7/31
まで!

おすすめしたい婚約祝いの贈り物

記事公開日:2021.01.17 / 最終更新日:2023.04.10
Column
Share
おすすめしたい婚約祝いの贈り物

贈り物の定番『食器』

友人や知人などが婚約した際に、何かお祝いを贈りたいと考えている人は少なくないはずです。この場合、相手に対してプレゼントするものは、ケーキを始めとする消費してなくなるもの消費しないものの2種類に分かれます。このうち消費しない物としては、食器が考えられます。食器の魅力は、どの家庭でも必ず利用していることです。それ故、他の人と被ってしまう可能性もありますが、他の人とかぶらないように珍しいものを選ぶと良いかもしれません。 食器の中でも比較的よく利用するのはお皿です。特に結婚生活をスタートするときには、お皿を購入しなければならないことも多く、お皿を多く必要とします。新婚生活に入る2人のことを考えれば、妥当な贈り物の1つと言えるでしょう。 ブランド品をプレゼントする場合が多いですが、ブランド品の金額も様々です。本当に高級なものは50,000円以上をしますが、高いものを相手にプレゼントすれば良いわけではありません。なぜなら、相手からのお返しのことも考えなければいけないからです。もし相手がブランド品にこだわりがある場合には、好きなブランドをあらかじめリサーチしておくと良いでしょう。

贈り物の定番『食器』

『ケーキ』や『お酒』『高級食材』など消えるものも◎

婚約祝いとして選ばれるもう一つは、食器等とは異なり消費するものです。わざわざ消費するものを選ぶ理由の一つは、婚約した人は様々な人から贈り物をもらいますが、なかにはあまり気に入らないものもあるからです。例えば食器などを購入した場合でも、相手の好みに合わなければ使ってくれない可能性がある上に捨て難いからです。しかし、消費するものならば長期間場所を取ることもなく、もらった側が負担になる事はありません。 具体的にはケーキなどを相手方にプレゼントすると良いでしょう。ケーキは、誕生日や七五三等でも利用されますが、基本的にケーキはお祝い事に贈ることが多いので、婚約祝いとしてケーキを相手に送る事は間違ではありません。 種類も様々ですが、最近は少し凝ったものも販売されています。オーダーメイド品などもあり、お金は少しかかりますがこの世に1つしかないものですので気にいってくれる可能性も高いはずです。写真などを入れるのも良いでしょう。2人の写真を持っている場合は、ケーキに写真をプリントして贈ればきっと印象に残るでしょう。費用は、オーダーメイドでなければ5000円くらい、オーダーメイドならば10,000円位と考えておきましょう。

『ケーキ』や『お酒』『高級食材』など消えるものも◎

リクエストを聞くのもアリ!

友人や知人が婚約した場合でも、プレゼントに迷う人は多いはずです。相手の好みが分からず迷ってしまうのです。自分は良かれと思って相手に贈り物をしたとしても、相手が喜んでくれないかもしれないと思うと、そこで悩むのも理解できるでしょう。 この場合には、婚約をした人に対してどのようなプレゼントが良いか直接聞いてみるのも方法の一つです。相手方はお祝いはいらないなどと言うかもしれませんが、それを真に受けず、一生の思い出になるのでもらってほしいと伝えて、何か1つ選択してもらいましょう。優柔不断の人や普段からお祝いに慣れていない人は、何をもらったらよいのかわからず迷ってしまうケースもあるので、いくつか選択肢を作っておくのもいいでしょう。例えば、ケーキや食器などのように選択肢を相手に伝えて、その中から相手に選んでもらうのです。よい選択肢が頭に浮かばない場合は、カタログなどを送ってみても良いでしょう。カタログと言っても様々な種類があるので、相手が好みそうなジャンルが含まれているカタログを選べば、より選びやすくなるでしょう。

おとくこん

関連キーワード