【プレ花嫁向け】フォトウェディングはセルフネイルに挑戦?!役立つ基本知識

2022.03.01 Photowedding
Share
【プレ花嫁向け】フォトウェディングはセルフネイルに挑戦?!役立つ基本知識

フォトウェディングのネイルを「セルフネイルでチャレンジしてみよう!」と考えているプレ花嫁さんはいませんか?

時間がない方できる限りコストを抑えたい方自分のタイミングでネイルをオフしたい、色々な理由でセルフネイルを検討されている花嫁さんも少なからずいるはずです。

フォトウェディングでセルフネイルをすることはメリットもありますが、もちろんデメリットもあるため失敗しないためにも事前にセルフネイルについての情報を知っておきたいですよね。

今回は、「セルフネイルを検討している花嫁さんに役立つ!基本知識や注意点」をお伝えしながら、どんな人に向いているのかを探っていきます。

これからフォトウェディングを予定している方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

フォトウェディングについて詳しく知りたい方はこちら
https://www.bellclassic.co.jp/hall/

 

>>70万円相当が無料!結婚式プレゼントはこちら

 

これからフォトウェディングをする花嫁必見!セルフネイルのメリット&デメリット

これからフォトウェディングをする花嫁必見!セルフネイルのメリット&デメリット

どんな理由でネイルの種類を選ぶべきかは人それぞれ重視する点によって違いますよね。

セルフネイルの最大の魅力はネイル代のコストを抑えられることです。

ネイル代を抑えられることで、その分の予算を他に使えることも可能になりますよ。

しかし、デメリットがあることも忘れずに頭に置いておきましょう。

 

【メリット】挑戦する価値あり!フォトウェディグのセルフネイル

フォトウェディングのセルフネイルには「大きく4つのメリット」があります。

コストを抑えられる以外にも時間的な部分も大切なポイントになりそうです。

ネイルを重視するポイントが当てはまっていればセルフネイルも視野に入れて検討してみてもいいですね。

 

ネイル代を抑えて他の予算へ充てることができる

セルフネイルの相場は、「100円〜3,000円」とリーズナブルな価格帯で叶えることができます。

自分で施術を行うため、ネイルに必要な材料費だけでネイルをすることができるからです。

セルフネイル以外のネイルは「平均3,000円〜10,000円程」が相場となるため圧倒的にコスパが良いと言えますね。

コストを抑えられた分、フォトウェディングのオプションを追加したり値段が高くて諦めていた衣装もレンタルできる可能性があります。

「ネイル以外で予算をかけたい部分がある方は、セルフネイルの料金は魅力的でおすすめです。」

 

自分のタイミングでいつでもセルフネイル

セルフネイルはフォトウェディングの日程に合わせて、いつでも自分のタイミングでネイルをすることができます。

一方サロンでのネイルは予約も必要になり、施術する時間帯も限られるため自分のスケジュールを調整する必要がありますよね。

しかし、セルフネイルの場合は忙しくて日程調整が難しい方でも、自宅にいる隙間時間を使ってセルフでネイルをすることができます。

時間がない方にまさにぴったりのネイル方法と言えるでしょう。

 

ネイル別ベストタイミングとは?!詳しくご紹介

 

納得するまでネイルの練習ができる

セルフネイルは、必要な道具を1度揃えてしまえば追加で料金もかからず、自分のタイミングで空いている時間を使って何度でも練習することができます。

セルフネイルに慣れていないとイメージする納得したネイルデザインができるか心配になりますよね。

今では「Youtubeなどの動画サイトでもセルフネイルのやり方」を詳しく紹介しているので、前もって練習することも簡単にできますよ。

ぶっつけ本番でネイルをせず、フォトウェディングの日程に合わせてセルフネイルを何度か練習してみるとより理想に近いネイルに近づけますよ。

 

フォトウェディング後すぐにネイルオフができる

マニキュアでのセルフネイルの場合は、除光液を使って自分で簡単にすぐオフできるのが嬉しいですよね。

仕事柄すぐにネイルをオフしなければならない花嫁さんも多くいらっしゃいます。

サロンで行うジェルネイルやスカルプネイルなどはオフ用の専用液も必要になり初心者さんでは簡単に綺麗にオフすることは難しいですよね。

「オフするためにサロンに行く手間も時間も省くことができるのはセルネイルならではの魅力」になります。

 

【デメリット】こんなはずじゃなかった…とならないためのセルフネイル

【デメリット】こんなはずじゃなかった…とならないためのセルフネイル

フォトウェディングでのセルフネイルの「デメリットは大きく4つ」あります。

セルフでネイルを行う場合は知識や技術も必要になりますよ。

凝ったデザインネイルを理想としている方にはセルフネイルでは限界があり難しい可能性もあります。

デメリットが当てはまってしまう方は、セルフネイルを考え直すきっかけにしてみてくださいね。

 

利き手側のネイルは意外と難しい?!

