アットホームな式を…少人数の結婚式

2020.08.27 Column
Share

少人数結婚式の魅力とは

結婚式というのは、知人友人を呼べば呼ぶほど、とても盛り上がるものになります。しかし、人数が多くなるほど、一人ひとりと向き合う時間は減っていってしまうのではないでしょうか。少人数の結婚式とは、数名~30名ぐらいの人数で行う結婚式のことを言います。少人数結婚式では、家族・親族だけや親しい友人を数人呼んで行うこともあります。 少人数の結婚式のメリットは、本当に大切な人たちや、親交が深い人だけを招待し、アットホームな式ができるということです。あまりにも人数が多かったり、上司や学校の先輩など、目上の人が多かったりすると、式の間ずっと気を使いっぱなし、緊張しっぱなしということになってしまうこともあります。少人数の結婚式ならば、アットホームな空間の中で、親しい方とのゆったりとした時間を過ごすことができます。人の目を気にしないで家族や友人と気兼ねなく話すことができ、一生に一度の大切な思い出を共有することができるのです。会話が弾むことにより、結婚式で出される料理も一層美味しく感じることでしょう。精神的な負担を少なくし、心落ち着ける雰囲気で密度の濃い時間を過ごしたい人にとって、少人数結婚式はとても魅力的です。

家族・親族のみなら…

料理

家族・親族のみで結婚式を行う場合、どのような特徴やメリットがあるのでしょうか。少人数の結婚式を選ぶことにより、招待する人数が減るので、費用を安くすることができます。結婚式の費用は、平均で320万円程度かかると言われています。一方、ゲストが20~30名の場合だと費用を50~120万円程度に抑えることができ、新郎や新婦の負担を軽減することができるでしょう。ご祝儀も、友人の場合は相場が3万円ですが、親族の場合は5~10万円が相場となります。親族のみを招待して行うことにより、より高い金額のご祝儀がもらえるので、自己負担を少なくすることができるでしょう。 家族だけの場合、挙式だけで済ませることもありますが、基本的には「挙式+食事会」をセットにし、ゆっくりと食事や歓談を楽しみます。食事会では、少人数だからこそ可能な内容や演出というものがあります。大人数だと、どうしてもアレルギーや好き嫌いによる食事の制限というものがあります。少人数の結婚式ならば、食事内容の制約も少なくなりますし、場合によっては一人ひとりに違う料理を出すということも可能です。少人数の結婚式は、大胆なオリジナルコース料理を楽しんだりなど、この方法ならではの楽しみ方があります。

少人数だからこそできる演出

祖母

大人数で行われる結婚式での演出は、少人数の場合に向かないものをあります。逆に、少人数だからこそできる演出、準備できるものもあり、その一つが手書きメッセージを送るというものです。座席メッセージなど、ゲストが大勢いると何を書いたら良いのかわからないという問題が出てきます。 そんな中、少人数の結婚式ならば、一人ひとりのことを思い浮かべながらじっくりとメッセージを書くことができます。メッセージを通じて、面と向かっては言えない感謝の言葉を伝えることにより、参加者みんながほっこりする結婚式を挙げることができるはずです。 一般的に、親族は出身地に多く居住しているという特徴があります。そのため、結婚式に家族と親族だけが参加する場合、出身地の食材をベースにした料理を演出に加えることができます。他にも、引き出物にご当地キャラのグッズや、出身地のお菓子を詰め合わせるのも出身地を活かした素敵な演出の一つです。また、家族や親族中心の場合、幼いころからの成長が見てとれる成長アルバムを会場内に展示したり、プロフィールブックに写真入りの家系図を記載したりすると盛り上がります。このように、結婚式では、少人数だからこそできる演出というのがあります。心に残るアットホームな結婚式を目指したいならば、少人数の結婚式がおすすめです。

費用を気にせず、お得に結婚式をあげるなら【Otokucon】がオススメ!

【Otokucon】なら人気の式場で挙式&約70万円相当が無料になります!

気になる【Otokucon】キャンペーン詳細を見る >

関連キーワード