みんなの思い出に残る式に 海外で和装ウェディング!

2017.11.09 Wedding Dress
Share

結婚式を思い出に残るものに

結婚式、ウェディングと言えばやはり一生に何度もするものではないので、できる限り思い出に残るものとしたい、と考えるのは当然だと言えるでしょう。
さらに言うと、結婚式をする当人たちの思い出に残るだけではなく、できれば参列する皆さん全ての思い出に残る式にしたいと思うのも当たり前だと言えます。

最近見直されている和装での神前式

そこで最近見直されているのが和装での神前式です。
ウェディングドレスが一般的となった今、日本古来の伝統的な衣装を身にまとって永遠の愛を誓う、というのはかなり思い出に残るものとなるでしょう。
また、それとは別に海外での結婚式、というものも人気があります。
日本ではなかなかない美しいロケーションの中で行われる式というのは一生の思い出となりますし、そのままハネムーンも兼ねることができるので休みを何度も取らなくても良い、というメリットも見逃せないところです。
ただ、この二つ、神前式と海外での式が両立できるということは意外と知られていません。
実は、海外でも神前式を行うことは可能なのです。
実際、ハワイなどで神前式を行う、という方は意外と増えています。

もともとハワイは日本と縁が深い

というのも、もともとハワイは日本とはかなり縁が深い場所でもあります。
ハワイには日系人がかなり多いのですが、実はハワイへの移民が始まったのはかなり昔のことで、明治の始めごろだと言われているのです。
さらに、明治18年には移民が日本政府にも公式に認められるようになり、日本からの移民及びその方々をルーツに持つ日系人は、今でもハワイ人口の10%以上だと言われています。
なので、ハワイには日本文化もかなり広がっており、実際にハワイには出雲大社もあるほどです。
このハワイ出雲大社、新年にはかなりの数の方が初詣に行われる大きな神社ですし、七五三でもよく使われています。
毎年12月に行われるホノルルマラソンの前には完走祈願を行うためにお参りする人もかなり多くいるようです。

海外での神前式を全てまとめてパッケージで行える

このように、ハワイでは日本文化が数多く存在していて、神社もあるので和装でのウェディングも可能だということはお分かりいただけたと思います。
しかしそれでも、やはり海外での式には準備ややり取りが不安、という方も多いでしょう。
ただ、そういった不安を解消できるものも存在しています。
それは、ハワイなどの神社での神前式を全てまとめてパッケージで行えるといったサービスです。
そうしたものであればやり取りもかなり少なく済みますし、スタッフも手馴れているので式の進行なども安心して任せることができます。
日本でのウェディングと同じように全て任せることができるのはかなり魅力的な点だと言えるのではないでしょうか。

ハワイならではの近代的な和装も

また、こうした海外での式では、伝統的な衣装だけではなく、ハワイならではの近代的な和装も楽しめます。
せっかくなのでとこうした衣装を選ぶ方も多いようです。
こうした衣装なら、参列する方の思い出にもかなり残ることは請け合いです。
さらに、神前式まで行かずともお色直しでは和装を着たい、という場合にもこうしたサービスを扱っているところにお願いすれば対応が可能なことが多いようです。
遠隔地の式、ということでゲストとして呼ぶ方というのは親族であったりごく親しい方となることが多いので、レセプション内のイベントは少なくなりがちとなってしまいます。
そこでお色直しで和装となって登場すれば、その意外な組み合わせがゲストの思い出に残ることは想像に難くないでしょう。
このように、海外での和装ウェディングには多くの魅力的な点があります。
今、式を計画している方は、一生に一度のウェディングなのですから、後悔の無いよう、そして一生の思い出となるようなものを検討してみてはいかがでしょうか。

関連キーワード