普段使い慣れていない利き手側と反対の手でネイルをすることは、思い通りに綺麗なネイルができないことも考えられます。

セルフネイルは必然的に片手でもう一方のネイルをする必要があり、利き手側のネイルをする場合は利き手でない側でネイルをしなければなりません。

結果、仕上がってみたら左右のネイルデザインの質に差がうまれしまうことも大いにあり得ます。

「必ずしも思い通りなネイルができるとは限らないことも考えておく必要がありますね。」

 

最低限のネイル道具を揃える必要がある

フォトウェディングのセルフネイルを行う場合、忘れがちですが最低限のネイル道具を一式揃えることを忘れないようにしましょう。

1番簡単なマニキュアであっても綺麗なネイルに仕上げるために、「ベースコート」「マニキュア」「トップコート」など最低限揃えておきたい種類があります。

また、ジェルネイルであれば「UVライトの機械も必要」になりますよね。

その他にはネイルブラシ爪やすりジェルリムーバーなど細かいものを全て自分で用意をしなければなりません。

セルフネイル初心者さんでネイル道具を持っていない場合は、このような初期費用がかかることもあります。

 

凝ったデザインは自分では難しい…

手先が器用な方でもプロのネイリストのように自分で凝ったデザインのアートをすることはセルフネイルでは非常に難しいでしょう。

ネイルならではの特殊な技術方法もあり、更には利き手側でない手でネイルもしなければならないからです。

特に細かい細工を施したアートや綺麗な直線や曲線、模様はプロレベルでないと理想通りにならない可能性が高いですよ。

セルフネイルをする場合はシンプルで無理ないデザインを予定している花嫁さん限定で考えておくようにしましょう。

 

甘皮処理も全てセルフで行う

フォトウェディングのセルフネイルだからこそ、普段よりも綺麗に見せるように仕上げたいですよね。

「そのためには、忘れがちな甘皮処理もセルフで行うことが必要になりますよ。」

通常、ネイルサロンであればこの甘皮処理も全てセットで行ってくれますが、セルフネイルではネイル前の下準備する時間や材料を用意し、知識も知っておくことが大切です。

自信がない方や不安な方は、ネイルサロンにお願いしてみることも必要になるかもしれません。

 

セルフネイルは3種類!それぞれの基本知識と注意点

セルフネイルは3種類!それぞれの基本知識と注意点

セルフネイルで可能なネイルは「マニキュア」「ジェルネイル」「ネイルチップ」の3種類があり、これらのネイルは施術の仕方が全く異なります。

失敗しないためにそれぞれに合わせた施術方法や注意点をしっかりと把握しておく必要があります。

施術方法を間違えてしまうとネイルの仕上がりの質に大きな影響が出てきてしまいますよ。

「正しい基本知識を身につけ、事前に注意するべきポイントを抑えておきましょう。」

 

長持ち重視派!!ジェルネイル

ジェルネイルはセルフで出来るネイル方法の中で「1番長持ちするネイル」です。

フォトウェディング用のネイルであれば、特にネイルを行うベストなタイミングも限られるため、できる限り綺麗な状態で長持ちさせたいですよね。

実際にジェルネイルは平均3週間持つと言われています。

時間が経つにつれて爪の根本が伸びてきてしまいますが、傷ついたり、色移りしたり剥がれてしまう心配も1番少なくフォトウェディングに向いているネイルです。

 

ジェルネイルの基本知識

ジェルネイルは、「UVライトで固めるネイル方法」になります。

1度固まってしまえば、剥がれる心配もないため安心してフォトウェディングを行うことができますよ。

また、ストーンやパールなども固めて固定ができるのでセルフネイルでも比較的デザインしやすいネイルです。

色の発色も良く、カラーバリエーションも多いのでイメージする理想のカラーは見つけやすいですよ。

しかし、専用のUVライトを使用する必要があるためその分のコストもプラスかかることを忘れないでくださいね。

 

ジェルネイルの注意点

ジェルネイルは、1度UVライトで固めてしまうと細かいやり直しをすることができません。

やり直しをしたい場合は、完全にネイルをオフにする必要がありますよ。

また、オフをする際も専用のリムーバーを使い削りながら落としていく方法になります。

「時間も技術も必要になる為、初心者さんの場合はハードルが高い作業になります。」

ジェルネイルを検討している場合は、オフの方法もしっかりと確認しオフに必要な道具を事前に用意してくださいね。

 

