フォトウェディングのメイクは本当に自分でするべき?

2021.07.28 Photowedding
Share
フォトウェディングのメイクは本当に自分でするべき?

楽しみにしているフォトウェディング。
日にちが近づくにつれ、楽しみな気持ちの反面、心配事や不安が増えることも当然のこと。
その中でも特に花嫁さんのメイクは絶対に失敗できないし、満足できるフォトウェディングが叶うかどうかを大きく左右してくる重要なポイントです。

  • ・普段から意識している自分なりのポイントメイクがある!
  • ・メイクさんに自分の理想を上手く伝えられるか心配…
  • ・もしフォトウェディングメイクに失敗したらどうしよう。でも自分でメイクする自信もない…

フォトウェディングのメイクについてお悩みの方、必見!!
自分でメイクをするべき?
プロのメイクさんにお願いするべき?
迷っているそんなあなたのお悩み解消方をご紹介します。

 

<フォトウェディングは自分メイクとプロメイクどっちがいいの?>

フォトウェディングは自分メイクとプロメイクどっちがいいの?

フォトウェディングでのメイクは自分でやるべき?
それともプロのメイクさんにお願いするべき?
自分でフォトウェディングのメイクをするメリット、プロのメイクさんにお願いをするメリット、それぞれのメリットやデメリットがあります。

しかし総体的に見た場合、ズバリ!プロのメイクさんにお願いをする方がメリットも多く、自分に自信を持ってフォトウェディングを行うことが出来ると思います。
プロのメイクさんは今までに何百人以上の新婦さんのメイクを経験していることがほとんどです。
自分自身がコンプレックスに思う部分、意識しているポイントメイクなどを持つ新婦さんも数多く経験しているメイクさんもいるはずです。
色々な事例を経験しているメイクさんだからこそ、気をつけるべきフォトウェディングのメイクを熟知し、教えてくれるはずです。

現在の世の中では情報も多く、自分でネットで調べれば出てくる情報も多いでしょう。
ただ、実際に経験しているからこそアドバイス、提案できるメイクの情報は自分だけで探そうとすると限界があります。
また、万が一自分でメイクをして納得がいかないフォトウェディングになってしまっては、より大きな後悔だけが残ってしまいます。
料金以上に自分ではできないメイクをしてもらえるからこそ、後悔しない理想のフォトウェディングが出来るはずです。
日常とは違う、フォトウェディングという特別な1日のメイクは、気をつけるポイントやシーンに合った自分ではなかなか気づかないメイクの仕方があります。

フォトウェディングのメイクについてもっと詳しく知りたい方はこちらも参考にしてみてください。↓↓
後悔しないフォトウェディング・メイク術

 

<フォトウェディングの自分メイクのメリット>

<フォトウェディングの自分メイクのメリット>

自分でフォトウェディングのメイクをしようか迷っている人もいるはずです。
自分メイクのメリットを知れば、もしかすると自分でメイクをしてみよう!と思う人もいるかも知れません。

では、フォトウェディングのメイクを自分でする場合のメリットは何でしょう?

  • ・メイク代がかからないのでフォトウェディング全体の料金が抑えられる
  • ・自分を1番知っているので、気をつけるべきメイクのポイントを意識したメイクが出来る
  • ・フォトウェディングに向けて何度でも自分の都合でメイクのリハーサルが出来る
  • ・普段自分が愛用しているメイク用品を使うため、肌荒れなどの心配を気にせずメイクが出来る
  • ・プロのメイクさんに上手く伝えられるかな…という、精神的な面での心配が少なく納得するまで自分でメイクすることが出来る

などが挙げられます。

メイクさんはプロと言っても、一生に一度の失敗が許されないフォトウェディングでは初めて会うメイクさんには誰でも不安や心配はどうしてもつきものです。
メイクの相談やリハーサルはプロにお任せして、それでも不安を感じるようであればフォトウェディングのメイクを自分でするかどうかを判断するのも1つの方法でもあります。
フォトウェディングのメイクをすることに対して、優先順位が高いものがこのメリットの中に入っている方はもちろん自分でメイクをすることを選択しても良いでしょう。

 

<フォトウェディングの自分メイクのデメリット>

続いて上記メリットに対して、プロのメイクさんにはお願いせず自分でフォトウェディングのメイクをすることのデメリットを考えてみましょう。

  • ・フォトウェディング中のアテンドやお直しは自分で行わなければならない
  • ・フォトウェディング中のアテンドやお直しだけプロにお願いする場合、追加料金がかかり安く済ませようと思っていたのに結果変わらない料金、または追加料金がかかってしまうこともある
  • ・撮影場所や撮影時間などに合わせたメイクを自分で調整して行うことが難しい
  • ・日常のメイクをしてしまうと、フォトウェディングでは薄くなりがちになってしまう
  • ・自分でメイクをしても、撮影+ヘアメイクがセットプランになっていることが多く、料金が安くなるとは限らない
  • ・場合によっては自分でメイクをしても、メイクの持ち込み料金が別にかかる可能性もある

もちろん、全てのデメリットが当てはまるとは限りません。
ただ、最悪の場合フォトウェディングのコストを抑えるために自分でメイクをしたにも関わらず、結果料金が高くなってしまった…ということにも、なりかねません。
また、実際に出来上がった写真を見たらメイクが薄すぎて納得するフォトウェディングにならなかった…ということがないように、まずはプロのメイクさんに相談することも1つの方法でしょう。

