7/31
まで!

男心も女心もキュンする博多弁プロポーズ♡

記事公開日:2023.02.20 / 最終更新日:2024.04.19
Propose
Share
男心も女心もキュンする博多弁プロポーズ♡

博多弁は、福岡県の方言のひとつです。

九州独特のイントネーションや語尾の変化が新鮮で、「かわいい」「親しみが持てる」といった声も聞かれます。

結婚したい相手が福岡出身なら、博多弁のプロポーズは喜ばれるかもしれません。

たっぷりの愛情を表現できる、表現力豊かな「博多弁のプロポーズ」をご紹介します。

 

70万円相当が無料!

結婚式プレゼントはこちら →

 

 

プロポーズされたらついOKしてしまいそう!博多弁ってどんな方言?

プロポーズされたらついOKしてしまいそう!博多弁ってどんな方言?

福岡出身のタレントさんも多く、テレビなどで耳にする機会が増えている博多弁。

どのような方言なのか、特徴を見ていきましょう。

 

福岡市を中心に使われる方言

福岡市を中心に使われる方言

博多弁は、福岡市を中心に使われる「筑前方言」です。

福岡県には博多弁のほか、北九州を含む東部で話される「豊日方言」、久留米市を含む南部で話される「筑後方言」などがあります。

同じ県内でもエリアによって言葉の言い回しやイントネーションは異なるため、「福岡の言葉=博多弁」というわけではありません

たとえば北九州では、博多弁のように「~たい」と言わず「~ちゃ」と言うのが一般的です。

また近年はテレビやインターネットで標準語に触れる機会が増えていることから、若い人でコテコテの博多弁を使う人は少なくなっている印象。

今回ご紹介する方言も、「こんな言い方がある」くらいにとらえてください。

 

キュンとする博多弁①「~と」

キュンとする博多弁①「~と」

博多弁では、「~と」を語尾に付けます。

標準語では「~だよ」「です」のような意味となり、語尾を上げれば「~なの?」と疑問文にもなります。

たとえばお菓子の名前にもなっている「とっとーと」は、「とってるんだよ」という意味です。

また「行ってみたいと」なら「行ってみたいんだよね」、「知らんと?」なら「知らないの?」のような意味になります。

語尾に「と」を付けるだけなので、県外の人も使いやすいかもしれません。

 

キュンとする博多弁②「~ばい・たい」

キュンとする博多弁②「~ばい・たい」

博多弁の言葉としては「ばい」「たい」も有名です。

「と」と同じように語尾に付けますが、より強い断定表現となります。

「◎◎君が好きって言っとったばい!=◎◎君が好きって言ってたよ!」

「うそったい=うそだよ」また「好いとうばい」

なども表現としてはアリですが、ややコテコテすぎる印象です。

若い人は、あまり使わないかもしれません。

 

キュンとする博多弁③「~やけん」「~ちゃけど」

キュンとする博多弁③「~やけん」「~ちゃけど」

「~やけん」「~ちゃけど」は、「~だから」「~なんだけど」という意味の博多弁で、日常的に使われます。

博多弁で告白する人は、「好きやけん、付き合って」「◎◎君のこと、好きっちゃけど」などと言うでしょう。

 

女心をキュンとさせる博多弁のプロポーズ

女心をキュンとさせる博多弁のプロポーズ

男性の博多弁は、言葉が強くりりしく響きます。

それでいてどこかかわいらしさもあるので、告白やプロポーズにはぴったりの方言といえるかもしれません。

女性の心をキュンとさせる、博多弁のプロポーズをご紹介します。

 

ばり好きやけん、結婚せん?

ばり好きやけん、結婚せん?

すごく好きな女性がいて結婚したい…、と思ったときにおすすめの博多弁です。

「ばり」は、「とっても」「すごく」という意味で、若者も普通に使います。

標準語では、「すごく好きだから、結婚しない?」という意味です。

プロポーズされるとき、「好き」の一言が欲しいと感じる女性は少なくありません。

「好きだから」とプロポーズされれば、女性の喜びはより一層大きくなります。

また男性からすると、改まって「好き」と伝えるのはハードルが高いもの。

しかしフランクな響きの博多弁でなら、気楽に口にできるのではないでしょうか。

 

大事にするけん、結婚してくれん?

大事にするけん、結婚してくれん?