コスト重視派!!マニキュア

コスト重視派!!マニキュア

マニキュアは、他のネイルに比べて圧倒的にコストを抑えてセルフネイルを行うことができます。

ネイルはしたいけど、できる限り予算を抑えてフォトウェディングをしたい花嫁さんにおすすめです。

また、ネイルオフする場合も100円ショップドラックストアなどで購入ができる除光液で簡単に落とすこともできますよ。

フォトウェディングに合わせてネイルし、オフした方には気軽にできるセルフネイルとなります。

 

マニキュアの基本知識

マニキュアは、「爪に塗って自然乾燥で施術ができるネイル方法」です。

特別な機械も必要ないため、1番気軽に挑戦しやすいネイルですよ。

また、マニキュア自体「100円〜2,000円程度」で購入ができるため値段を気にせずネイルしやすいので魅力的ですよね。

セルフでジェルネイルはハードルが高いと躊躇している花嫁さんには1番施術しやすいネイルでしょう。

 

マニキュアの注意点

マニキュアは自分でオフが簡単にできる一方、傷つきやすい、剥がれやすい、色移りしやすいという懸念点があります。

ネイル自体の持ちも短く平均3日〜5日程になります。

フォトウェディングの日程から逆算してネイルをするのが早すぎてしまうと綺麗な状態を維持できず、逆にギリギリにネイルをするとしっかりと乾燥していないとよれてしまったり、色移りしてしまうこともあり得るので注意してくださいね。

 

自由度重視派!!ネイルチップ

自由度重視派!!ネイルチップ

自爪に直接ネイルをしないネイルチップは、ネイルの長さ、形、デザインの選択肢が多く「セルフネイルの中では1番自由度が高いネイル」になります。

デザイン性が高いネイルも沢山あるため、ネイル技術がない方でもフォトウェディングの雰囲気に合ったネイルを間違いなくすることができますよ。

自分のタイミングでネイルを装着し、オフすることができるのもネイルチップの大きなメリットですね。

 

ネイルチップの基本知識

ネイルチップは「元々デザインされたチップを接着剤や接着テープで自爪に貼る方法」になります。

その為、自分の理想のデザイン、形、長さのネイルが見つかれば失敗する心配もなく安心して装着することができますよ。

「1度ネイルチップを購入すれば、その先も使い回すことができ記念に残しておくこともできます。」

また、ネイルチップの相場「100円〜5,000円程」と料金の幅も広く予算に合わせながら選択できるのも魅力的ですね。

 

ネイルチップの注意点

セルフネイルの中でネイルチップは自由度が高い反面、上手に接着されていないと剥がれやすいのが1番のデメリットです。

特に自爪の形に合っていないとフォトウェディング中のちょっとした動作で「いつ間にかネイルチップが取れてしまっていた…」ということもよく耳にしますよね。

より剥がれにくいネイルチップにするためには、市販のものより少しお値段は高くなりますがオーダーで自分のサイズに合ったネイルチップを購入することをおすすめします。

 

ネイルチップについてもっと知りたい方はこちら

 

初心者さんでも挑戦しやすい!おすすめネイルデザイン

初心者さんでも挑戦しやすい!おすすめネイルデザイン

ジェルネイルやマニキュアは初心者さんでは難しいデザインが多い一方、実はフォトウェディングに似合う比較的簡単にできるネイルデザインもありますよ。

セルフネイルに慣れていないと、色やデザインもどんな風に決めて良いのか分からないですよね。

凝ったアートや装飾をしなくても色のチョイスやネイルの仕方を少し工夫するだけで華やかに素敵なネイルに仕上がりますよ。

セルフネイル初心者さんで、「どんなネイルにしようか迷っている方には参考になるおすすめデザイン」をご紹介します。

 

フォトウェディングネイルのご相談はこちら
https://www.bellclassic.co.jp/hall/

 

ワンカラーネイル

セルフネイルの中で初心者さんでも1番挑戦しやすいのは、ワンカラーネイルです。

ワンカラーなら特別な技術も必要なく施術することができますよ。

ワンカラーの中でもフォトウェディングには、「ベージュ」や「ホワイト」、「淡いピンク」など主張をし過ぎず肌馴染み良いカラーがどんな衣装にもマッチしやすくおすすめです。

セルフネイル初心者さんで、技術的に自信がない花嫁さんはワンカラーネイルに挑戦してみるのも良いですね。

 

