プロポーズ…言葉だけじゃダメですか?

2021.07.14 Propose
Share
プロポーズ…言葉だけじゃダメですか?

人生の一大イベント、プロポーズをどうしようかとあれこれ頭を悩ませている方は多いはず。
演出や、肝心の言葉など事前にしっかり決めて望むことをオススメします。
現状どんなプロポーズのシチュエーションをお考えですか?
今回は、そんなドキドキのプロポーズについて、オススメの演出や言葉をまとめました。

 

〇雰囲気や演出を大切にして伝えよう

プロポーズをする際には、「結婚しよう」という言葉だけではだめなのでしょうか。
人によっては言葉だけで十分ということもありますが、何の演出もないとがっかりしてしまうという人も意外と多いものです。
映画のワンシーンのようなロマンティックなプロポーズに憧れているという人もいます。
一生に一度のことですから、思い出に残るものにするようにしましょう。
大袈裟なサプライズ演出は必要ないけれど、何もないと寂しいと感じてしまうことも多いので、やはり夜景がきれいなレストランで食事をするだとか、自宅でもキャンドルを灯して雰囲気を出すなど、ムードを作るべく工夫をすることが重要になります。
一番オーソドックスなのは、ダイヤモンドが輝く指輪を取り出してプロポーズする方法です。
よくありがちな演出ですが、だからこそ誰もが憧れのシーンになっているんです。
勿論、相手の好みもあるので、普段の何気ない日常の生活感を大事にしたいという場合もあります。
相手の好みに合わせるようにしましょう。

 

〇彼女は手紙やお花でもうれしいもの

凝った演出は特別必要ないとは言えど、あなたが心を込めて考えた演出はそれだけできっと喜んでもらえるはず。
言葉だけ伝えるよりも、やはりテンションが上がります。
他人を巻き込んだ派手な演出は、苦手と感じる人も多いので避けておいた方が無難かもしれません。
サプライズ演出は、本人の自己満足と捉えられてしまうリスクもありますし、その反対にサプライズ演出が好きで派手な方が気分も盛り上がるということもあるので、相手の好みをしっかりと把握しておくことが大切です。

長く付き合っているからとはいえ、プロポーズまで普段と変わらない日常の延長のような形で済ませてしまうのはNG!一生忘れない特別な瞬間だからこそ、真心を込めて準備しましょう。
大掛かりでなくても、手紙を渡したりお花を用意したりするのがおすすめです。
長く付き合っていても、自分の気持ちを手紙にして伝えるという機会はほとんどないのではないでしょうか。
プロポーズに恋人から手紙をもらったら、それだけで特別な演出になります。
綺麗な花ももらって嬉しいもので、その場の空気を華やかな雰囲気にしてくれますよ。
派手なサプライズ演出よりも心がこもった演出、というのを念頭に置いて、プロポーズのプランを考えてみるのはいかがでしょうか?

 

〇指輪はふたりで選びに行こう

指輪はふたりで選びに行こう

プロポーズの際には言葉だけでなく指輪を差し出すという人も多いと思いますが、男性が婚約指輪を選んでしまうのは止めておきましょう。
女性は指輪のデザインやダイヤモンドのクオリティにこだわりがあることも多く、せっかく高いお金を出すのなら自分で気に入ったものを選びたいと思っていることが多いです。
指輪は非常に高価なものなので、納得のいくものを二人で選びたいのではないでしょうか。
デザインが気に入らないとテンションも下がってしまいます。
華奢なデザインが好きだと言っていたけれど、実際にはめてみたらしっくりこないということもしばしば。
アクセサリー選びというのはやはり実際に手に取って見てみないと難しいものがあります。

といっても指輪を差し出すシーンに憧れているという人もいるでしょう。
そういった時には、プロポーズリングを利用するのがおすすめです。
最近のブライダルジュエリーショップで行われているサービスで、プロポーズの時だけ使用する指輪を用意してくれます。
後から気に入った宝石やデザインを自由に選べるので、満足の行くものを選ぶことができますよ。
理想の演出を叶えることもできますし、納得のいく指輪を二人で選べるというメリットがあります。

 

〇プロポーズの言葉

プロポーズの言葉

演出を考えてプロポーズリングを用意して、用意完璧!とその前にちょっと待って!
肝心の、プロポーズの言葉はもうお決まりですか?
普段お話上手な人でも、とびきり緊張するプロポーズのタイミング。
お二人にとって一生忘れられない瞬間になるからこそ、想いも全て伝えきりたいですよね。
シンプルにするならそのとびきりの一文を、手紙などで深くしっかりとこれまでの想いを言葉にして伝えたい方はその手紙の内容を事前にしっかりと考えておく必要があります。

ちなみに、女の子は限りなくシンプルなプロポーズを好む傾向にあるようです。
もちろん本人の好みもあるので、それとなく理想のシチュエーションを伺ってみるのはいかがでしょう?

 

〇プロポーズの直前に確認!

演出も言葉も決まったプロポーズの直前、確認したいのが

  • ・当日の流れ
  • ・場所の予約
  • ・プレゼントの用意
  • ・プロポーズの言葉の用意

というこの4点。準備を進めるにつれ緊張が高まってくるかと思いますが、プロポーズを無事成功させてきた誰もが通る幸せな不安です。
一生に一度のソワソワ感をあえて楽しみながら、当日の成功をイメージして準備しましょう。

 

〇結婚はタイミング

結婚はタイミング

最後に少しだけ現実的な話をすると、結婚はお付き合いとは違い、タイミングも非常に需要になります。
仕事が忙しいタイミングではないか、その後の挙式や新生活にかかる資金は十分に用意できているか、そもそも人生設計上この時期で良いのか。
プロポーズの前に面と向かって聞く訳にもいかないのですが、この辺りは時間をかけて一つずつお互いの認識を知りすり合わせておく必要があります。
本人にこっそり聞いて解決することが難しい場合は、お友達の協力を仰ぐのも良いですね。

 

いかがでしたか?
結婚に避けては通れないプロポーズ。
お互いにとって一生忘れられない一大イベントになるのだから、ドキドキも不安も全部飲み込んで、とにかく準備から楽しんでみることをオススメします。
沢山言葉でまとめたけれど、何より一番必要なのはあなたの想いがこもったプロポーズであること。
緊張でせっかくの準備も何もかも忘れてしまった!という場合でも大丈夫です。
パートナーを想う気持ちだけは強く持って、プロポーズに望みましょう。

 

枯れないバラで感動のプロポーズを
↓↓

英語でプロポーズするなら下記記事をご覧ください。
↓↓
英語でプロポーズするならシンプルに伝えよう

逆プロポーズするなら下記記事をご覧ください。
↓↓
逆プロポーズ♡女性から男性へ贈る言葉

おとくこん

関連キーワード