マリッジリングの選び方ポイントをまとめてみました!

2021.01.02 Column
Share
マリッジリングの選び方ポイントをまとめてみました!

「素材」とそれぞれの特徴

マリッジリングの選び方のポイントとして、まず第一にあげられるのは「素材」です。金属アレルギーの方は要注意ですが、アレルギー反応を起こしてしまう素材ですと毎日つけていることが困難になってしまいますので、まずはアレルギーがないかどうか確認をすることからです。
マリッジリングの場合は耐久性という点でも重視しなければなりませんので、シルバーは除外されることが多いです。リーズナブルであるという点では優れていますし、ハワイアンジュエリーにおいては例外的な事も有りますが、出来るだけ丈夫という点で選んでいく事もお勧めです。
一般的に一番選ばれているのはプラチナです。純度が高いプラチナの方が変質しにくいです。色は銀色で、光沢があるタイプもあればマットタイプも有りますのでお好みに応じて選べます。950は純度が高いタイプですので、お値段が高くなりますがより高品質であることが分かります。
色味での選択肢には18金もあげられます。18金も比較的変質しづらいですし、高品質なホワイトゴールドももとはといえば金です。見た目はシルバーと似ていますが、ホワイトゴールドは金を加工しているものですので酸化しづらいです。マリッジリングで一番使われている素材はプラチナです。

一番の決め手「デザイン」

一番の決め手「デザイン」

マリッジリングの選び方で重視されている方が多いのは、なんといっても「デザイン」です。長く使うものですし、飽きの来ないものを選ぶのが重要です。最近ではエンゲージリングと重ね付けできるようにセット販売されているものも人気で、二つで重ね付けしたときにしっくりとくるデザインであたりも少ないですし、引っ掛かりもの少ないので日常的にもつけやすいという点でお勧めです。個性的なデザインですとオリジナリティーも出てきますし、夫婦それぞれのリングを合わせた時に1つのデザインが完成するといったタイプも注目です。遠目で見た時にはお揃いだとわからないけれど、合わせた時にそれが分かるというところで見えないお洒落が出来るのもポイントです。
基本的にはシンプルなマリッジリングを選ぶ方が多いですし、男性でも指輪を着用する方が増えている傾向がみられますので、夫婦で話し合って納得いくものを選ぶと良いでしょう。しかしここで意見が合わなかったとしても、無理やりお揃いでそろえる必要はありません夫婦で違うものを付けていても問題はないからです。それぞれが納得できるようなすてきなデザインを見つけてみると良いでしょう。オーダーで作ってもらうことも可能です。

やっぱり気になる「価格」

マリッジリングを購入する際には、最終的に「価格」という点もポイントになるでしょう。普段アクセサリーを身に着けないという男性は、どれぐらいの価格なのか全く想像もつかないという事もあるかもしれませんが、相場を調べてみると大体の価格帯が分かります。それぞれのカップルで予算は異なってくるとは思いますが、ずっと使うものであるという事を考えて購入することは大事ですし、ここでけちってしまうと後々後悔することにもつながりますので話し合って決めていく事をお勧めします。安ければ良いというものでもないので、こだわりの好きなブランドが有るというのであれば、一生に1度のマリッジリングですので思い切って購入するのもありです。
マリッジリングはエンゲージリングよりも価格帯は低くはなっていますが、夫婦それぞれでそろえることになりますのでそれを考えると相場は20万円から30万円となっており、年齢によっても異なります。どちらにしても30万円以内というくくりで考えておけばよいでしょう。
予算はそれぞれのカップルで異なりますし、一概には言えませんが参考にはなります。そこからお気に入りの物を選んでいきましょう。

やっぱり気になる「価格」

関連キーワード