6/30
まで!

入籍報告に人気の『親指フォト』

記事公開日:2021.02.24 / 最終更新日:2021.02.24
Column
Share
入籍報告に人気の『親指フォト』

指輪がティアラ代わりほっこり写真

入籍報告の写真として人気を集めているのが、面白いと評判の親指フォトです。新郎新婦の親指に結婚指輪をはめ、指の腹の部分にマジック等で顔を描いて撮影したものをいいます。結婚指輪がティアラのように見えるので、見たら気持ちがほっこり温かくなる写真です。 二人の顔や全身を撮影したものだと恥ずかしいけれど、親指フォトなら気軽に周囲の人に見てもらえるのでわないでしょうか。遊び心が感じられるので、ワクワクするような楽しい気持ちにもなります。親族などの身内や友人に入籍を報告する際に便利に利用することもできますね。

FacebookやInstagram等のSNSに親指フォトをアップするという人も増えています。もちろん結婚指輪だけではなく、婚約指輪なども使用できます。自分達の指を使うので、気軽に撮影できるのも魅力の1つです。大掛かりな仕掛けは必要ありませんし、改めて用意する物もほとんどありません。親指フォトは親指だけをアップにするのが基本ですが、背景に新郎新婦の姿をぼやかして入れるというカップルもいます。様々なバリエーションがあるので、お洒落にもユニークな雰囲気にもなり自分好みのフォトが撮影できます。

指輪がティアラ代わりほっこり写真

婚姻届と一緒に撮るのもおすすめ

入籍をした証として婚姻届と一緒に撮るのもおすすめです。婚姻届は役所に提出するものなので、手元には残りません。せっかくなので写真に撮っておきたいと思うカップルも多くいます。 面白い親指フォトと一緒に撮影すれば、記念として手元に残せます。婚姻届を提出してしまってから写真を撮っておけば良かったと後悔することも多いので、思い出に残る形で撮影しておくのがおすすめです。手元に写真があれば親や兄弟姉妹、親しい友人などにも見せられます。将来、子どもが生まれた場合などにも見てもらえるので、話が弾むこと間違いありません。

婚姻届と合わせて親指フォトを撮影する際には、「婚姻届」という文字をクローズアップしたり入籍した日付をアップにしたりするといつ結婚したのかが分かりやすくなります。婚姻届以外では、カレンダーや手帳などの日付も使用できます。撮り方によってはお洒落でスタイリッシュな雰囲気になりますし、結婚報告や年賀状のハガキに使うのにもぴったりです。結婚指輪や婚約指輪をこだわって選んだというカップルも沢山いるでしょうから、面白いフォトを撮影するのに有効的に活用するようにしましょう。

小物やペイントの表情で

小物やペイントの表情で

親指フォトはマジック等で顔を描いて撮影しますが、描いた人の個性がよく表れます。表情や仕草などが面白いものも多く、にっこり笑顔のものや目を閉じているもの、ちょっとすました顔など様々なイラストを描けます。メガネをかけていたり、ヒゲを生やしている等新郎新婦に似せたイラストにもできます。インターネットで検索すると面白い親指フォトが沢山見つかるので、写真を撮る際の参考にしましょう。

また、小物を使って親指フォトを撮影するのもおすすめです。女性の指にベールをつければ花嫁衣装を着ているように見えますし、男性の指にはタキシードを描いたり蝶ネクタイをつけたりも出来ます。指同士がちょうどキスをしているような角度で撮影するのもおすすめです。その季節の花を写真に入れたり、カラフルなキャディーや果物を一緒に撮影すると可愛らしい雰囲気になりますし、クリスマスのシーズンには、指の上に帽子をのせてクリスマスらしさを演出するのもいいでしょう。ハロウィンの時期にかぼちゃや魔女をモチーフにした小物を使ったりするのも季節感が感じられます。親指フォトは入籍報告に最適ですが、結婚式を行う際にウェルカムスペース等に飾ったりも出来ます。会場のあらゆるスペースに飾れるので、結婚式を盛り上げるのにも役に立ちます。

おとくこん

関連キーワード