フォトウェディングネイルの人気カラーをご紹介

 

フレンチネイル

フレンチネイル

フレンチネイルは、「爪先の部分だけ色を変えて2トーンで仕上げるネイルデザイン」です。

専門的な知識が必要なデザインになりますが、やり方さえしっかり把握すればセルフネイルでも挑戦する価値がありますよ。

配色を変えたい爪先部分に自分好みの幅やカーブで絆創膏やマスキングテープを貼り、その他の部分にネイルを塗ります。

配色の境目が歪んだり、曲がってしまうことなく綺麗に塗ることができるので、セルフネイルに慣れている方はぜひ挑戦してみてくださいね。

 

ネイルシール

ネイルシールなら、貼るだけで華やかに凝ったデザイン風に見える便利なアイテムです。

「ワンカラーに塗ったネイルの上にデザインシールを貼るだけ」なので初心者さんでも特別な技術は必要ありませんよ。

また、シールのデザイン、色、大きさなど種類も豊富にありリーズナブルな料金で手に入れることができます。

デザイン性を重視したいけど、セルフネイルの技術に自信がない方にはおすすめのネイル方法です。

 

ラメネイル

ラメネイル

フォトウェディングでのラメネイルは、角度や光の加減でキラキラ違う輝きを放つので手元までお洒落に見えやすいネイルです。

ワンカラーラメネイル、フレンチネイルのカラーの境目に塗るラメライン、グラデーションのラメネイル、どのパターンでも簡単にこなれ感を出すことができ、華やかに仕上げることができますよ。

ワンカラーでは物足りない花嫁さんにセルフネイルのプラスワンポイントとして使ってみるのもいいですね。」

 

ワンポイントストーン

ワンポイントストーン

ワンポイントストーンは、シールと同じく「ワンカラーネイルを塗った後にアクセントとしてストーンやパールを飾るネイルスタイル」です。

部分的にポイントでストーンを飾るだけでもグッと華やかなネイルを叶えることができますよ。

ストーンは全ての爪に飾るのではなく、左右それぞれ1箇所または2箇所づつがおすすめです。

指輪をしている左手薬指はフォトウェディングでも撮影することが多いので、ポイントに飾っても素敵な写真が残せますよ。

 

おすすめネイルカラー&デザインのご紹介

 

こんな人はセルフネイルの向き?不向き?どんな人?

こんな人はセルフネイルの向き?不向き?どんな人?

セルフネイルは初心者さんで慣れていない人に限らず、時間やデザインなど色々な角度から見て向いている人と向いていない人がいます。

万が一セルフネイルに向いていない人が施術してしまうと、理想通りのネイルにならなかったり想像以上に時間や労力に負担がかかってしまう可能性もありますよ。

「まずは、自分がセルフネイルに向いているのかどうかをフォトウェディングの前に確認し、参考にしてみてくださいね。」

 

セルフネイル向きはこんな人!

セルフネイル向きはこんな人!

セルフネイルに向いている人は「5つの要素」が考えられます。

もちろん器用な人には向いていますが、その他の要素も向き不向きが関わってきます。

本番前にフォトウェディングで予定しているネイルのイメージを実際に練習してみることも大切になり、いかに楽しみながらその時間を費やすことができるかもポイントになりますよ。

 

練習する時間に余裕がある

日頃ネイルすることに慣れていてセルフネイルに自信がある方はぶっつけ本番でも良いですが、自信がない方は時間がある時に「事前に練習をする」ことをおすすめします。

その場合、練習をする時間が更に必要になるため時間に余裕がある方は、セルフネイルの練習に時間を費やすこともできますよ。

 

何かを作ったりするのが好きな人

上手、下手に関わらず何かを作ったりするのが好きな方はセルフネイルもストレスなく施術することができるでしょう。

集中していれば無心に時間を忘れて没頭することもでき、それが息抜きになりリフレッシュにも繋がりますよ。

フォトウェディングに向けて「モチベーションアップにもなる」のでぜひ挑戦してみてくださいね。

 

手先が器用な人

「絵を描くのが得意」「物を作るのが得意」など、手先が器用な人はまさにセルフネイルに向いている人です。

ネイルも慣れればコツを掴みセルフネイルでできるデザインのバリエーションも広げることができますよ。

セルフネイル初心者さんでも手先の器用さに自信がある方は挑戦してみるのもいいですね。

 

セルフネイルを楽しめる人

セルフネイルが楽しめれば、負担なく何度も練習することができます。

練習を重ねれば質の高いネイルも叶いやすくなり一石二鳥で楽しめますよ。

色々なネイルを試してみて、自分が得意なネイルを見つけてみるのも面白いですね。

「ものづくりが好きな人」は、セルフネイルをするのに向いている人でしょう。

 

シンプルなネイルがしたい人

元々フォトウェディングでシンプルなネイルを予定している方には、特別な技術も必要ないのでセルフネイルがしやすいですよ。

シンプルなネイルは衣装やロケーションを選ばず、全体とマッチしやすいので意外とおすすめです。

派手に目立つデザインネイルにするよりも「さりげなくネイルを楽しみたい方」にはいいですね。

 

セルフネイルに不向きな人はこんな人!

