6/30
まで!

フォトウェディング(フォト婚)の失敗談を紹介!失敗しないためのポイント

記事公開日:2022.12.02 / 最終更新日:2022.12.02
Photowedding
Share
フォトウェディング(フォト婚)の失敗談を紹介!失敗しないためのポイント

フォトウェディング(フォト婚)して失敗してしまった、という声をよく耳にします。

「どんなことで失敗してしまうのだろう?」

「失敗しないためどんなことに気をつけるべきだろう?」と不安にもなりますよね。

フォトウェディングは手軽に行える反面、事前のリサーチや予約前に確認し得た情報次第で納得いくフォトウェディングが叶うかどうかが決定します。

失敗するよくある原因は大きく5つ あり、事前確認や準備をしっかり行えば誰でもこの問題をクリアすることができますよ。

この記事では、フォトウェディングで「よくある失敗談」と「失敗しないためのポイント」を具体的に探っていきます。

これからフォトウェディング(フォト婚)を検討している方は、後悔しないためにこの記事を参考にしてぜひ役立ててくださいね。

 

フォトウェディング(フォト婚)のよくある5つの失敗談

フォトウェディング(フォト婚)のよくある5つの失敗談

フォトウェディング(フォト婚)でよくある失敗談は大きく5つあります。

特にプラン内容に含まれているのも、オプションになるもの、持ち込みの可否は費用面でも大きく差が出る部分になります。

フォトウェディング(フォト婚)を予約する際は、費用面ヘアメイク衣装撮影写真データなど、色々な角度から慎重にリサーチしいくつかの会社を比較することがおすすめです。

どのような失敗談があるのか具体的に知っておきましょう。

 

費用重視の失敗談

費用重視の失敗談

費用ばかりを重視し、プラン内容をしっかり確認せず結果的に追加料金が発生してしまう失敗例は多くあります。

失敗する新郎新婦の多くは、目先の料金だけでフォトウェディング(フォト婚)を決定し、他会社とのプラン内容を比較しないことが原因です。

節約してフォトウェディングを考えている新郎新婦がいたら、まずは一旦立ち止まりプラン内容を1つ1つ確認してみてくださいね。

 

安いプラン内容

フォトウェディング(フォト婚)の安いプラン内容には何かしらの理由があります。

費用を節約しようと安いプランを予約したら、「衣装やヘアメイクが含まれていなかった」「写真データの枚数が少なかった」など、失敗してしまうことがあります。

結果的に、「オプションとしてプラス料金を支払うハメになり高い料金でのフォトウェディングになってしまった」ということもあります。

 

持ち込み不可

持ち込み不可

フォトウェディング(フォト婚)のプランの中には、衣装などの持ち込み不可な場合もあります。

「持ち込みについて記載がなく、予約後に実は持ち込み不可を知り失敗した。」

「衣装込の料金プランだから衣装の持ち込みは大丈夫だろうと思っていたら、持ち込みできず失敗した。」などの失敗談があります。

持ち込みが決まっている場合は、確認をしないと後悔することになりますよ。

 

ヘアメイクの失敗談

ヘアメイクの失敗談

フォトウェディング(フォト婚)のヘアメイクは「イメージ通りにならなかった」ことが失敗談の中で最も多いです。

ヘアメイクさんと意思疎通ができていないと「メイクが濃すぎる」、「メイクが薄すぎる」、「色味が違う」など失敗する原因になります。

限られた時間の中で、どれだけ同じイメージを共有できるかがポイントになりますよ。

 

おまかせヘアメイク

「自分に似合うヘアメイクが分からず、おまかせにしたら違和感があるメイクになってしまった。」という失敗談があります。

初めて会うヘアメイクさんには、自分の普段の雰囲気や好みなどは伝わりません

フォトウェディング(フォト婚)の慣れたプロのヘアメイクさんであっても、自分自身が納得した仕上がりにならなければ失敗に終わってしまいますよ。

 

