前撮り写真で作れる!おしゃれなプロフィールブック

2019.09.12 Wedding Dress
Share

結婚式に参加して下さるゲストの方々の手元に行き渡る物の1つとして挙げられるのがペーパーアイテムであり、具体的には結婚式当日を迎える前に自宅に届く招待状や当日用いる席次表、メニュー表や席札などです、

感謝の気持ちを盛り込んで

そのようなペーパーアイテムに対し尚一層2人の世界観を落とし込んだり、複数のペーパーアイテムに統一感を持たせたいと考える方が増加しているため、世界観と統一感を表現すべくプロフィールブックを採用する方も増えています。


席次表などの紙の裏面や空いているスペースに生年月日や第一印象など、新郎新婦に関するシンプルなプロフィールを記す事はこれまでも行われてきましたが、より多くの情報や写真を盛り込み冊子の形式にしてお渡しするのがプロフィールブックです。


そういった冊子形式のメディアは比較的新しい媒体であるという事も関係し、取り扱いしている式場がそう多くなかったり馴染みある席次表の中から選ぶという事例が多い様相なので、作成を考えている方はインスタ映えを得意としている写真家や業者をサービス上で見つけ、直接的に依頼するケースが多いです。
こうしたプロフィールブックの注目度が急上昇しているのは、作成する事によって得られる魅力が多い特徴が関係しており、特に新郎新婦のオリジナル性が高い世界観を最大限に表現できるという強みがあります。
通常の席次表においても高いデザイン能力を有しているデザイナーが手がけた作品なので見やすい上に、既存のスペースに対して名前などを追加していけば良いという単純明快な利点がありますが、個人的に一から作成すれば比較的サイズが大きな写真であっても難なく冊子の中に盛り込めます。
しかも、盛り込む写真は日常生活や旅行に出かけた時に個人的に撮影した思い出の写真に限らず、結婚式を行う前段階で行う前撮りの写真も用いられます。

サンクス
今日では結婚式と共に前撮りを行う事が一般的になってきているため、業者数が増えていたりより良いシチュエーションで撮影できる機会も増えているのですが、プロフィールブックの人気の高まりを受けて前撮りを行っている業者が新たなる事業の一環として冊子の作成を行っている事例も増えています。
前撮りを行っている業者というのはプロカメラマンが在籍していて、プロカメラマンが撮影した写真を元にして多種多様なメディアを手がけるといった業務行っている事例が多い様子から、前撮りを依頼する業者に対して冊子の作成も依頼すると、より良い場所でプロカメラマンが撮影した写真を用いてプロフィールブックの完成が目指せます。
既存の席次表を使用するのではなく一から写真の配置や用いる写真、説明文に至るまで自由自在に決められるからこそ、プロカメラマンに撮影して頂いた前撮りの写真をメインにしてデザイン構成をする事も難なく行えます。
もちろん、業者は数々のメディアを手がけてきているプロなので自由度が高いからこそ構成に気になる事が生じた時には、プロの視点から尚一層演出力が高められるデザインや選ぶべき写真についてアドバイスをして頂く事も可能です。
そして、ペーパーアイテムはゲスト達が席に着席し挙式が始まる時間まで手にして読み込んだり、大切に自宅まで持ち帰り自宅で保管をしつつ読み返すといった楽しみ方がされるメディアでもあるので、作成する際には主役である新郎新婦の写真や情報の他に来て頂いた方々に対し、抱いている感謝の意を盛り込む事もポイントです。
ゲストに向けた言葉が添えられている事により、参加して下さった方々に支えられて新郎新婦が幸せな門出を迎える事ができたとお伝えできるようになるため、挙式やプロフィールブックを通してますます関係性を深めていけます。

関連キーワード