤です。
時間も技術も必要なく手軽に誰でも使用できるので、万が一フォトウェディングにヘアメイクさんのアテンドがない場合でもご自身で使用することもできるでしょう。

風が収まったタイミングで撮影開始

終日、風が吹いている場合を除いては一時的に風が強い時間帯やタイミングもあります。
フォトウェディングの撮影時間に余裕があれば、無理して強風中に撮影をすることは辞めて一旦風が収まるタイミングを見極めましょう。
その都度髪型を手直しするよりも、案外時間がかからない場合もあるものです。

まとめ
沖縄でのフォトウェデイングは日頃と違うロケーションも相まって、予期せぬ事態も考えられます。
万が一の為に、色々な場合を考えて髪型の事前準備や撮影中の対処法などの知識をしっかり情報収集しておくと安心してフォトウェディングを行うことができるでしょう。
まるで海外で撮影したかのようなリゾート感たっぷりの沖縄でのフォトウェディング。
髪型選びにもこだわってぜひ自分に似合う納得したフォトウェディングにしてくださいね。

沖縄でのフォトウェディングをご検討の方は、ベルクラシックへお任せください。
打ち合わせから準備、当日までトータルで丁寧にサポートいたします。
https://www.bellclassic-resort.jp/photolist/

結婚式プレゼントキャンペーンはこちら
↓↓
おとくこん

関連キーワード