7/31
まで!

エンゲージリングのお返し みんな何を贈っているの

記事公開日:2020.12.27 / 最終更新日:2023.04.10
Wedding Dress
Share
エンゲージリングのお返し みんな何を贈っているの

そもそも婚約指輪のお返しって必要なの?

結納をする場合は、婚約指輪は結納品の一つとして考えられています。結納は当人同士ではなく、婚約のしるしという意味で両家が取り交わすものですので、やはり家としてお返しをすることがマナーとなってきます。略式結納と正式結納との違いや地域ごとの違いもあるので、どのような形で結納を行い、結納記念品という位置づけで指輪を扱う場合はお返しをどうするべきか、両家のご両親に確認をする方が無難です。結納をしない場合であれば、あまりかしこまって返礼をする必要もないかもしれませんが、正式なマナーは、返礼品を用意したほうが好ましい対応です。とはいえ、例えばすでに同棲しているカップルで、一緒に生活費を払っていたり貯蓄を行っていたりした場合、エンゲージリングの予算が実際のところは二人のお財布から出ているようなこともありますので、その場合は必ずしも返礼品を用意しなければいけないわけではありません。あくまでもマナーは存在している事を認識して二人の話し合いの中で決めていけばよいことなので、男性側に意見を聞いてみるとよいでしょう。ただ、これから長く人生を共にしていく相手ですので、最初はやはりきちんと形として残るものを渡しておくと、あとから後悔することが無くて良いかもしれません。

お返しするなら婚約指輪の半額くらいが目安

お返しするなら婚約指輪の半額くらいが目安

エンゲージリングのお返しは、だいたいその金額の半額ぐらいが目安といわれています。とはいえ、実際にその指輪がいくらぐらいのものなのかを知る事は難しいのですが、ブランド物の指輪であれば大体の費用感はつかめますし、自分でデザインしたようなものであればダイヤモンドのクオリティやカラット数などから大体の金額を把握して半額を計算すればよいので、厳密にきっちりと半額という事ではありません。指輪は高級なものですので、その半額といってもかなりの金額になります。お返しとして一般的なものが、腕時計です。腕時計は高級品であれば何百万する時計もありますし、数十万のものなどもあり、選べる選択肢が豊富にあるところがとても良い点です。また、腕時計は男性が毎日身に着けるものですので、女性から渡すプレゼントとしては最適ではないでしょうか。もう少し手ごろな金額で買えるものとしては、ネクタイスーツ革靴などのフォーマルなものや、ネクタイピンやカフスなどの宝石がついたものなども人気があります。金額よりもまずは、彼がどのような生活スタイルを送っていて、仕事やプライベートでよく使ってくれそうなものを選んであげるほうが良いでしょう。

どのタイミングで渡せばいいの?

どのタイミングで渡せばいいの?

エンゲージリングを結納の記念品としていただいた場合には、その婚約指輪に対する返礼品はどんなに遅くても結婚式までには渡すようにしましょう。もしくは事前に男性側からどの程度の値段のエンゲージリングをいただけるかがわかっていて半額相当がどの程度かわかっている場合であれば、結納の場で両家が見守る中で返礼品が渡せるように、その結納の場に間に合うように用意して持参することも良いでしょう。もしそれまでに用意が出来ないような場合でも、結婚式で身に着ける事が出来るように結婚式当日までに用意するか、結婚式の中の一つの余興として渡すというのもサプライズの一つとしてたびたびおこなわれていて、ゲストからも好まれています。返礼品をもらえる事を知らない男性も多いので、結婚式の中でサプライズで渡すと喜んでもらえるかもしれません。また、なるべく自分ではめったに買わないような少し贅沢品と感じるような物だと、一生の記念になるので良いかもしれません。結婚式の衣装にあわせたネクタイピンなどはとてもお洒落で素敵だと思いますので、お返しは結婚式を挙げる前には渡すようにして、結婚式で身に着けて両家の親族にも見てもらうとよいでしょう。

おとくこん

関連キーワード