相場はいくら?ブライダルネイルの予算

2020.10.08 Column
Share
相場はいくら?ブライダルネイルの予算

結婚式は爪先まで特別に…ブライダルネイル

人生の一大イベントと言っても過言ではない結婚式を豪華に彩るためには、頭の先から足のつま先に至るまで美しく着飾ることが大切になります。優秀なウェディングプランナーにお任せすれば、一生の思い出になるような素晴らしい結婚式をあげることができると思いますが、自分でできることはしっかりと行っておきたいものです。

例えば、結婚指輪をはめる際に注目されてしまう手や指に関しては、一瞬で綺麗だと思ってもらえるようにブライダルネイルを施しておくと良いでしょう。ブライダルネイルとは花嫁だけが施せる特別なネイルになりますが、普通のものとは少しだけ違っていて、結婚式で着用するドレスに最も適したデザインにしてくれるので非常に人気があります。
市販のもので自ら仕上げていくことも素敵ではありますが、本来であればプロにお任せして特別なデザインを注文した方が美しさがけた違いです。気になる予算についてですが、市販のものを使用した場合は大体6,000円程度、プロの方に依頼して仕上げてもらう場合には10,000円前後の費用がかかると覚えておきましょう。どのような種類を選択するかで値段に大きな違いがでてくるので、計画していた予算に適したものを選ぶように心掛け、素敵な結婚式にしましょう。

ネイルの種類別予算は…?

ネイルの種類別予算は…?

様々な種類が存在していて、どれも非常に魅力的な個性を持っているブライダルネイルではありますが、一体どのように選択をしていけばいいのか分からないと言う方も多いでしょう。そこで、基本的なブライダルネイルの種類を詳しく紹介しながら、気になる予算についてもお伝えします。

まず、大きく分けるとジェルネイルスカルプチュアチップの3種類が存在しています。細かく説明すると、ジェルタイプは最も強固な仕上がりを可能にしてくれるため、途中で剥がれてしまう心配が全くないのが特徴です。専用のジェルを塗っていきUVライトで固めるだけの簡単な作業で済むので、個人で使用することにも向いています。デザインによって値段に大きな差はありますが、大体の場合は10,000円程度で済むでしょう。次にスカルプチュアとは溶かしたアクリル素材を使用したタイプになり、自由自在に人口爪を作り出すことができます。しっかりとした技術力が必要なので、15,000円くらいは掛かるかもしれません。また、チップはいわゆるつけ爪と同じようなものであり、合成樹脂でできた人口爪を接着剤などで貼り付けていくタイプのものを言います。チップもデザインによって価格に違いが生まれやすいですが、上質なものであっても10,000円くらいで使用することが可能です。

メリット・デメリットも考えてネイルを選ぼう

メリット・デメリットも考えてネイルを選ぼう

結婚式を美しく彩るためには、主役である花嫁が誰よりも輝いていなくては意味がありません。普段よりも全身に意識を向けるように心掛け、できるのであればしっかりとブライダルネイルを施しておくと良いでしょう。
爪を華やかで美しく演出してくれるブライダルネイルですが、どんなものであっても使用する際に発生するメリットやデメリットがあることを覚えておかなければなりません。特に実際に利用した方の意見を参考にしていくと、これから使用する方に対して有益な情報が手に入りやすくなるので、必ずチェックしましょう。
たとえば、一般的に使用されることが多いマニキュアは誰でも簡単に購入することができますが、長時間使用しているといつの間にか剥げてきてしまったり、乾くまでに時間が掛かったり、艶を出すには不向きなことなどがデメリットになります。予算を比較してみると一番安くで使いやすい種類ではありますが、多くのデメリットを考えると選択肢に入れない方が無難だと感じます。
逆に大きなメリットを得られるのは、自分の爪のサイズにしっかりと合わせることができ、保ちが良くて爪の補強効果も実感できるなど非常に魅力的なスカルプチュアでブライダルネイルにおすすめです。

 

こちらの記事も読まれています!

 

おとくこん

関連キーワード