厳かな結婚式♡おすすめの京都神社

2020.06.13 Column
Share

様々な形で結婚式を挙げることができます。結婚式を和装で行いたいけれど、どのような形でおこなったらよいかわからない場合もあるのではないでしょうか。和装で行う結婚式の種類に関しては、人前式仏前式神前式に分けることができますが、神前式がお勧めです。
神前式は神社で行われる式となり、大正天皇の結婚式がきっかけで行われるようになりました。結婚の報告を神様に行うという形で挙式が行われることになります。挙式は様々な神社で行うことができますが、どこで行ったらよいかなかなか選べないという場合もあるのではないでしょうか。そのような時は、賀茂御祖神社で行うことをお勧めします。

伝統ある神社『賀茂御祖神社』

神社1

賀茂御祖神社通称下鴨神社として呼ばれており、神日本最古の社の一つと認識され、源氏物語等歴史ある文学にも登場している伝統ある神社です。賀茂御祖神社の相生社には縁結びの神さまが祀られており、御祭神である神皇産霊神は縁結びの神、結納の守護神として信仰され、挙式を行うには最適の神社となります。挙式を行う場所に関しては、2棟の本殿と社殿が55棟存在する中で葵生殿で挙式を行うことになります。葵生殿は重要文化財となり古い建物ですが冷暖房が完備されており、和装から洋装へ着替える時は社務所で行うことができる等、挙式を行う体制が整っていると言えるでしょう。挙式を行う際は、巫女の先導により控室から本殿まで移動する花嫁行列が行われますが、下鴨神社は参進が比較的長いということでも人気があります。

世界遺産登録されている『上賀茂神社』

神社2

挙式を行うなら、賀茂御祖神社だけではなく上賀茂神社もお勧めです。上賀茂神社は、古都京都の文化財として世界遺産登録されている寺院の一つです。上賀茂神社には片岡社が存在しますがご祭神は玉依姫命となり、女性の守護神として縁結びや子授け、家内安泰のご利益があり挙式を行うには縁起の良い神社と考えて間違いありません。挙式を行う際着替え等の準備を行う必要がありますが、上賀茂神社では敷地内の新郎新婦のお着替え室や親族控室を使用することができるため便利です。挙式会場は世界遺産である細殿となり、普段は一般人が入れない特別な建物となります。挙式を行う際の写真撮影に関しては、神社によっては撮影ができないということもありますが、上賀茂神社では挙式中の写真撮影を行うことができますので、安心して撮影することができます。挙式後は披露宴や会食を行う場合もありますが、敷地内に存在する披露宴会場客殿で、披露宴や会食もできます。挙式終了後披露宴等を行うためタクシー等で移動する必要がなく、スムーズに移動でき素晴らしい時間を過ごすことができるでしょう。

幻想的なナイトウェディング『八坂神社』

神社3

挙式は素晴らしさだけではなく、幻想的な雰囲気も味わいたいとう方もいらっしゃるのではないでしょうか。幻想的な雰囲気を楽しみたい場合は、八坂神社を選ぶことをお勧めします。八坂神社では、スサノオノミコトとクシナダヒメノミコトという夫婦神が祀られており、縁結びのご利益があるということでも人気があります。縁結びのご利益がある八坂神社でナイトウェディングを行うことができ、祇園の厳かな提灯に照らされて、幻想的な雰囲気を味わいながら挙式を行うことが可能です。ナイトウェディングは一日一組となるため、落ち着いて式を挙げることができるでしょう。挙式の場所に関しては、夫婦神をお祀りする重要文化財である八坂神社の本殿や南楼門正面に建つ舞殿、常磐新殿内に存在する儀式殿で行われます。八坂神社は河原町駅からは徒歩10分程度とアクセスもよく、挙式の後の食事会や披露宴を行う際移動しやすいため便利です。

 

費用を気にせず、お得に結婚式をあげるなら【Otokukon】がオススメ!

【Otokukon】なら人気の式場で挙式&約70万円相当が無料になります!

気になる【otokukon】キャンペーン詳細を見る >

関連キーワード