7/31
まで!

結婚式の定番アイテム*イニシャルオブジェの可愛いアレンジ法

記事公開日:2018.06.15 / 最終更新日:2021.03.18
Wedding Dress
Share
結婚式の定番アイテム*イニシャルオブジェの可愛いアレンジ法

イニシャルオブジェ

結婚式は誰にとっても一生に一度の思い出になる特別な日です。
ウェディングドレスやウェディングケーキなど、選ばなければならないことはたくさんありますが、テーブルコーディネートやウェルカムボードなどのお客様をお出迎えするためのアイテムもとても大切です。
最近ではおしゃれに作っている人も多いので、こだわりのアイテムを準備する方も増えて来ています。
イニシャルオブジェは定番アイテムの一つとなっています。
どんなシチュエーションにも使うことができますのでとても便利に使うことができるからです。

新郎と新婦のお名前をイニシャルオブジェで

例えば、主役である新郎と新婦のお名前をイニシャルオブジェで作り上げるとおしゃれさが増すでしょう。
ただ名前を書くだけではなく木や布などで作るとさらに個性的ですし、とても可愛いものを作ることができます。
入り口のウェルカムスペースや新郎と新婦が座る高砂席で使いたい時には、少し大きめのものを作る必要があります。
遠くから見てもはっきりとわかるようなインパクトのあるオブジェだと、お客様の印象にも残りやすいです。
ウェルカムスペースで使う場合には、新郎と新婦が写っている写真の横に並べておくととてもおしゃれです。
お二人のイニシャルに可愛らしいリボンやネクタイなど、新郎と新婦をイメージすることができるアイテムをシールなどで貼り付けておくとさらに個性が出ていいでしょう。
高砂席に飾る場合には、電気がつくタイプのものを選ぶとお部屋が暗くなってしまった時に光が輝いて美しいオブジェになるのでポイントが高いです。
定番の高砂席や入り口に置くことが普通過ぎてもう少し個性を出したいという方は、ウェディングケーキに使われている人もいます。
ウェディングケーキの一番上の部分に好きなキャラクターや二人の似顔絵と一緒にイニシャルオブジェを乗せておくと、見る人も楽しいケーキになります。

イニシャルオブジェの可愛いアレンジ法

イニシャルオブジェの可愛いアレンジ法とは、マスキングテープで飾ってみたり毛糸を巻きつけてみたりするとさらに個性的になります。
シンプルなオブジェに少し飾りをつけるだけでもおしゃれになるでしょう。
新郎と新婦のお二人が好きな色を使うのも、お二人を表すことができて面白いかもしれません。イニシャルオブジェ

持ち帰って新居にも飾れる

今や定番アイテムとなっていますが、一度作ったイニシャルオブジェは長持ちしますので持ち帰って新居に飾ることもできます。
結婚式の写真と共に飾っておくと、新婚らしさが出ていいでしょう。
最近では、雑貨屋さんだけではなく100円均一のお店にも売っていますので、たくさん選んでもお安く手に入れることができます。
それぞれのショップで大きさや質感が違っていますので、イメージに合ったものを選ぶといいでしょう。
可愛いアレンジ法はたくさんあります。
イニシャルを新郎と新婦に見立ててドレスやタキシードを着せてみたり、好きなお花や季節のお花を使って色鮮やかなお花で埋め尽くすのもとても可愛らしくておしゃれです。

結婚式の準備は前もって

あまりお金をかけたくない方には、簡単にダンボールで作ることもできますので試してみるといいでしょう。
意外と丈夫に作ることができますので、変形することなく長持ちします。
余興などで使う方にもおすすめの方法です。
一生に一度の大切な一日ですから、後悔することなく準備を進めていきたいと思うものでしょう。
結婚式の準備は意外と時間がかかりますので、前もって準備を進めていかなければなりません。
自分で作るのが苦手な方には、業者発注もすることができます。
希望を詳しく伝えることができたら、希望通りに作ってもらうことができますので、新郎新婦のイメージに合わせたアレンジを作るとより楽しむことができるでしょう。持ち帰って新居にも飾れる

関連キーワード