和婚にぴったり!お花を使ったおしゃれな和風ウェルカムボードデザイン

2018.07.27 DIY
Share

和婚のウエルカムボード

結婚式といえば洋装でウェディングドレスを着用し、洋風に行いたいという人も多いですが、近年では和装で日本ならではの雰囲気や、豪華で他とは異なる雰囲気になるものを求める人も多くなりました。
その際には演出や会場の装飾も和婚に合うように和風にすることで、式場を一体化することがポイントとなってきます。
まず第一印象を左右することになる重要なものとなるのが、ウェルカムボードです。
ウェルカムスペースに飾ることになるウェルカムボードは、結婚式の顔となら重要な存在であり、結婚式の印象を左右することになので、和の式のテーマに沿った日本風なデザインにこだわりましょう。

和風のウェルカムボードのデザイン

和装にぴったりの和風のウェルカムボードのデザインは豊富にありますが、やはり花を使用したものが華やかでありお洒落で可愛くなるのでオススメです。
和のテイストをしっかり演出するためには、花のチョイスがかなり重要なポイントとなってくることは間違いありません。
菊や胡蝶蘭、カサブランカなど、和の雰囲気を演出するのにぴったりな花は沢山あります。
アレンジや花の組み合わせ方によって、雰囲気にも大きな違いが生まれることになります。
ただ単に大量の花を使えば良いというものではなく、和だからこそ雅な雰囲気にするために、あえて花は少しだけワンポイントとして使うというのも一つのアレンジ方法です。
ウェルカムボードのガラス面に花を貼り付けるという方法は、簡単であり手作りでも可愛い見た目に仕上がりやすいですが、その際に余り高さのある花では、そこの部分だけ出っ張りが生まれてしまうので、低目の花にしておくことで、額と一体化し統一感があり素敵な仕上がりになります。
前撮りの和装の写真がある場合には、それを使って花を花嫁の髪飾りに見立てるなど、少しのアレンジでもかわいらしく仕上がります。

和の雰囲気を演出

和の雰囲気を演出するということもあり、筆で書かれた文字を使ったウェルカムボードも独特で雰囲気をアップさせることを成功させることができます。
花だけではなく、和ならではの雰囲気を演出することができる扇子と組み合わせたウェルカムボードも独特の雰囲気であり、豪華に見せることができます。
和といえば紅白というイメージがあるように、花のカラーも赤と白を使っておくと和の雰囲気をより高めることができます。
それ以外にも胡蝶蘭を一本だけメインとして使用し、あとはシンプルに黒と金色の背景のボードにするということも雰囲気があり、上品な和の結婚式にはぴったりといえます。

雅な雰囲気を演出

もちろん近年では形式にはとらわれないというスタイルの人が多くなっており、和装だからと言って必ずしも和の雰囲気を前面に出さなくてはならないということでもありません。
しかし、やはりお花や扇子を組み合わせたり、和の雰囲気を出すことによりお洒落で統一感をアップさせられます。
押し花にしてシンプルなデザインにしても、和婚の場合には雅な雰囲気を演出することができます。
もちろん全てがシンプルとなってしまうと、寂しい雰囲気になってしまうので、メリハリはしっかりとつけておくべきです。
生花だけではなくプリザーブドフラワーを使うなど、その時期にはない花を使うこともできるので、よりデザインの選択肢は豊富になり、どんなデザインにすれば良いか悩むのは当然のことですが、和の結婚式にぴったりで、お洒落でもあり印象にも残る、自分たちならではの一つを作り上げていくことが大切です。
デザインの良し悪しによって結婚式の雰囲気を左右するということはしっかりと頭に置いておき、より適しているボードを設置して会場の雰囲気を和装婚ならではのものに盛り上がるようにしておくことが大切になってきます。

関連キーワード