「大事にするから、結婚してくれない?」という意味の博多弁です。

博多弁特有のあたたかみが感じられ、相手の心に響くプロポーズの言葉となるでしょう。

結婚したら急に男性が冷たくなった…などの話を聞くケースは少なくありません。

プロポーズで「大事にする」と言われれば、女性の結婚への不安がグッと小さくなるはずです。

なお「大事にするって決めたから」という言い回しにしたい場合は、「大事にするって決めたっちゃけん」となります。

 

2人でおったら楽しかけん、結婚したいとよ

2人でおったら楽しかけん、結婚したいとよ

標準語で言うと、「2人でいたら楽しいから、結婚したいんだよ」という意味。

「楽しいけん」ではなく「楽しかけん」とするのがポイントです。

好きな男性から「一緒にいるといつも楽しい」と言われるのは、女性にとってはうれしいものです。

男性との将来をリアルに感じられる、非常に魅力的なプロポーズの言葉となるでしょう。

 

この教会で結婚式ば挙げん?

この教会で結婚式ば挙げん?

「この教会で結婚式を挙げない?」という意味の博多弁です。

博多弁では、「~ば」は、「~を」という意味で使われます。

男性によっては、「結婚しよう」とストレートに言うのが恥ずかしい人もいるでしょう。

きれいな教会の写真などを見ながら、「この教会で結婚式ば挙げん?」と言えば、女性にとってはすてきなサプライズとなるに違いありません。

もしも「それってどういう意味?」と女性に問いただされたら、今度はきちんとプロポーズの言葉を伝えてください。

このときの言葉は、シンプルに「結婚しよう」でよいでしょう。

 

「70万円相当が無料!結婚式プレゼントはこちら」
⇒ お問い合わせください。

 

男心をキュンとさせる博多弁のプロポーズ

男心をキュンとさせる博多弁のプロポーズ

女性が口にする博多弁は愛嬌があって、響きがかわいいと評判です。

付き合っている男性に「逆プロポーズしたい!」という女性は、博多弁で男性の心をキュンとさせましょう。

女性からのプロポーズにおすすめの博多弁のセリフをご紹介します。

 

お嫁さんになってあげてもよかよ

お嫁さんになってあげてもよかよ

お互いに結婚を意識しているのに踏み切れない…そんなときにぴったりのプロポーズです。

「お嫁さんになってあげてもいいよ!」と茶目っ気たっぷりに言うことで、男性も「じゃあ、結婚しようか!」と返答しやすくなるでしょう。

女性から「結婚したい」と直球を投げるのはなかなかの勇気が必要となります。

博多弁の優しく明るい響きが、逆プロポーズのハードルを下げてくれるに違いありません。

 

私もウェディングドレスば、着てみたいっちゃけど!

私もウェディングドレスば、着てみたいっちゃけど!

ウェディングドレス姿の花嫁さんを見たときなどに、さり気なく口にしてみましょう。

博多弁でかわいらしく「ウェディングドレスを着てみたいんだけど!」と伝えれば、男性にも結婚の意思がストレートに伝わるはずです。

このほか「私のウェディングドレス姿ば、見たくなかと?」などと伝えても、キュートな逆プロポーズとなります。

 

私と毎日一緒におったら、ばり楽しかよ!

私と毎日一緒におったら、ばり楽しかよ!

男性とずっと一緒にいたいと思ったときにおすすめの博多弁です。

「私と毎日一緒にいれば、すごく楽しいよ」とアピールすることで、男性に結婚を意識させます。

結婚後の生活がイメージできず、プロポーズに踏み切れない男性も少なくありません。

「楽しいよ!」と笑って言えば、男性の不安を軽減できます。

 

◎◎君を幸せにできるのは、私しかおらんやろうもん

◎◎君を幸せにできるのは、私しかおらんやろうもん

標準語では、「◎◎君を幸せにできるのは、私しかいないでしょ!」という意味です。

かなり強気な表現ですが、博多弁ならかわいらしい響きとなります。

あまりにも言葉が強気すぎると感じる場合は、「◎◎君を幸せにできるのは、私しかおらんとよ」という博多弁もおすすめです。

「~ろうもん」より「~とよ」を使うほうが、ややソフトな表現となります。

また「私を幸せにできるのは◎◎君しかいない」と言いたい場合は、主語を入れ替えてみてください。

 

【男心も女心もキュンする博多弁プロポーズ♡ まとめ】

博多弁で思い出に残るプロポーズを九州独特のイントネーションと言い回しを持つのが「博多弁」です。

男性が口にするとりりしく頼りがいのある印象に、女性が口にすると愛嬌があってかわいらしい印象となります。

博多弁のプロポーズは、相手が九州出身の場合はもちろん、ひねりの利いた言い回し・言葉を探している人にもおすすめです。

~と」「~けん」などを語尾に付け、プロポーズの言葉を口にしてみましょう。

素朴であたたかい博多弁の響きが、プロポーズの瞬間をより一層盛り上げてくれるに違いありません。

プロポーズのあと、おふたりにぴったりの会場をお探しの際はOtokukonにお声がけください。

会場はもちろん、ドレス、お料理など、おふたりの希望に合わせたプランをご提案いたします。

 

70万円相当が無料!

結婚式プレゼントはこちら →

関連キーワード