一生の思い出を作るなら♪こだわり満載のレストランウェディング!

2017.09.18 Column
Share

レストランウェディングは親近感や心が温まる雰囲気が増す

友人や親族など二人にとって親しい間柄の人たちを招待して、お互いを紹介すると同時にこれからの長いおつきあいを皆さんにお願いするのが、披露宴になります。
披露宴というのは今までのおつきあいに感謝をこめて、結婚式に参列してくれた人たちにおもてなしをする機会となっています。
ですから披露宴は二人が満足して、終わらせてはいけません。
招待した人にとって満足ができるところ、楽しく時間が過ごせる場所であるように、二人が心を砕いて決めなければなりません。
披露宴で大切になってくるのが、食事の形式と会場になります。
おもてなしをすることができる場所ならば、どこでも披露宴は開くことができます。
ですが会場の形態や特性によっては、式の雰囲気はかなり違ってきてしまいます。
レストランで開いた場合は、雰囲気はどうなるのでしょうか。
ホテルなどに比べると厳粛感は感じられにくくなっていますが、その分親近感や心が温まる雰囲気は増してきます。
披露宴の会場を選ぶことは、招待する人の顔ぶれや、年齢層、自分たちがどんな披露宴を考えているかで変わってくるものです。
挙式と披露宴を別々の会場で行うときには、手配や準備をそれぞれ進めていかなくてはならないことが大きな難点です。
ですが披露宴は、ぜひこのレストランでといったこだわりを妥協をすることなく発揮することができるのも、別会場の魅力の一つです。

素晴らしい料理で披露宴の招待客をおもてなししたい

品質にこだわっている他にはない素晴らしい料理で、披露宴の招待客をおもてなししたいと考えているカップルも多くなってきています。
こんなカップルに大人気になっているのが、レストラン ウェディングになります。
季節に合った旬の料理や、その場所ならではのご当地の食材をふんだんに盛り込んでもらったり、料理長といろいろと相談をしてメニューを作り上げたりと、とことん品質と味にこだわった魅力があふれるおもてなしをすることが、可能になっているのがレストラン ウェディングです。
最近はウエディングケーキなどを一流のケーキ職人に作成してもらい凝った演出を行うカップルも増えてきています。
また招待する人の年齢層や、子供用のメニューなど料理のリクエストがレストランならば、比較的に簡単にかなってしまいます。

レストランの披露宴

レストランの披露宴の場合、おいしくて感動的な料理を招待客にぞんぶん味わってもらうために演出や余興を少なくするカップルが多くなっています。
招待客と自分たちの距離感がすごく近いというメリットを生かして、お話しすることを披露宴のメインテーマにすることも可能になっていますので、家族的で和やかな披露宴にしたいと願っているカップルならば、レストラン ウェディングは、うってつけの披露宴です。
レストランが持っている雰囲気や調度品などによりいろいろな雰囲気が変えられることも、レストランで行うことの魅力の一つとなっています。

 

レストランウェディングの最近の大きな特徴

一昔前はレストラン ウェディングといえば、披露宴の会場として利用される。
あるいは挙式を行うならば人前式で行うというのが定番になっていました。
ですが最近の大きな特徴は、自らチャペルなどを建設して挙式ができる場所を準備しているレストランも、だんだんと増えてきています。
また結婚式の専門のスタッフを置いているところなどウエディングに対して大規模な態勢で臨んでいるレストランも多くなってきていて、選択肢が大変に多くなってきていることは喜ばしいことです。
ですからカップルがレストラン ウェディングに求めているのはなんなのか、しっかりとカップルで見極めて考えていくことも重要なことになってきます。
レストランで行えば形式ばかりでなく、ちゃんと味にも起承転結がある素晴らしい料理で楽しむことができます。

上記以外でおすすめの式場はこちら

ホテルベルクラシック東京

~最高のウエディングを。そのために創られたホテル

JR山手線の大塚駅前にそびえ立つ14階建のホテルベルクラシック東京は、新宿駅まで12分、東京駅まで21分、成田空港まで約1時間と遠方からのゲストやハネムーンへのメリット大のアクセス。

ホテルベルクラシック東京のコンセプトは、ウエディングスホテル――最高の結婚式のために創られたホテル。
打ち合わせ、挙式、披露宴、演出、ヘアメイクやドレス選び、ハネムーンの相談などウエディングに必要なすべてが用意されているのです。

独立型のチャペル「カナ・ゴスペルチャーチ」は、なんと地上51mのホテルの屋上にあります! 空が近くに感じられて”天空のチャペル”の形容詞がぴったり。
重厚な扉を開けると、天井高9m、真っ白なバージンロードは15m、最大120名着席の大空間、山手線の内側とは思えないスケールです。
随所に用いた木、白壁、ステンドグラスのバランスがシャープでありながら温もりを感じられるチャペルにオルガンの生演奏と聖歌隊の歌声が響き渡ります。
挙式後は、チャペル前の季節の花が満開のガーデンでフラワーシャワーのセレモニー。
東京とは思えないほどです。

バンケットは個性的な6会場。
収容人数180名の「フィガロ」はワンフロア―貸し切りの贅沢空間で、同じフロアにバーカウンター、ソファー、プライベートスペース完備。
メゾネットバルコニーや大階段でプリンセスになり、360度の大スクリーンによるダイナミックな映像演出で盛大なパーティに。

「コンチェルト」は豪華客船のラグジュアリークラス専用ラウンジのような佇まい。
天井には気品漂うシャンデリア、壁面には美しい色調のローズウッドを用いて、全体的にクラシカルゴージャス。
業界初のガラススクリーンにゲストの目が釘付けです。

「ワルツ」は植物のアカンサスが装飾に施されたバンケットで、和装が似合いそうな落ち着きある和モダンテイスト。
ゲスト用の椅子はソファータイプなので、ゆったりと寛ぎながらパーティを楽しめます。

白を基調としたナチュラルな「ラプソディ」、クリスタルとミラーが煌めく「セレナーデ」、温かい陽射しが差し込むアットホームな「オーブ」。
人数やスタイルに合わせて、豊富な選択肢の中から選べるのは嬉しいですね。

素晴らしいバンケットには、美味しい料理が必須。
総料理長は国内外の有名賞を受賞した、最高クラスのシェフなのです。

上質なホテル機能を最大限に活かしたホテルベルクラシック東京は、至れり尽くせりのホスピタリティとサービスで迎えてくれることでしょう。

関連キーワード