これはすごすぎ!みんなもびっくりな結婚式の再入場サプライズ実例

2018.07.15 DIY
Share

入場は結婚式を盛り上げるシーンの一つ

結婚式は結婚する二人にとって重要なビッグイベントであり、思い出に残る最高の日にしたいと考えるのは当然のことではないでしょうか。
新郎新婦が主役ということは確かですが、新郎新婦のみが楽しめば良いというわけではなく、参列してくれたゲストをいかに楽しませることができるのかも重要なポイントとなってきます。
結婚式を盛り上げるシーンの一つとなるのが入場です。

再入場ではサプライズ演出を

最初の入場はもちろんのこと、再入場ではサプライズ演出をしてゲストにびっくりしてもらうことで、より場を盛り上げることにつながります。
新郎新婦の仕事が印象的な制服の職業の場合には、それに着替えて現れたり、楽器が演奏できる場合には楽器の演奏をして現れるというのも珍しい演出でサプライズ感を高めることができます。
楽器の演奏はできないという時には、音楽に合わせてダンスを踊りながらの入場にしておくと見ている人も楽しくなります。
本格的なダンスを踊る必要はもちろんなく、盛り上げようという気持ちで頑張れば会場の雰囲気も良くなるので問題はありません。
ナイトウエディングで時間帯が遅めで外が暗い場合に、ガーデンなど屋外から入場する場合には、後ろで花火が上がるようにするなど、日頃はなかなかないことを行うとゲストの印象にも大きく残る式にすることができます。
ヘアカットをして現れるというのも驚きを与えることができるので、ヘアカットをする勇気がある新郎新婦は衣装と同時に髪型も大幅に変えてみるというのも一つのサプライズになるのではないでしょうか。
ゲストにペンライトを配り、ライブのようにペンライトを振ってもらうというのも、会場が一体化しながら珍しい演出になり盛り上がります。
ペンライトにより幻想的な雰囲気にもなるので、それまでとは違った雰囲気で楽しめます。
ペンライトにやる演出は、難しいことはできないという時にもぴったりです。

他にも簡単な方法はある!

他にも簡単な方法として、箱から飛び出すという方法もあります。
古典的で簡単な方法ですが、だからこそ面白いので場が笑いに包まれます。
この時には、照れてしまわず思い切って飛び出すようにすることがポイントです。
近年では割と定番化しつつあるのが、新郎がビールサーバーを背負い、ゲストにビールを注いで回るというものです。
定番ではありますがゲストへの思いやりの気持ちが伝わり、盛り上がります。
この際に新婦がおつまみを配って歩くと、より喜んでもらえます。再入場時に、新郎新婦が現れると思いきや、会場のスタッフや新郎新婦の両親が代わりに現れて、新郎新婦は初の入り口から颯爽と登場するというのも、驚きと意外性があり笑いにもつながり盛り上がります。

サプライズによって結婚式はより盛り上がる

スクリーンを使った演出の再入場も場を盛り上げるにはぴったりで、スクリーン越しに二人のシルエットを映し出し、何色のドレスにお色直しをしたのかを当てるゲームを開催するというのも、楽しんでもらえます。 絶対に当たらないであろう色のドレスを選んでいる場合には、ドレスのカラーを当てることができた人にサプライズでギフトをプレゼントすると、喜びもある演出になります。
大量の風船を再入場時に振らせるようにし、一般的な丸い形の風船の中にハート形のものを混ぜておき、それをゲットした人にギフトを贈るというのも喜びにつながります。
どの演出にも当てはまることですが、新郎新婦がただ自己満足で楽しむのではなく、ゲストに喜んでもらいたいという気持ちを持って再入場時のサプライズ演出を考えるようにすることが必須となります。
サプライズを行うことにより、結婚式をより盛り上げることにつながり、結婚式に参加した経験が多いゲストにも楽しんでもらえるようになります。

関連キーワード