こだわりを散りばめる!手作りブライダルアクセサリーのアイデア

2019.03.13 Dress

Share
この記事を

一生に一度の特別な日、そんな記念の日に自分らしいブライダルアクセサリーやアイテムを手作りしてみてはどうでしょう。いろいろ見てみたけれどイメージと違う、なかなか好みのデザインや色がないなど、そんなときは思い切って自分で作ってみるのもひとつです。素材やデザインにこだわった世界にたった一つしかないブライダルアクセサリーを身につけることで、一生忘れられない最高の一日をさらに煌めいたものになります。
 

顔周りの印象を決める耳元

イヤリング

手作りするアクセサリーにはピアスネックレスヘッドアクセサリーなどがありますが、特にピアスやイヤリングは顔まわりの雰囲気を決めるとても大切なものなので、他のアクセサリーとの相性を考えてデザインを決めたいものです。最近の傾向としてデザインは色々ですが、大ぶりなものが多く素材はビジューや房飾りをあしらったデザインが人気のようです。例えば純白のウエディングドレスに合わせて白のコットンパールを使用しアクセントにブルーのモンタナのビジューをあしらったものや、耳元にゆらゆらと揺れる大きなリボンを付けたり、鎖骨に届くくらいの房飾りをつけたピアスはシンプルですが大人っぽい落ち着いた雰囲気が印象的です。また大きな一粒ビーズのピアスはシックなウエディングドレスにぴったりで全体を清楚で上品な雰囲気にしてくれます。

 

ネックレスは耳元と統一感を出して

ネックレス

ネックレスは首元を華やかに彩ってくれる大切な品ですが、ヘッドアクセサリーや耳元を飾るピアスと素材を合わせた方が統一感がでます。耳元をシンプルにした場合は、その分ヘッドドレスかネックレスのどちらかを華やかにすることですっきりとバランスのとれた仕上がりになりますし、ウエディングドレスがレースのハイネックの場合はネックレスをしない代わりにきらきらしたビジューのヘッドアクセサリーを髪に飾ったり、胸元が大きくあくドレスを着る場合はティアラを少し小さめにして、同じ素材を使用した中央が長くなったデザインのネックレスを付けたりすることで可憐さと華やかさを同時に演出できます。また真っ白なパールだけを使用したチョーカータイプのものは清楚で上品な印象になりますし、細いワイヤー素材を幾重にも重ねて使用したものは真ん中に大粒のパールをあしらうことで首回りをすっきり見せシンプルで大人っぽい雰囲気を出してくれます。

 

自分好みのヘッドアクセサリーを作ろう

headacc

ヘッドアクセサリーにもいろいろなものがあります。たくさんのお花を輪っかにして頭にのせる花冠タイプはワイヤーで輪を作って好きな花を巻き付けていくだけなので比較的簡単に作れ初心者にもおすすめですし、造花でつくれば記念として保存しておくこともできます。ワイヤーチェーンで作るヘッドの飾りもビーズやパールなどの飾りを通すだけなのでイメージに合わせやすく、ワイヤーを糸や革紐など別の素材に変えることで雰囲気も変わってきます。頭に巻いてうなじで結ぶボンカチューシャも上品でおしゃれです。材料は自分の好きなリボンと透かしパーツなどで、ビジューやパールなどを多く使用すれば華やかになりますし、逆にパールなどを少な目にすればナチュラルな印象に仕上がります。他には芯にした厚紙にサテン布を付け髪留め用のピンとリボンなどの飾りをつけた小さな帽子のようなヘッドドレスティアラの手作りもできます。さすがにティアラになるとデザインから材料選び、製作までを自分でやろうとすると大変なので、そんなときは市販の手作りキッドを利用すれば材料から作り方まで全て揃っているので自分の好みのデザインを選ぶだけで簡単に作ることができます。

 

手作りと聞くととても難しいように感じてしまうかもしれませんが意外と簡単に作れるものもあるので、こだわりのあるブライダルアクセサリーが欲しい人はぜひ挑戦してみてください。

 

 

  • to-mo
  • キュレーター:to-mo