指輪なしでも、彼女が喜ぶプロポーズ&ゴージャスな演出

2017.04.01 Propose
Share

「プロポーズ=婚約指輪」じゃない!!

プロポーズと言えば婚約指輪が必須アイテムでしたが、今日ではその風習も薄れてきています
高価な指輪を買うほどの費用が用意できない、結婚指輪を買うから婚約指輪まで用意する必要がない、
指輪を何個ももらってもつける時がないから困るなど理由は様々です。
やはりプロポーズと言えば婚約指輪を用意するものという考えが男性側にはまだあるのですが、
女性側が遠慮して断るということも少なくはないでのです。
では指輪なしでプロポーズをするにはどのような演出をすればいいのでしょうか。

プロポーズは女性の憧れ

結婚は数多くの人が経験するものですが、そこに至るまでの過程はカップルによって異なります。
出会った状況から交際した期間も違うでしょうし、プロポーズの方法も人それぞれです。
全く同じ道を辿って結婚に至った、というカップルなど存在しないでしょう。
特にプロポーズは結婚に至る際の最重要な行事とも言えます。ほとんどが男性が女性に向けて行うものです。
女性は最愛の人から結婚の申し込みをはっきり言葉にして欲しいと願っています。
そのことに憧れていると言っても良いでしょう。
そして二人にとって、一生の思い出に残るものと言って差し支えありません。

サプライズプロポーズ!

どうすれば女性は喜んでくれるのでしょうか。 男性にとっては尚更ハードルが上がってしまうものです。
女性が喜ぶプロポーズの演出を考えていく必要があります。 サプライズを計画する サプライズ演出というのは今や定番です。

お店の店員さんに協力を仰ぎ、映像の上映やケーキの提供などのサプライズを行うというのはプロポーズだけではなく誕生日や記念日などにも応用できます。
更に友人たちに協力してもらってフラッシュモブを行ったり、内緒でサプライズDVDを作成したりなどもあります。
自分1人だけではなく周りの協力があると更に驚きが増すので、できる範囲で演出を考えると思い出に残るサプライズができます。
突然のプレゼントを用意する 誕生日や記念日であればプレゼントを用意するのは自然ですが
「臨時収入が入ったから」などの理由をつけてなんでもない日にプレゼントを用意すると女性は喜びます。
もちろんプレゼントと言っても高価なものを用意する必要はありません。 普段買わないスイーツを買ってみたり、
ちょっとした雑貨をプレゼントし、それに合わせて婚姻届を渡すという演出です。
婚姻届がメインでそれ以外はあくまでプチギフトなので、サプライズにもなりますし比較的スムーズに渡すことができます。

さらりとプロポーズ

何の前触れもなく突然プロポーズする せっかくのプロポーズだから特別な演出をしてほしいと夢見る女性もたくさんいますが、
その反面いつもと変わらない日常の中で自然の流れでさらっとプロポーズしてほしいという女性もたくさんいます
一方であまり改まって言われると気恥ずかしくなってしまうという女性も少なくありません。
一緒にテレビを見ながら、ドライブしながら、ご飯を食べながらという日常的な空間の中でプロポーズをすると
素直に喜んで返事をすることができるのです。
すべて定番と言えば定番の演出方法ですが、誰もが「特別感」を求めているわけではありません
一番大切なのは「結婚してください」という明確な言葉です。

自分の理想のプロポーズ

そこにどのようなシチュエーションを求めるかは人それぞれですし、女性側の気持ちだけではなく男性側にも
「こんな風にプロポーズをしたい」という理想の形というものもあります。
一生に一度のことなので、どのようなプロポーズをするかを真剣に考えていきましょう。
実際に私は主人からプロポーズを受けたのではなく自分からプロポーズをしました。
既に同棲中であったため結婚してもしなくても変わらないと思ったので、ドライブ中に「もう結婚してしまうか」と言ったのがきっかけでした。
次の日には婚姻届を書いて提出しに行きました。 特別なシチュエーションでもなかった上に婚約指輪も何もなかったのですが
「結婚しよう」という一言だけでとても幸せな気持ちになりました。
お互い少し照れたようななんだかくすぐったい雰囲気になりましたが、それが新鮮でなんだか付き合い始めた頃を思い出してしまいました。

ゴージャスで特別感のあるプロポーズを

男性にとっては非常にプレッシャーを感じるものでもありますが、愛する女性の為に一生に一度の素敵なものにしようと考える男性がほとんどです。
ですが事はそう簡単ではなく、どのようにしたら女性は喜び、なおかつ記憶に残るものになるのか、非常に難しい問題です。
やはり非常に特別な事ですので普段とは違う思いっきりゴージャスな場所で、と考える男性は少なくないでしょう。
ゴージャスな場所が嫌いな女性はそういませんし、特別なシチュエーションにはうってつけです。
高級ホテルのレストランで食事をしながら、高級リゾート地に滞在中に、などプランはいくつも思いつくことが出来ます。
けれど、そうしたことは誕生日やクリスマスなどの記念日にも行ったことがある、したことがある、という場合も多いはずです。
ゴージャスな場所には間違いないけれど、どこかありきたりでもある、ということに気が付く男性も多いのです。
実はありきたりのものではないのか、というところまで考えが及びます。
女性は喜んでくれるだろうけれど、特別感があまり無く、記憶に鮮烈に焼き付けられるものでもないというところに頭を悩ませるのです。

特別感を持たせるならヘリコプターがおすすめ

そうしたお悩みを持つ男性の皆様にお勧めしたいのが、貸切にしたヘリコプターで、夜景を楽しみながらのプロポーズです。
まず大多数の人にとってヘリコプターに乗る機会はほとんどありません。
一生乗る機会が無く終わる人の方が多いでしょう。
乗るだけで正に非日常の世界であり、体験です。
そして出来るだけ昼間では無く日が落ちてから夜景が楽しめる時間に乗ることをお勧めします。
何と言っても夜景はロマンチックですので、ムードとしては最高です。
航空会社によっては事前に伝えておけば花束を用意してくれるところもありますので、サプライズも演出することが出来ます。
心配なのは料金ですが、大体一人三万円もあれば乗ることが出来る航空会社が多くあります。
高級レストランに行くのとそう変わらない値段と言う事が出来るでしょう。
滅多に出来ない体験であることに比べたら比較的安価とも言えます。
ヘリコプターで二人っきりで夜景を楽しむだけでも凄く良い思い出になるのに、プロポーズまでされるとなると女性は感激すること間違い無しです。
これこそ間違いなくゴージャスな空間であり、シチュエーションです。
一生の記憶に残ることも間違いありません。

大切なのは相手を想う気持ち

プロポーズに必要なのは気持ち、そして覚悟です。

世の中には特にプロポーズらしい言葉も無く、何となく結婚したというカップルも珍しくありません。
そうした事が悪いという事は決してありませんが、やはり女性はそうした言葉を愛する男性から貰いたいものです。
そういうところは女性は非常に夢見がちです。ぜひそうした女性の夢を叶えてあげましょう。
そしてせっかくならば、子ども達にも「お父さんはこんな素敵な事をしてくれた」と語り継がれていくようなものにしましょう。
悩んでいる男性は早速航空会社に連絡してみましょう。
各航空会社でそれぞれサービスも違いますので、自分が考えている以上のサプライズを演出してくれる会社もあります。
一生に一度のプロポーズを特別なものにしましょう。

関連キーワード