【フォトウェディング沖縄】基本の費用相場とは?リゾートフォトを叶えよう!

2022.01.20 Photowedding
Share
【フォトウェディング沖縄】基本の費用相場とは?リゾートフォトを叶えよう!

沖縄フォトウェディングは、いくら用意すればよいのかとお悩みではないでしょうか?
また旅行に欠かせない「宿泊代」「航空代」「観光代」「お土産代」など必要ですよね。
そこで今回は、沖縄フォトウェディングの費用で押さえておきたいポイントを厳選しました。
「人気のロケーション場所」や「相場費用」を知っていると、充実した沖縄フォトウェディングができますよ!

フォトウェディング費用の平均相場はいくら?
こちらの記事で、基本的なフォトウェディングの費用について紹介していますので、参考にして下さいね。

 

フォトウェディング沖縄リゾート費用と相場について

フォトウェディング沖縄リゾート費用と相場について

沖縄フォトウェディングの相場費用は、約10万円前後です。
基本フォトウェディングの相場費用は、約数万円~30万前後
沖縄のフォトウェディングの相場費用は、約10万前後ですが、オプションを追加していくと基本プランの費用がアップします。

  • 基本的なフォトウェディングプランに付いているサービスは、
  • ・衣装
  • ・小物
  • ・へアメイク
  • ・着付け
  • ・撮影代
  • ・写真

上記のサービスが入っています。
追加でお好みのオプションを付けられます。
見積もりを取ってサービス内容を、チェックしておくことをおススメします。
希望のリゾート撮影を行うために、「衣装のグレードアップ」などオプションを検討される方も多いですよ。

【海外フォトウェディング】費用はいくらかかる?
撮影の基本知識! 海外フォトウェディング費用について、こちらの記事を参考にして下さいね。

 

フォトウェディング沖縄で掛かる!旅費やその他オプション費用とは?

フォトウェディング沖縄で掛かる!旅費やその他オプション費用とは?

沖縄フォトウェディングを楽しむには、フォトウェディング以外に費用が発生します。
例えば、「旅行費」、「観光代」、「お土産代」、「移動費」などの費用は外せませんよね。
予算については、事前にお2人で決めておくと安心して沖縄フォトが楽しめますよ。
沖縄の旅行費用について詳しく見てみましょう。

沖縄旅費

約8万円~30万が相場費用になります。 沖縄旅行には、2泊3日で利用する方が多いです。

  • 旅費に掛かる費用と言いますと、
  • ・宿泊費
  • ・航空代
  • ・移動費
  • ・食事代
  • ・観光代
  • ・お土産代

特に夏休みの7月~8月は、旅費が高い傾向です。
大型連休や長期休みの時期も費用が高く、オフシーズンの冬~春は費用が安くなります。
ハイシーズンは、旅費も割高ですが、利用する方も多く予約もすぐ埋まるので、出発の2ヵ月前には予約がおススメです。
「フォトウェディングの撮影日」、「観光スポットめぐり」など予定を立てておくと安心できますよ。

フォトウェディングオプション追加費用

基本プランの内容でフォトウェディング撮影が出来ますが、お2人がこだわりたいサービスを追加する事もできますよ。

  • 追加の項目を見ますと、
  • ・衣装のグレードアップ
  • ・アルバム料金
  • ・新郎ヘアメイク
  • ・データ追加料金
  • ・土日祝料金
  • ・修正料金

「衣装」「撮影」によって費用が変わってきますよ。
衣装に関しては、試着する前にグレードアップする衣装か確認しておきましょう。
人気のブランド物や新作衣装はグレードアップ対象になりますのでお気を付けて下さいね。

ハワイフォトウェディングプラン以外で掛かる費用とは?
リゾートフォトウェディングの追加費用について、こちらの記事も参考にして下さいね。

 

フォトウェディング沖縄「フォト映え」する人気ロケーション場所!

フォトウェディング沖縄「フォト映え」する人気ロケーション場所!

沖縄と言えばエメラルドグリーンの海が魅力的です。
人気のロケーションエリアは沢山ありますので、どのロケーションにするか迷いますよね。
大きく分けると、「ビーチ」「街エリア」「ガーデン」など人気スポットです。
沖縄の美しいエメラルドグリーンの海を背景にした撮影は、フォト映え間違いないでしょう。
ビーチの場所は沢山あり、その中でも人気のビーチを紹介します。 お好みの場所選びの参考にして下さいね。

ビーチエリア

21世紀ビーチ

沖縄の名護市にある人工ビーチです。
海の美しさは透明で、波打ち際はクリアブルーです。
ここのエリアで、ステキなリゾートフォトが撮れますよ。日陰になる東屋があるので休憩スポットにも使えます。
ビーチの近くに大きな公園もありガーデンウェディングにもおススメの場所です。
夕方になるとサンセットが美しく、絵になるショットが叶うのではないでしょうか。