口頭だけで伝える

口頭だけで伝える

フォトウェディング(フォト婚)のヘアメイク希望を口頭だけで伝えることは、双方の認識に誤差がうまれ失敗ヘアメイクの原因になります。

人によって感覚が違うので思い通りの希望が口頭だけで伝わることは少ないでしょう。

「口頭だけで伝わると思った」という考えでなく、失敗しないために口頭以外でも分かりやすく伝える手段を見つけることが大切です。

 

衣装の失敗談

衣装の失敗談

フォトウェディング(フォト婚)での衣装の失敗談で1番多い理由は、「好みの衣装を着ることができなかった」ことです。

事前の衣装の確認不足が原因で花嫁さんを輝かせる衣装選びで失敗してしまうことは後悔が残ってしまいます。

失敗談を参考に、衣装選びに役立ててくださいね。

 

衣装の点数

衣装の点数

フォトウェディング(フォト婚)のプランに含まれている衣装の点数は通常1点が多いです。

「和装も洋装も着たい」「ドレスは2種類着たい」など、2点以上の衣装でフォトウェディングを希望していたのに、実際は1着しか着ることができなかった失敗談があります。

2点以上の場合は、プラス料金がかかることがほとんどなので注意してくださいね。

 

選べる衣装の種類やサイズ

フォトウェディング(フォト婚)では結婚式に比べ、選べる衣装に限りがあることが多く失敗してしまうことがあります。

その中でも「選べる種類が少なく気に入ったドレスがなかった」、「気に入ったドレスのサイズが合わなかった」という失敗談が多いです。

自分好みの衣装を持っているフォトウェディング会社を見つけられるかが鍵になりますよ。

 

撮影時の失敗談

撮影時の失敗談

フォトウェディング(フォト婚)の撮影での失敗談は、出来上がりの写真に納得がいかずに後悔することです。

カメラマンの技術、経験値、得意なテイスト次第でイメージ通りの納得した写真が撮れるかが左右されます。

一生の記念に残るフォトウェディングの写真を失敗しないために参考にしてくださいね。

 

技術力や写真のテイスト

技術力や写真のテイスト

フォトウェディング(フォト婚)ではカメラマンの知識や経験値次第で出来上がりに大きな差が生じ失敗することもあります。

写真がブレている、同じような写真ばかり、好きなテイストと違う、など出来上がった写真を見て失敗に気づくこともあります。

やり直しが効かないフォトウェディングでは、他がどんなに完璧であっても写真の出来次第で1番の失敗に繋がりかねません。

 

ポーズや表情のイメージ

ポーズや表情のイメージ

緊張+初めてのフォトウェディング(フォト婚)で思うように自然なポーズや表情の写真を撮ることができず失敗することがあります。

参考写真のように綺麗な出来上がりをイメージしても、実際は表情がこわばってしまったり、ぎこちないポーズになってしまうことが多々あります。

普段写真を撮られ慣れていないと、上手にポージングすることは難しく失敗してしまう可能性もあるのです。

 

写真データの失敗談

写真データの失敗談

写真データの編集やカット数を増やすことで更にプラスの料金がかかり失敗してしまうこともあります。

フォトウェディングプランの内容にカット数やレタッチ込みの料金の記載がされていない場合は注意が必要です。

 

レタッチ費用

レタッチ費用

出来上がりの写真がレタッチされておらず、レタッチする場合はプラスで費用がかかる失敗談があります。

フォトウェディングでは何十枚〜何百枚もの写真を撮るので、さらにレタッチの追加料金がかかると予想以上に高い金額になる場合もあります。

レタッチ込みの料金で記載をされているフォトウェディングプランがおすすめです。

 

カット数

カット数はあくまでもシャッターを切った数になるため、枚数が想定よりも少なく失敗してしまうケースがあります。

カット数が多くても、目つぶりやピントがブレている写真も多く実際に残せる写真が少ない可能性があるからです。

フォトウェディングでは実際の納品枚数も重要になるのです。

 

