和装の結婚式を挙げた芸能人たち

2017.05.16 Wedding Dress
Share

和装姿で結婚式を挙げる芸能人も近年増えている

結婚式にはウェディングドレスも着たいけど、白無垢角隠し、綿帽子姿というのも日本人としては憧れます。
しかも最近は白無垢姿など和風の要素を入れた結婚の事を和婚と言い、神前式以外にも仏前式や人前式、庭園、料亭など様々なパターンがあるので挙式の幅が広がり人気が高くなっています。
そんな和婚で白無垢など和装姿で結婚式を挙げる芸能人も近年増えており、和装 結婚 式に憧れる方が益々増えています。
結婚式にはウェディングドレスも着たいけど、白無垢角隠し、綿帽子姿というのも日本人としては憧れます。
しかも最近は白無垢姿など和風の要素を入れた結婚の事を和婚と言い、神前式以外にも仏前式や人前式、庭園、料亭など様々なパターンがあるので挙式の幅が広がり人気が高くなっています。

沢尻エリカさん

そんな和婚で白無垢など和装姿で結婚式を挙げる芸能人も近年増えており、和装 結婚 式に憧れる方が益々増えています。
例えば若い方が真似したい和装結婚式をした方というと和婚ブームの火付け役とも言われた沢尻エリカさんが居ます。
沢尻さんは2009年にクリエイターの元夫高城剛さんと結婚された際に明治神宮において挙式をされカサブランカの大きなヘッドドレスを純和風のオーソドックスな打掛に合わせていました。
しかもヘアスタイルだけではなくメイクも洋風、ブルーのコンタクトレンズをしての和装という事で沢尻さんの挙式以降若い女性の間で大きなヘッドドレス風のお花を和装に合わせるのが流行しています。
ちなみにこのヘッドドレスはHANAYUISHIのTAKAYAが手掛けたヘッドドレスだそうです。

神田うのさん

また自らウェディングドレスのプロデュースを行う事で知られる神田うのさんも自身のブランド「シェーナドゥーノ」の和装コレクションの白無垢を着て明治神宮で挙式を挙げられましたが、このときの綿帽子がピンクの裏地でレース付きというとてもキュートなデザインの物でうのさん自身のブランドに和装コレクションがある事を一般の方に知らせうのさんのブランドも人気が急上昇しました。
さらに披露宴のお色直しでもハート柄の黒の引振袖を着られ、若い方の着物への関心を惹いています。

東原亜希さん

そしてもうお1人、斬新な和装で目を惹いたのがタレント東原亜希さんです。
東原さんは2008年に柔道家井上康生さんと結婚され、その際にお花を沢山つけてボリュームを持たせたヘアスタイルと真っ赤な打掛がとても可愛らしくこの方の着方もまた沢尻さん、神田さん同様に注目され若い方の和装挙式人気を広げています。 シンプルな白無垢姿は 逆にオーソドックスでシンプルな白無垢姿で目を惹いた方もいらっしゃいます。
例えば女優真矢みきさん、戸田菜穂さん、井上和香さんなどです。
こちらの3人の方はいずれも新婦の初々しさや奥ゆかしさを感じさせる刺繍もない綿帽子と白無垢がとても素敵でいまだに芸能人の和装結婚式の代表とされています。

 

色打掛姿が印象的なのは

そして打掛もまた披露宴でも人気がありその華やかさはひと際印象に残ります。
この色打掛姿が印象に残っている芸能人の方も沢山いらっしゃいますが例えば華子さん(旧芸名多岐川華子さん)が2011年に結婚された際、錦糸と朱が綺麗な色打掛でメディアの前に登場しました。
ヘアスタイルなどはとてもシンプルなアップスタイルでしたが品の良さが好感度を増し、色打掛の良さがとても新鮮に感じたと言っていた方も多かったようです。
また2007年に魔裟斗さんと結婚された矢沢心さんの色打掛も黒と赤、白のコントラストが綺麗でクールな矢沢さんらしくとてもお似合いでしたし、スザンヌさん、小池栄子さんの色打掛もそれぞれ個性が表現されていて話題となりました。
スザンヌさんは今人気の大きな古典柄の赤を基調とした色打掛姿に大きな白のヘッドドレスといういで立ち、小池栄子さんはセクシーで大人ぽいイメージ通り紫と白を基調としたグラデーションが綺麗な色打掛を披露してくれました。
他にも一般には公開されていませんが本人のブログ内でアップされていた画像で若い方にとても注目されたのが後藤真希さんです。
後藤さんはピンク、薄紫地に暖色系の花柄があしらわれた打掛、色とりどりのフラワーヘッドドレスと若い方が真似したくなるような和装姿で20代前半の花嫁さんには参考になる装いでした。

関連キーワード