セルフネイルに不向きな人はこんな人!

逆にセルフネイルに不向きな人の「特徴は5つ」あります。

自分自身では向き不向きの自覚がない方でも、もし当てはまってしまったらセルフネイルすることは検討しなおすべきかもしれません。

フォトウェディングに向けて計画的にネイルするためにも、早い段階でセルフネイルをするかどうかを検討する判断材料になりますので参考にしてみてくださいね。

 

忙しくて時間がない人

セルフネイルは自分の都合に合わせて自由なタイミングでできますが、フォトウェディング本番前に練習する時間も考えるとある程度の時間は必要になりますよね。

「日頃忙しく時間に追われているような方」の場合、どうしてもセルフネイルの練習時間は優先順位が低くなりがちです。

自由な時間が少ない方は、充分な時間を確保できない可能性もあるのであまりおすすめできません。

 

細かい作業が苦手な人

ネイルは甘皮処理などの下準備も含め、細かい作業が多くあります。

「細かい作業が苦手」「目が疲れやすい」「目が悪い方」などはセルフネイルがあまり向いていません。

苦手意識があると、途中で飽きてしまったりネイルすること自体億劫になってしまう可能性もあります。

まずは挑戦してみることも大切ですが、早い段階でセルフネイルをするかどうかを判断するようにしてくださいね。

 

ネイル道具を全く持っていない人

セルフネイル用の道具を全く持っていない方は1から全てを揃えようとすると初期費用も案外高くかかってしまいます。

フォトウェディングネイルをきっかけに今後もセルフネイルをする予定がある方は、ネイル道具を一式揃えることは全く問題ないですよ。

特にジェルネイルを検討されている方は、1回きりのために道具を買い揃えてしまうとネイルサロンに行くよりもコストがかかってしまうので見直す必要があるでしょう。

 

凝ったデザインを希望している人

ネイルサロンでプロに施術してもらうような凝ったデザインはセルフネイルで行う場合、限度があります。

「理想と現実の仕上がりにギャップがうまれてしまう可能性が高い」ため、凝ったデザインを希望している方にはセルフネイルはあまりおすすめできません。

どうしても挑戦してみたい方は理想のデザインにより近い、参考になるネイルの仕方などを事前に研究してからチャレンジしてみてくださいね。

 

セルフネイルをしたことない人

過去にセルフネイルをしたことない方は、フォトウェディング用ネイルはハードルが高いかもしれません。

一生に一度の記念に残るネイルになるので、失敗はできる限り避けたいですよね。

もしセルフネイルにチャレンジしてみたい場合は、充分に練習する時間がとれる方が良いでしょう。

「フォトウェディングだからこそセルフネイルすることに価値がある!」と思えるような方は、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

フォトウェディングネイルは必要?不要?知りたい方はこちら

 

【プレ花嫁向け】フォトウェディングはセルフネイルに挑戦?!役立つ基本知識まとめ

【プレ花嫁向け】フォトウェディングはセルフネイルに挑戦?!役立つ基本知識まとめ

フォトウェディングでのセルフネイルについて、「失敗する前に知っておいて欲しい基本知識や注意点」をご紹介しました。

セルフネイルにはメリットデメリットが同じようにあります。

人それぞれお財布事情や自由に使える時間、してみたいネイルデザインなど状況が異なる為、何を重視したいのか自分なりの優先順位をしっかり持つことが大切なポイントになりますよ。

シンプルなネイルであれば、初心者さんでも充分フォトウェディング用にセルフネイルを行うことはできるので諦める必要はありません。

「セルフネイルが自分に向いているのか向いていないのかを事前に自己分析し、挑戦するかどうかの判断基準にしてくださいね。」

 

フォトウェディングネイルにお悩みの方はこちら
https://www.bellclassic.co.jp/hall/

 

結婚式プレゼントキャンペーンはこちら
↓↓
おとくこん

関連キーワード