百名ビーチ

沖縄南城市にある天然ビーチです。
神が降臨したと言い伝えがあり、聖地の浜と呼ばれています。エメラルドの海と青い空とのフォトが魅力的です。
海際に入って撮影するトラッシュ・ザ・ドレスや波打ち際に座ったフォト撮影ができますよ。
観光客が少なく、ゆったりと撮影できるのでおススメです。

安富祖ビーチ

沖縄の天然ビーチで観光客も少なく、ゆったり撮影が楽しめます。
人目を気にしないで、お2人のペースでフォトウェディングが可能ですよ。
ロケーション撮影に憧れるけれど、緊張する方にはピッタリの穴場スポットです。
ビーチだけではなく、ガーデンもあるので色んな場所でフォト撮影が叶いますよ。

瀬底ビーチ

橋でつながる離島として人気の北部にある島です。
透明のエメラルドグリーンの海はリゾートフォトにベストな場所ですよ。
マリンスポーツもできるので、観光地として知られています。
キレイな海と青空の下でのウェディング撮影がピッタリではないでしょうか。

嘉陽ビーチ

地元の沖縄で知られている穴場スポットです。
ビーチへつながる遊歩道もステキなロケーション撮影が叶うのではないでしょうか。
180度エメラルドグリーンが広がるキレイなビーチが魅力的。 リゾートフォトに適した場所ですよ。

街エリア

アメリカンビレッジ

インスタ映えするエリアで人気があります。
施設やアミューズメント施設が沢山あり楽しめる観光スポットです。
建物や壁画などが海外テイストでおしゃれな街です。
フォトスポットが多く、色鮮やかな街並みを背景にした撮影がおススメです。

その他おすすめエリア

瀬長島ウミカジテラス

那覇空港から車で約15分の距離にある島です。
青い海が広がり、その周囲には地中海をイメージしたショッピングや食事が楽しめるウミカジテラスがあります。
真っ白なテラスが立ち並び、ヨーロッパの雰囲気です。 夕焼けのサンセットはうっとりします。
夜になると、イルミネーションがキラキラと輝きます。
ウミカジテラスの真っ白い階段やアメリカンな看板がフォト映え間違いなし!
ビーチとオシャレなフォト撮影が可能でおしゃれさんにおすすめの場所です。

 

フォトウェディング沖縄費用を抑えるポイント11選!

フォトウェディング沖縄費用を抑えるポイント11選!

① 平日やオフシーズンを利用する

平日やオフシーズンを利用しましょう。
沖縄は、冬~春までがオフシーズンになりますので、費用を抑えるにはおススメです。
「旅費」や「フォトウェディング費用」もトータルでお安くなるのではないでしょうか。

② ドレス1着がいい

衣装を1着にすると費用が抑える事ができます。
ドレスは和装に比べるとお安くなりますので、おススメです。
ウェディングドレスと和装のどちらか選ぶなら、ウェディングドレスがベストです。
沖縄の海と空に映えるのは、純白のウェディングドレスではないでしょうか。

③ アップグレードしない

衣装の中には、グレードアップする衣装がありますのでお気を付け下さいね。
各社によりますが、ブランド物や新作ドレスなどは対象になります。
試着の際に、グレードアップするのかチェックしておきましょう!

④ 追加料金に気を付ける

基本的に追加オプションを利用しないと費用を抑えられます。
例えば、「持ち込みの料金」「土日祝の料金」など、追加費用が発生します。
事前に、プランの予約する時に、追加料金について聞いておくと安心できますよ。
急な持ち込みや家族と撮影したいなど、途中で変えたい事もありますよね。

⑤ アルバムは購入しない

アルバムはプラン内に付いてない場合、一冊約5万円前後の費用が掛かります。
撮影データを購入しておくと、後から自分でアルバム作成ができますよ。
両親に渡すアルバムも作れますので、アルバム購入は慎重に考えてみて下さいね。
プロに頼むより費用がオトクになるので、利用してみてはいかがでしょうか。
撮影はプロに任せて、アルバム制作はオリジナルがおススメです。

⑥ スタジオかロケーションのどちらか1つにする

撮影は、2種類の中から1つに決めましょう!
沖縄でのフォトウェディングは、ロケーションを選ぶカップルが大半ではないでしょうか。
「青い空」と「エメラルドグリーンの海」で魅力的な撮影を叶えたいですよね。
ロケーションフォトは、雨天に左右されるので、追加料金も発生する可能性があります。
もしもの事をお考えの方には、スタジオ撮影がおススメです。
屋内で天候に左右されない、空調設備の整った中での撮影が可能。
費用も、ロケーション撮影に比べてオトクなのが魅力です。