 

<意外と知らないフォトウェディングでの自分メイクの落とし穴>

<意外と知らないフォトウェディングでの自分メイクの落とし穴>

自分でフォトウェディングのメイクをしよう!と決めた方へ知っておいて欲しい情報です。

通常フォトウェディング当日は、

  • ①メイク
  • ②ヘアセット
  • ③衣装替え

この順番でお支度をしてから撮影をするのが一般的です。
フォトウェディングのメイクは、撮影当日花嫁さんの1番最初の準備となります。
自分でメイクをする場合、まずはどこでメイクをするのでしょう?
ドレスショップ、美容室、撮影場所など、お支度をする場所は依頼をするフォトウェディング会社やその日の状況によって様々で異なることが多いです。
もし、自宅で自分でメイクをしてから別の場所に移動をしてヘアや衣装のお支度をする場合、メイクは実際にフォトウェディング開始の何時間も前にすることになるかもしれません。
何時間も経っていれば、メイク崩れも気になり出す頃です。

フォトウェディングをする季節が真夏であればどうでしょうか。
考えてみるだけでも、汗が出てメイクが崩れてしまう…なんてことも!
自分でメイクをするのであれば、出来る限りヘアセットをするタイミング、同時進行で自分メイクもさせてもらうようにお願いすることをお勧めします。
また、メイク時間は自分で調整できる場合は良いですが、フォトウェディングの場合限られた時間の中でしなければならない場面もあり得ます。
予め、メイクをする場所を確認すると共にメイクに使える時間も確認するようにし、その時間内で自分が納得できるフォトウェディングのメイクができるかどうかも知っておく必要があるでしょう。

 

<こんな人はプロに任せるべき!?フォトウェディングメイク>

<こんな人はプロに任せるべき!?フォトウェディングメイク>

自分でメイクをしてフォトウェディングをしたものの、出来上がりの写真を見てやっぱりプロにお願いすれば良かった…と後悔している人もいるかもしれません。

そんな後悔をしない為にも、どんな人がプロのメイクさんにお任せするべきかをご紹介します。

  • ・普段メイクをあまりしない人
  • ・自分メイクに自信がない、又は自分メイクに違和感を感じる
  • ・メイクに対してこだわりポイントがない人
  • ・自分に似合うメイクが分からない
  • ・予算重視で自分メイクをしようとしている人
  • ・メイク道具をあまり持っていない人
  • ・メイクをする時間が長くかかってしまう人

こんな人は、いざ自分でフォトウェディングメイクをしようと思っても結果納得したメイクができなかった…ということに、なりかねません。
予算ばかりを重視し、普段メイクに慣れてない人が自分でメイクをしようと思ってもなかなか理想のメイクができることは難しいでしょう。
フォトウェディングのメイクは、いつものメイクとは違うということをしっかりと認識して、プロのメイクさんに任せることをおすすめします。

 

<自分メイクに向いている人はこんな人!>

<自分メイクに向いている人はこんな人!>

逆に自分でメイクをする場合は、予算に関わらず何かしらの理由がある方も多いようです。
身近な人がフォトウェディングのメイクで失敗してしまった…など、マイナスな情報があったりすると尚更不安になり、自分でメイクをした方が良いかも。と、思ってしまうこともあると思います。

自分でフォトウェディングのメイクをして良かったと思えるような、自分メイクに向いている人をご紹介します。

  • ・メイクが好きな人
  • ・普段からメイクに慣れている人
  • ・自分の肌、メイクポイントを熟知している人
  • ・メイク道具をたくさん持っている人
  • ・メイク時間を自分で調整できる人
  • ・状況やスタイルに合わせて柔軟にメイクを変えることができる人

などが挙げられます。
やはり、普段からメイクが好きでメイクに慣れている人は自分の見せ方もよく分かっている人が多いと思います。
そんな人はフォトウェディングのメイクでも臨機応変に対応できる人が多いと言えるでしょう。

 

<メイクを自分でする場合のコツ>

<メイクを自分でする場合のコツ>

普段自分でメイクはほとんどしない方、ナチュラルメイクの方はどうしてもフォトウェディング用の濃いメイクに見慣れず、日頃の見慣れた自分メイクになりがちです。
特に屋外でのフォトウェディングは、太陽の光によってメイクが光飛びしがちになります。
ベースメイクで、気になる肌部分はいつも以上に濃い目に隠し、強調させたいこだわりポイントがあれば自分では「少し濃いかも!?」と思うくらいのメイクを心がけると光の強さに負けないメイクに繋がると思います。

また、自分でのメイクをする場所にも気をつけましょう。
室内で自分メイクをすると、どうしても屋外との明るさは異なります。
部屋の照明の種類によっても、実際の肌色より白っぽく見えたり黄味がかって見えたりすることもあります。
室内でも出来る限り、屋外のフォトウェディングを想定して自然光が入る窓側でメイクをしてみましょう。
フォトウェディングでは、写真の仕上がりが1番重要になります。
メイク後は実際に自分で自分の写真を撮ってみて、写真写りではどのように見えるのかを再確認することも1つの方法です。
自分でメイクをする場合は、フォトウェディングをすることを想定して自分らしいメイクをしてみてくださいね。

フォトウェディングのメイクでお悩みの方は、ベルクラシックへご相談ください。
https://www.bellclassic.co.jp/hall/

おとくこん

 

 

関連キーワード