新郎新婦の仲が深まる◎ハネムーンはバリ島で決まり!人気のヒミツを徹底解剖!

2021.06.15 Column
Share
新郎新婦の仲が深まる◎ハネムーンはバリ島で決まり!人気のヒミツを徹底解剖!

ハネムーンの行き先として、ハワイやヨーロッパと並んで高い人気を誇るのがインドネシアのバリ島です。
バリ島は、ハネムーンの候補地として検討する価値のあるオススメの旅行スポットの1つです。
今回は、バリ島がハネムーンに人気の理由やバリ島をハネムーンの旅行先に選んだ場合に拘るべきポイントについてご紹介したいと思います。

 

バリ島がハネムーンで人気な3つの理由

バリ島がハネムーンで人気な3つの理由

バリ島がハネムーン先に選ばれるのには、理由があります。主なポイントは、次の3つです。

 

日本から近く、時差が少ない!

バリ島へは、直行便で7時間から8時間、時差は1時間なので、移動による体力的な負担も少なくて済みます。
一方、バリ島と比較されるハワイへの飛行時間は8時間から10時間、時差は19時間あります。
飛行時間は、バリ島へ行く場合と大きな差はありませんが、時差ボケなどで体力を消耗する可能性があり、余裕を持ったスケジュール設定が必要になります。
新婚旅行で人気のイタリア、フランス、スペインなどのヨーロッパはいずれも片道約12時間、時差も8時間程度あります。
新婚旅行は、1週間前後の期間で行く人が多いですが、ハワイやヨーロッパだと体力的にきついスケジュールになってしまう可能性が出てきます。
バリ島なら移動にかかる時間も時差も少ないので、旅行そのものに充てられる時間が増えて、充実した時間を過ごすことができるでしょう。

 

航空券代に宿泊費、滞在費など費用が安い!

航空券代に宿泊費、滞在費など費用が安い!

バリ島へは、日本からの飛行距離が短いので、比較対象となるハワイやヨーロッパと比べると、飛行機代が安くなります。
それに加えて、バリ島は物価が安いことが特徴で、宿泊費・滞在費など総じて安い傾向にあります。
新婚旅行以外にお金を使いたいと考えているカップルや予算にあまり余裕がないカップルは、バリ島を積極的に検討してみてはいかがでしょうか?

 

カップルで楽しめる観光アクティビティが充実している

カップルで楽しめる観光アクティビティが充実している

バリ島は、ビーチでのマリンアクティビティはもちろん、ヨガやトレッキングなどのスポーツ、寺院巡りなどの観光、スパでのリラクゼーションやショッピングなど楽しみ方がたくさんあります。
ふたりの趣味がバラバラなカップルもバリ島でなら、きっとふたり揃って楽しめる何かが見つかるはずです。

 

バリ島ハネムーンでこだわりたい2つのポイント

バリ島ハネムーンでこだわりたい2つのポイント

バリ島のハネムーンを成功させるには、いくつかこだわるべきポイントがあります。
ここでは、ハネムーンの計画に特に外せない2つのポイントについてご紹介します。

 

いつ行くのかは重要!時期選びに気をつけよう!

バリ島には雨季(11月から3月)と乾季(4月から10月)があり、基本的には雨が少なく観光しやすい乾季に訪問するのがオススメです。
しかし、雨季は観光に適さないシーズンのため旅行客が少なく、航空券が安い、お店などが空いているというメリットもあります。
バリ島でどんなことをしたいのかを考え、マリンアクティビティや観光地巡りを楽しみたいアウトドア派のカップルは乾季、ホテルステイやスパなどを楽しみたいインドア派のカップルは、雨季も視野に入れて、最適なハネムーンの時期を考えるといいでしょう

 

やりたいこと、全部できる?滞在日数を考えよう!

平均的なカップルと同様、1週間程度の期間でハネムーンに行く場合、バリ島は時差もほとんどなく日本からも近いので、現地では比較的余裕のあるスケジュールが組めると思われがちです。
しかし、バリ島は車社会で渋滞が発生することが珍しくありません
通常30分で行ける場所まで1時間かかってしまうことも少なくないようです。
行きたい場所やしたいアクティビティによっては、バリ島内での移動時間がかかり、思ったほどゆっくり過ごせないかもしれません。
特に、ヒンドゥー教寺院やライステラスなどの観光スポットを巡りたいと考えている場合、スポットが点在しているので、行く場所を絞ったり、旅程を長めに取る必要が出てくるでしょう。
バリ島内での移動にかかる時間は少し多めに見積もっておくことをオススメします。
予定していたスケジュールでは時間や日数が足りないとき、職場に休みをもらえるように交渉する、仕事のスケジュールを考えるなども、楽しいハネムーンを過ごすために必要です。
諸々の「準備」を抜かりなく行うことが納得のいくハネムーンになる秘訣と言えるでしょう。

 

まとめ:ハネムーン先は人気のバリ島で決まり!時期選びと滞在日数の確保を抜かりなく!

まとめ:ハネムーン先は人気のバリ島で決まり!時期選びと滞在日数の確保を抜かりなく!

日本から近くて時差もなく、トータルの費用が安く済むのがバリ島の人気の秘訣です。
新婚旅行先に南の島でのバカンスを考えている人、ハワイやグアム、モルディブなどを候補にしている人は、バリ島も検討してみることをオススメします
日本から近いので、旅行日数は1週間もあれば十分と思われがちなバリ島ですが、スケジュールを組む際は、島内での移動時間や渋滞も考慮に入れることをお忘れなく。
時期は、観光やマリンアクティビティに支障が出にくい乾季がオススメです。
十分な下調べと計画、準備を行うことがハネムーンの成否を分けます
このサイトでは、バリ島でのハネムーンや結婚式を検討している方に有益な情報をたくさん提供しています。

 

こちらのページも是非参考にしてみてください。

↓↓

バリ島での結婚式を大解剖!他の海外ウェディングとの比較や結婚式と併せて楽しみたい観光情報

バリ島でのハネムーンはヴィラ?それともホテル?選ぶ際のポイントやオススメの宿泊先を紹介!

関連キーワード