【フォトウェディング費用】誰が負担するの?気になる内容を紹介!

2021.11.30 Photowedding
Share
【フォトウェディング費用】誰が負担するの?気になる内容を紹介!

「フォトウェディングの費用についてお考えではないでしょうか。」
 

お2人で協力して負担するつもりが、両親からフォトウェディング代を貰う事もありますよね。

事前にフォトウェディング費用について、話し合いをしておくと解決できますよ。
 

今回は、「フォトウェディングの費用の負担について気になる内容」をご紹介します。
 

知っておくと、フォトウェディング費用の負担について悩む事が少なくなるのではないでしょうか。

 

フォトウェディング費用については、こちらの記事を参考にして下さいね。


 

>>70万円相当が無料!結婚式プレゼントはこちら
 

 

フォトウェディング費用の負担について!割合はどのぐらい?

フォトウェディング費用の負担について!割合はどのぐらい?

フォトウェディングの費用は、「基本的にお2人で負担する形」ではないでしょうか。

結婚式の新しい形であるフォトウェディングは、親世代も戸惑いがちですよね。

フォトウェディングの費用の負担するパターンは3つあります。

詳しく紹介していきますね。

 

① 2人で負担

2人で費用を「折半する」パターン。

フォトウェディングや結婚に向けて貯金しておられる方が多いのではないでしょうか。

その費用を、フォトウェディングにどのぐらい負担するか相談し合うのが良いですよね。

衣装もドレスや和装など何着か着たいとお考えではないでしょうか。

一生に一度の結婚写真ですので、こだわりがありますよね。

 

② 新郎側が負担

新郎側が祝い金として用意してくれる場合もあります。

結婚するなら男側が用意しないとと思う親世代が多いです。

フォトウェディングですと、衣装もダブルで撮影できるので嬉しい事が増えるのではないでしょうか。

 

③ 新婦側が負担

新婦側が祝い金を負担する事も多いです。

できれば、娘の花嫁姿を1度は見たいのではないでしょうか。

親から結婚式を挙げないけれども写真だけは撮って欲しいと言われる事もあります。

ただし、彼と相談しておく事をおすすめします。

 

フォトウェディングの費用や平均については、こちらの記事を参考にして下さいね。

 

フォトウェディング費用の相場について知りたい!

フォトウェディング費用の相場について知りたい!

フォトウェディングの平均相場は、「約数万~20万前後」

撮影スタイルによって費用が変わります。

「スタジオ撮影」と「ロケーション撮影」の2種類からお好きな撮影を選べます。

 

スタジオ撮影

スタジオ撮影の平均相場は、「約数万~10万円前後」になります。

衣装を何着着るかによって費用が高額になりますよ。
 

例えば、1番格安になる「ドレス1着の撮影」や豪華な「ドレス1着+和装1着」の撮影はどちらも魅力的ですよね。
 

撮影テイストも各スタジオによって違います。

「レトロモダン」、「花一面のフラワーテイスト」、「ナチュラル」などありますよ。

各スタジオのホームページでチェックしてみて下さいね。

 

ロケーション撮影

ロケーション撮影の相場費用は、「約10万円~20万前後」です。

野外での撮影スタイルは、スタジオ撮影より費用が高いです。
 

和装は、日本庭園で和傘を差したスタイルが映えます。

ドレスは、海などリゾート地での撮影や公園などガーデンでの撮影が魅力的です。
 

ロケーション撮影は和装も洋装も着られる、「ダブル衣装プラン」がダントツ人気です。

 

フォトウェディング費用の相場について詳しい内容は、こちらの記事を参考にして下さい。

 

フォトウェディング費用の内訳を紹介!負担になるオプションとは?

フォトウェディング費用の内訳を紹介!負担になるオプションとは?

フォトウェディングの内訳は、撮影に欠かせない物がパックになっています。

負担になってくるのは、追加オプションを付けていく形です。
 

例えば、見積もりを出すと最初の基本プランより数万円高い事やネットのホームページで書いていた内容と違ったなんて事もあります。
 

フォトウェディングの内訳や負担になる可能性の物を知っておくと、オトクになりますよ。

「内訳の内容」を見てみましょう。
 

基本プランに付いているものは、

  • 衣装
  • アクセサリー
  • ヘアメイク
  • 撮影小物
  • 着付け
  • 写真
  • 撮影料金
  • データ
  • アルバム代

「上記のプラン内容で足らない物を、追加オプションを付けていく形になります。」
 

追加オプションを付け足すと、費用もアップしていくのでお気を付け下さいね。
 

「オプションが発生する可能性の物」といいますと、

 

土日祝料金

平日と違い料金が発生します。

土日祝は、人気が高くスタジオも忙しいです。

お2人のお休みが合えば、費用が追加しない平日がおススメですよ。

 

衣装のグレードアップ

各スタジオによりますが、衣装のグレードアップ料金が掛かります。

ブランド物などは、ランクアップ対象になるのでお気を付け下さいね。

衣装の費用は、事前に確認してからプラン選びをすることをおススメします。

そうすると、安心して衣装の試着が出来ますよ!

 

アルバム料金

プランにアルバムが付いてない場合や追加で購入したい場合は追加で料金が掛かります。

一冊のアルバム料金「約5万円~」になりますのでお気を付け下さいね。

データは購入しておくと、後から自分でコストを抑えたアルバムが作れますよ。

 

カメラマン指名

各スタジオによりますが、在籍しているカメラマンを指名する事で追加費用が掛かります。

指名すると、「約2万円前後」の費用が発生しますので、慎重にお考え下さいね。

「フォトウェディングのクオリティーを重視したい方」には、外せないオプションにはなりますよね。

 

フォトウェディング 費用 内訳についてこちらの記事を参考にして下さいね。

 

フォトウェディング費用が負担になる可能性?解決策!

フォトウェディング費用が負担になる可能性?解決策!

フォトウェディング費用の負担になる可能性は、祝い金など家族間でのやりとりではないでしょうか。
 

基本的には、お2人が計画してフォトウェディングを進めますが、両家から嬉しいプレゼントをもらう事もありますよね。

結婚となると、人生の大イベントですので両家の親がお金を出してくれる可能性もあります。
 

しかし「どこまで甘えていいのか?」悩みどころではないでしょうか。
 

おすすめの解決方法をみてみましょう。

 

① 彼とフォトウェディングの費用について話し合いをしておく。

フォトウェディングを計画する上で、費用は全額2人で出すのか先に決めて置くことをおすすめします。

お2人で協力フォトウェディングをする上では話し合いが欠かせませんよね。

 

② ご両親の思いを尊重する

子供が結婚するなら、盛大いにお祝いしたいとお考えではないでしょうか。

ご両親の思いを受け取ってフォトウェディング費用にするのも喜ばれますよ。

負担してもらう事は嬉しいですが、どうしてよいのか戸惑いますよね。
 

「迷ったら、彼に任せてみるのもおススメですよ!」

 

【フォトウェディング費用】誰が負担するの?気になる内容を紹介! まとめ

フォトウェディングの費用の負担について紹介した内容をまとめますと、

  • フォトウェディング費用の負担について
  • フォトウェディング費用の相場
  • フォトウェディング費用負担になるオプション
  • フォトウェディング費用負担の解決策!

上記の内容を知っておくと、フォトウェディング費用の負担について困る事が少なくなるのではないでしょうか。

 

あなたのフォトウェディングを、ベルクラシックグループで叶えてみませんか?
https://www.bellclassic.co.jp/hall/

 

結婚式プレゼントキャンペーンはこちら
↓↓

おとくこん

 

関連キーワード