フォトウェディング(フォト婚)で失敗しないためのポイント

フォトウェディング(フォト婚)で失敗しないためのポイント

上記のようにフォトウェディング(フォト婚)で失敗をしないためには、予めの確認や準備などが必須です。

フォトウェディング(フォト婚)について知識が少なく、表面的なプランだけを見て契約してしまうと失敗に繋がりかねません。

失敗しないために参考にして欲しいこの記事をぜひチェックしてくださいね。

 

費用面での失敗しないポイント

費用面での失敗しないポイント

フォトウェディング(フォト婚)での予算を事前に決め、不明なプラン内容をしっかりと質問しましょう。

確認不足により予想外の出費で予算オーバーになってしまうこともあります。

フォトウェディングのプランをいくつか比較し、一般的にプランに含まれている項目を書き出してみるのもおすすめですよ。

 

プラン内に含まれているものを確認

プラン内に含まれているものを確認

予約前にフォトウェディングプランに含まれているものを事前に確認することで、本当に予算内に収まるのかを再確認することができます。

失敗しないためにも、「必要なのに含まれていないもの」と「どんなものに追加料金がかかるのか」を具体的に担当者に確認してみてくださいね。

失敗を防ぐ方法になりますよ。

 

オプション料金を確認

オプション料金を確認

オプションはどんなものがあり、それぞれの料金を確認することを心がけましょう。

オプション内容を知ることで、フォトウェディングで必要なものが見えてきます。

プラン内容を見直し、理想を叶えるために必要なものを見極めることもできますよ。

予算オーバーで失敗しないためにはプランを決める際にオプション内容と料金も確認するようにしてくださいね。

 

持ち込み可能かどうかの確認

持ち込み可能かどうかの確認

フォトウェディング(フォト婚)では、必ずしも全ての会社で持ち込みが可能なわけではありません

特に持ち込みたいものが先に決まっている場合は、「持ち込み可能か」「持ち込み料はかからないか」などを確認することで失敗を防ぐことができます。

費用面で節約したい方は、持ち込み自由なフォトウェディングプランに申し込むことをおすすめします。

 

打ち合わせ回数や接客態度の確認

打ち合わせ回数や接客態度の確認

フォトウェディング(フォト婚)のプランが安い場合、打ち合わせ回数や担当者の接客態度に注意してください。

問い合わせに対して返信が遅かったり、的確な回答がない場合はその後の打ち合わせにも影響が出る可能性があります。

どんな対応をしてくれるのかしっかり見極めることで失敗を防ぐことにも繋がりますよ。

 

ヘアメイクでの失敗しないポイント

ヘアメイクでの失敗しないポイント

フォトウェディング(フォト婚)で失敗しないヘアメイクをするためには、要点を抑えて画像などで具体的な要望を伝えることです。

全く同じサンプルがなく、最も要望が伝わりづらく失敗しやすいのがヘアメイクです。

失敗を最小限にするための大切なポイント」をご紹介します。

 

ヘアメイク画像を用意する

フォトウェディング(フォト婚)のヘアメイクを分かりやすく伝える手段は、画像を見せながら要望を伝えることです。

画像を見せることで、細かい色味や雰囲気など言葉で伝えづらい部分までを共有することができます。

画像は1つだけでなく、似たような雰囲気の参考になるものを複数枚用意できると、失敗せずにより要望を伝えやすくなるでしょう。

 

当日着る衣装や撮影場所を伝える

当日着る衣装や撮影場所を伝える

当日のフォトウェディングの撮影場所や衣装を画像で見せると、ヘアメイクさんもイメージを掴みやすくなりますよ。

また、衣装や撮影場所を伝えることで写真全体のバランスを考えたヘアメイクが叶います。

失敗しないためには、実は「ヘアメイク意外の情報も伝えることがポイント」になりますよ。

 

