甘くなりすぎたくない大人花嫁へ*ピンクのカラードレスに合う綺麗めヘアスタイル

2018.07.20 Wedding Dress
Share

髪型1つで大人花嫁に似合うピンクのカラードレス

ピンクというと幸せのイメージ色であるといっても過言ではないためか、結婚式のカラードレスでも人気の高い色です。
しかしその反面、可愛らしいイメージもあるため若い年齢でなければ似合わないと思い込んでしまい、諦めてしまう大人女子な花嫁もいるかもしれません。
しかし髪型1つで大人花嫁だからこそ似合うピンクのカラードレスにすることが出来ます。
まずは髪の毛をアップにし過ぎないことも大切です。
実はアップそのものは若い年齢をイメージさせますし、アップの髪型にするとそこに派手な髪飾りや花を盛ったりすることがあります。
しかしそれでは大人の余裕を見せることが出来ません。
飾りを多く付けたり派手な装飾にしたり、高い位置でまとめてしまうと、残念ながら子どもっぽさが出てしまいます。
そこでまとめる髪の毛にしたいのであれば、頭の後ろ側のように低い位置や耳の後ろ部分などにまとめると良いでしょう。
また編み込みを利用したアップスタイルにすると可愛らしい中にもすっきりとした印象を与えることも出来ます。
またハーフアップでもピンクのイメージに合うふんわりとした印象を与えることが出来、大人の雰囲気の中にも可愛らしい印象になります。

髪の毛に飾るアイテム

しかし髪型だけでは大人花嫁は仕上がりません。
髪の毛に飾るアイテムも重要な意味を持ちます。
例えば花が好きなので、絶対に花を髪の毛に飾りたい、と考えている大人花嫁もいるかもしれません。
その場合はたくさんの花を髪の毛に飾ってしまうと、カラフル過ぎる配色になってしまうため、子どもっぽい印象になってしまい、大人の雰囲気を出すことが出来ません。
そのため大きめの白い花を1つだけ使用してみたり、カラフルな花をたくさん使うのではなく、淡い色の2~3種類程度を使うと良いでしょう。
その際に多くの花を使用するよりは、ハーフアップされた髪や編み込みスタイルの髪に軽く散りばめる程度にすると、花とピンクのカラードレスという組み合わせでも大人花嫁の印象を与えることが出来ます。
またティアラやパール系のシンプルな装飾品を使っても大人の雰囲気を出すことも可能です。
カラフルな色を使わなくとも、シンプルなアイテムを使うことで大人の余裕を醸し出すことが出来ます。
ティアラを使う場合はまとめ髪の方が合いますし、パールを使用したヘッドドレスカチューシャであればハーフアップや編み込みのアップスタイルでも合うでしょう。
大人花嫁が髪の毛にアイテムを使用する場合のポイントは派手になり過ぎない、ということが挙げられます。

大人の雰囲気を漂わせる髪型

ちなみに私が結婚した時は28歳だったので、そこまで大人女子、という訳ではありませんでしたが、カラードレスがクラシックスタイルの物でしたので、派手な髪形は合わず、大人の雰囲気を漂わせる髪型にする必要がありました。
そこで私はサイドに髪の毛をたらし、真っ赤な花を2本だけ耳の上に見えるように髪の毛に使用しました。
はっきり言えば、年齢の割には地味だったと思いますし、アクセサリーは胸元にパールのネックレスを付けただけでした。
しかしクラシックスタイルのカラードレスに良く似合い、周囲からの評判は上々だったのを覚えています。

似合うスタイルを探して

花嫁になる人の中には私のように色の問題だけでなく、カラードレスのスタイルが特徴的な人もいるかもしれません。
しかしその場合でも諦める必要はなく、髪型1つでしっかりと着こなせることが出来るので、似合うスタイルを探してみることがおすすめです。
また大人女子だから、ピンクのような可愛いらしい色は諦めなければ、と思う必要もありません。
結婚式は人生で最も輝く日の1つであるといっても過言ではなく、せっかく主役になる日なのですから、自分の好き!を選んでください。

関連キーワード