⑦ ロケーション場所は1カ所がおススメ

ロケーション場所を1カ所にすると、費用が抑えられます。
ロケ地が何カ所もあると、費用は割高になり負担になります。
色んなロケーションで撮影したい場合、1カ所の「ビーチ」と「ガーデン」など撮影スポットがある場所がベストではないでしょうか。
移動が少なくなるので、撮影の体力の温存にもなりますよ。 お2人のベストな場所を見つける事が大切です。

⑧ 小物を持ち込みする

フォトウェディングに撮影小物はマストです。
オプションで小物を付けるなら費用が掛かりますが、持ち込みはオトクに撮影ができるのではないでしょうか。
撮影の小物の追加料金は掛からない事が多いですが、お店によっては逆に追加料金が発生する可能性があるのでお気を付け下さいね。

⑨ 手作りする

人気の「ガーランド」や「フォトプロップス」などの撮影小物は、簡単に作れますのでお好きなテイストを作成してみてはいかがでしょうか。材料も100円shopで手に入りますのでおススメです。
オリジナルのアイテムを使った撮影は、お2人の魅力が最大限に引き出せますよね。

⑩ 限定やキャンペーンを利用する

季節限定の割引プランを利用すると費用が抑えられますよ。
1日数組限定フォトプランなどタイミング次第で見つけられるとラッキーです。
例えば、オフシーズンなどは観光客も少なくオトクなプランを実施しているスタジオもあります。
気になるスタジオのホームページでチェックしておきましょう!

⑪ 無料で使えるアイテムは活用する

撮影の小物は、無料で使える物を利用することをおススメします。
サングラスや額縁などフォト映えするアイテムがあれば楽しんで撮影できますよ。
スタジオに、どんなアイテムが揃っているのか調べておきましょう。

 

フォトウェディングを沖縄で撮影!追加費用で気を付けたい点とは?

フォトウェディングを沖縄で撮影!追加費用で気を付けたい点とは?

フォトウェディングで気を付けたい追加費用5点を紹介します。

沖縄で悪天候の場合の追加費用

台風などの時期や急な雨の撮影はどうなるのか気になりますよね。
沖縄の雨は、大雨がザっと降り、雨が止む場合もあります。
各社によって違いますが、撮影の時間をずらして様子を見ます。
小雨でも、傘を差してフォト撮影するなど工夫した撮影ができます。
雨天の場合の対応はどうなるのか事前に聞いておきましょう。

衣装のグレードアップ

衣装にランクが付いている物は追加料金が発生します。
新作ドレスやブランド衣装などグレードアップする可能性があります。
衣装については、事前に試着できる店舗が近くにあるか確認しておきましょう。
希望の仕上がりを伝えるには、念入りに打ち合わせがポイントです。
イメージを伝える事は、意外と難しいですよね。 例えば、お好きなテイストの写真など揃えてみてはいかがでしょうか。

持ち込み料金

小物や衣装など持ち込みすると、追加費用が掛かりますのでお気を付け下さいね。
持ち込み費用については、事前に確かめておきましょう。
指輪を使ったフォトやお2人の思い出の物を使ったロケーション撮影もステキですよね。

移動費

ロケーション場所によっては、移動費が掛かります。
宿泊先からロケ地へ移動するには、レンタカーなど利用する事になります。
プラン費用以外に、追加で移動費用がかかるのか事前に確認しておくことをおススメします。

格安プランには注意

ホームページで格安プランを見つけ予約する時はプラン内容にお気を付け下さいね。
最近では、数千円からフォトウェディングができるプランはあるので、気軽にフォト撮影をするカップルも多いのではないでしょうか。
格安プランには、新郎の衣装やヘアメイクが追加で必要になる事もあります。
プランに衣装やヘアメイクなど追加していくと、高額プランになるので注意して下さいね。

まとめ

今回は、沖縄でフォトウェディング基本費用について紹介しました。
国内でも人気のあるリゾートフォトは、新婚旅行もかねて行かれる方も多いのではないでしょうか。

まとめますと、
・フォトウェディング沖縄リゾート費用と相場
・フォトウェディング沖縄で掛かる!旅費やその他オプション費用
・沖縄フォト映えする人気ロケーション場所
・フォトウェディング沖縄費用を抑えるポイント11選
・フォトウェディングを沖縄で撮影!追加費用で気を付けたい点

沖縄フォトウェディングのポイントを知っておくと、フォトウェディングを充実できますよ。
あなたのフォトウェディングをベルクラシックリゾートで叶えてみませんか?
https://www.bellclassic-resort.jp/photolist/

結婚式プレゼントキャンペーンはこちら
↓↓
おとくこん

関連キーワード