こだわりポイントを具体的に伝える

こだわりポイントを具体的に伝える

「強調したい部分」「隠したい部分」などのこだわりポイントを具体的に伝えるようにしましょう。

例えば、フォトウェディングでは目力を強く見せたいので目元のメイクを強調し、逆にコンプレックスに思う部分は強調されないように色々な角度で伝えてみることが大切です。

プラス部分だけでなく、マイナス部分も伝えることで失敗せず成功の道へ近づけますよ。

 

リハーサルの有無を確認

フォトウェディング(フォト婚)のヘアメイクはリハーサルをしないことが多いため、リハーサルの有無を確認することは大切です。

当日にぶっつけ本番が心配な方は、リハーサルを希望することもできます。

リハーサルをすれば時間を気にせず、ヘアメイクさんと相談しながらヘアメイクを決めることもできます。

当日に失敗しないためにも、予算と時間に余裕がある方は検討してみてくださいね。

 

衣装での失敗しないポイント

衣装での失敗しないポイント

衣装で失敗しないためのおすすめポイントは、着たい衣装をリサーチし予約前に似たデザインやサイズがあるかどうかを確認することです。

衣装にこだわりがある場合は、取扱ドレスの種類や持ち込みの可否を先に確認しておくことで失敗を防ぐことができますよ。

フォトウェディング(フォト婚)では、衣装にこだわりたい花嫁さんも多いはずなのでぜひ参考にしてくださいね。

 

撮影日に着たい衣装が着用可能か確認

撮影日に着たい衣装が着用可能か確認

着たい衣装が見つかったら、まずはレンタル可能な日にちを確認しましょう。

撮影希望日に先約があり、レンタルできず失敗する可能性もあるからです。

フォトウェディング(フォト婚)の候補日がいくつかある場合は、着たいドレスがレンタルできる日程に合わせて予約することも必要ですよ。

 

デザイン、サイズ展開の確認

デザイン、サイズ展開の確認

サイズに不安がある場合は先に自分サイズを伝え、どのようなデザインの衣装があるかを確認してください。

好きなデザインの衣装が見つかっても、自分に合うサイズがないこともあり得ます。

フォトウェディング(フォト婚)で失敗しないためには、見た目では分かりづらいサイズ感も意識し試着をしてみるのも良いでしょう。

 

グレードアップ料金の確認

グレードアップ料金の確認

フォトウェディング(フォト婚)の衣装を決める際によくある話が、グレードアップ料金です。

プラン内では1番低い金額の衣装しかレンタルできず、気に入ったデザインの衣装はプラン内ではなくグレードアップせざるおえない場合もあります。

予想外の料金を支払うことになり、費用面でも失敗してしまう可能性があるのでプラン内でレンタルできる着数を明確に知っておきましょう

 

持ち込み衣装の可否確認

フォトウェディング(フォト婚)では選べる衣装の種類が少ない可能性もあるため、持ち込みも視野に入れ可否を確認するようにしましょう。

本当に着たい衣装がある場合は、予約する前に必ず持ち込みの可否を確認してください。

着たい衣装があるのに、プランの制限で着ることができなければフォトウェディング自体が失敗に終わってしまいます。

持ち込み予定か分からない場合であっても、先に確認をしておくことをおすすめします。

 

撮影時に失敗しないポイント

撮影時に失敗しないポイント

フォトウェディング(フォト婚)で撮影時に失敗しないポイントは、参考になる理想の写真を探すことです。

イメージする撮影場所、雰囲気、ポーズ、アイテムなどを決めておくとスムーズに撮影に入ることができ、カメラマンにもイメージの共有がしやすいでしょう。

全てをカメラマン任せにせず、フォトウェディングポーズについても2人で予習しておくことが失敗しない秘訣になりますよ。

 

