LOVE神社が話題!彼と防府天満宮へ結婚祈願に行こう

2017.10.17 Column
Share
LOVE神社が話題!彼と防府天満宮へ結婚祈願に行こう

山口県のLOVE神社の石碑

現代の新しい結婚祈願の形として山口県に存在しているLOVE神社の石碑が流行になっています。
LOVE神社とはあらゆる生活に混沌とした要素が存在している世界でも人を思う気持ちが失われないように有名デザイナーが設計をし奉納した石碑の事を指します。

山口県の防府天満宮

この石碑は山口県の防府天満宮を中心に全国の神社に奉納されており、結婚祈願を含めた愛情に対して効果があるとされパワースポットとして多くのメディアに紹介され女性の間では人気スポットとして存在しています。
中でも山口県の防府天満宮の御祭神菅原道真公は子宝に恵まれ、家族愛に満ちていたとされているため縁結びや恋愛成就にご利益があると伝承の観点からも保証されている場所として有名なので、結婚祈願の効果も高く人気スポットです。
そのため毎年多くのカップルが訪れ、境内は幸せな空気に包まれています。山口県のLOVE神社の石碑

防府天満宮

防府天満宮はこういった御利益以外にもカップルの互いを思う気持ちを盛り上げる要素が存在しており、代表的な例として歴史的な建造物が存在しています。
広い境内にある春風楼は修復されてはいますが、建立された当時の雰囲気を存分に感じる事のできる建造物として有名で春風楼から見える景色は季節によって様々な絶景を魅せてくれるので、この場でプロポーズをしたカップルは毎年季節毎に訪れ二人の愛を確かめあっている様子が伺えます。
そして大専坊には歴史的な国の平定を決定づけた場所としても有名なため、恋愛に欠かす事のできない平和な世界と歴史を二人で感じるには最適な場所です。
そして一番有名なLOVE神社の石碑ですが、この石碑のデザインは神社のデザインとは一風違いメッセージ性を強く押し出した物になっています。
一番特徴的なのは石碑の模様を四分割し、そこにそれぞれLOVEの文字を現代デザイン風にアレンジし掘っている点で神社の結婚祈願の効果をより分かりやすくしてます。
またOの文字には鳥居が合わせて彫られているため、現代のデザインながらも神を崇めるという意思と他人を大事に思う愛情が強く現れています。
神社の至るところに幸せ要素のある防府天満宮ですが、様々な年間行事が開催されているのでそれに合わせて訪れるのもお勧めです。
特に毎年5月1日から5日に開催されている幸せますウィークは、1000鉢近くもの花を用いた花回廊が作られており花文字で作られた幸せますのロゴを見るべく毎年多くのカップルが訪れます。
よりムーディーな雰囲気を楽しみたい方は夜間公開の時刻もお勧めで、時間になると表参道石灯篭にロウソクを灯すので星空や花の色どりの中で二人の世界に浸るのも一つの楽しみ方です。
尚、飾られている花鉢は祭事終了後にお福分けとして1鉢100円で1人2鉢まで受ける事ができるため2人で子宝のように育てている方もいます。

防府天満宮

防府天満宮へのアクセス

さらに開催期間中の夕方から夜にかけては定期的に民謡やピアノ演奏を含めた演奏会が開催されるので、音楽を楽しみながらパートナーとの結婚祈願をしたい人に非常にお勧めです。
LOVE神社の石碑との雰囲気を重視したいという方は5月中旬に開催される金鮎祭もお勧めで、このお祭りは建立当時御もてなしを受けた菅公が感謝の気持ちとして金の鮎を贈呈したとされ他の者との縁を大変重要視しているお祭りの1つです。
そのため結婚だけでなく恋愛や友情を祈願する人で溢れかえる程の人気スポットになっています。
この他にも梅祭や弓始式等歴史的な祭事が多数催されているので、結婚記念日に合わせた行事参加を計画するのもお勧めです。
さて結婚祈願に最適なLOVE神社の防府天満宮へのアクセスですが、鉄道で行く場合は山陽本線防府駅から徒歩15分の場所です。
分からない方は防府駅の天神口2番乗り場より、阿弥陀寺行のバスで防府天満宮に行けるのでこちらの利用をお勧めします。傘

関連キーワード