表情や姿勢を事前に練習

表情や姿勢を事前に練習

フォトウェディング時の表情や姿勢は、事前に鏡の前で練習をしてみてください。

本番では意識しても簡単に自然な表情や綺麗な姿勢をつくることは難しく失敗しがちです。

特に姿勢は一旦身につければ、本番で緊張していても簡単に正すことができます。

鏡の前やお互いの前で練習し、綺麗に見える表情や姿勢を改善していくようにしましょう。

 

理想の写真例を準備する

理想の写真例を準備する

イメージする理想の雰囲気やポーズの写真を事前準備することは必須になります。

イメージをカメラマンに共有できれば、できる限り理想に近いフォトウェディング(フォト婚)が叶います。

撮影前にカメラマンに伝え、撮影中はその場で撮った写真を見せてもらいイメージにズレがないかを再確認することで失敗しづらくなりますよ。

 

撮影したい場所、ポーズ、小物を伝える

撮影したい場所、ポーズ、小物を伝える

撮影したい場所やポーズ、アイテムが決まっている場合はより明確に具体的なポイントをカメラマンに伝えてください

ざっくりとしたイメージではなく、「この写真と同じように…」とハッキリ伝えることが大切です。

撮りたい写真が明確であればカメラマンとの認識の差がなく、失敗しないフォトウェディング(フォト婚)が叶いますよ。

 

写真データでの失敗しないポイント

写真データでの失敗しないポイント

写真データで失敗しないためには、カット数とデータカット数の違いを認識することです。

フォトウェディング(フォト婚)では一般的に何百枚もの写真を撮影します。

ただ、これはあくまでもシャッターを切った枚数を意味するため、納品される写真がそのまま何百枚になるとは限りません。

レタッチ後の納品枚数やアルバムの有無は予約前に必ず確認をしてくださいね。

 

レタッチ料金の確認

追加でレタッチをお願いする場合は料金を事前に確認することがおすすめです。

フォトウェディングで追加レタッチをお願いする場合、割高になることが多く結果的に予算オーバーになってしまうケースもあります。

気付きづらい部分ですが、レタッチ料金の確認は予算オーバーで失敗しないための方法です。

 

納品される写真データの枚数を確認

納品される写真データの枚数を確認

カット数」と「データカット数」は意味合いが異なるため、必ず納品される写真データ数を確認してください。

通常、レタッチ込みで料金プランを表記しているフォトウェディング会社が多いですが、まれにレタッチ前のカット数(シャターを切る枚数)のみを表記していることもあります。

表記の仕方が統一されていない分、勘違いをしやすいので失敗しないためにも気をつけてプラン内容を確認してくださいね。

 

アルバムの有無と料金を確認

アルバムの有無と料金を確認

最近ではアルバムではなく写真データのみで納品されるフォトウェディング(フォト婚)が多いです。

アルバムのオーダー希望がある場合は、追加料金があるか料金を先に確認しておくことをおすすめします。

アルバムのデザインが複数ある場合は、それぞれの料金も確認しましょう。

 

フォトウェディング(フォト婚)の失敗談を紹介!失敗しないためのポイント まとめ

フォトウェディング(フォト婚)での失敗談は、費用面ヘアメイク衣装撮影写真データの5つが大きな割合を占めていることが分かります。

どの失敗談も「事前の確認」や「準備が不十分」なために起こってしまうことばかりです。

フォトウェディングを予約する際は、最初から1つの会社に絞らずいくつかの会社を比較することでプラン内容をより理解することができますよ。

失敗しないフォトウェディングを行うためには、まず何を重視するべきか優先順位を立てプラン選びをすることが大切です。

この記事を参考に、後悔しないフォトウェディング(フォト婚)を叶えてくださいね!

 

理想のフォトウェディングをお手伝い!ベルクラシックへ
↓↓
ベルクラシックグループ

 

結婚式プレゼントキャンペーンはこちら
↓↓
おとくこん

 

関連キーワード