ふたりの理想をカタチにしよう☆結婚式DIY

2020.07.22 Column
Share

結婚式DIYって何?

節約志向が高まっている昨今の事情と、手作りに親しみを感じる方が増えていることから、結婚式DIYはブームになりつつあります。できるものは自分で作ろうというスローガンになるので、以前は専門会社に製作を依頼するようなものを自分たちでできる範囲で作ることを目的にした言葉です。結婚費用を節約できる結婚式DIYの範囲は意外と広く、手作りのオリジナルアイテムに限定されることから、他では見たことがないようなデザインに仕上げたり、豊かな感性を生かして作り上げたり、場の雰囲気や参加者に合わせた作品類を作ることで来場される方々にも喜ばれます。完成度が高いもので、軽量小型なアイテムの場合は、来場者が記念として持ち帰ることも想定でき、両人にとっても喜ばしいことではないでしょうか。結婚式DIYは単に予算を削って節約をするという意味合いだけではなく、類のないアイテムを作り上げることに大きなポイントがあります。専門会社に依頼した際の費用よりも安く作れるものが多い中、逆にお金が掛かってしまうアイテムまでも作ることができますが、一生に一度の大切なイベントになるので、お金が掛かったとしてもそれ以上の喜びを感じること、来場者の心を優しくすることにも向いているDIYの一つです。

みんなどんなものを作っているの?

ペーパーアイテム

結婚式DIYで製作可能なアイテム数は多岐にわたりますが、その中でも多くの方々が既に製作して実際に活用しているアイテムで言えば、ウェルカムボードがあります。式場の入口に設置するものなので比較的大きくて目立つように作ることが一般的です。来場者の目に留まるようなデザインウェルカムボードをバックにして写真を撮りたいと思わせるようなものが人気です。ペーパーアイテムも欠かせないアイテムとして活用されており、案内状の他、会場案内表ネームプレートなどがあり、メッセージカードなども含めるとより一層喜んでもらえます。ペーパーアイテムは用紙選びやパソコンとプリンターがあれば簡単に作成可能ですが、個々に設置するネームプレートなどの場合は、プリント後に飾りを付ける方法もあり、素敵なデザインに施せます。リングピローは比較的新しいアイテムとして使われるようになり、結婚指輪を交わす際にリングを置いておく枕のような小物アイテムです。こちらは簡単な縫製ができればDIYでも問題なく完成させることができるのでDIYで十分に対応できます。ブーケも欠かせないアイテムとして古くから使われており、受け取った方が帰り道で困らないように、結婚式DIYで作る際には小型軽量、持ち運びに支障が出ないように設計することが求められます。

失敗しないか不安…

リングピロー

結婚式を初めて行う方にとって、結婚式DIYを試そうとして、道具を揃えても失敗しないかどうかの不安が残ってしまうことも想定できます。不安を払拭させるには、テーマを決めて統一化をすることが最適です。エレガント風であればレースを多用したり、ポップ調であれば派手目なカラーで演出したり、カントリー風であれば木目を生かす、などのテーマにすると良い結果を生み出せます。簡単に作れるものから手間が非常に掛かるものも多く、時間的に余裕を持って製作にあたることで不安感を全て払拭できるのではないでしょうか。結婚式DIYのアイテムは、ペーパーやボード類、造花やレース素材、風船などを多用する人が目立ちますが、テーマを決めて製作する際には、インターネット上に掲載されている画像を参照してみると意外とイメージが湧き、作業も楽に行える可能性が高くなります。木材やボードを利用するときは釘やネジでの固定が基本ですが、軽量で小さなアイテムの場合は木工用の接着剤の他、グルーガンを使う方法で確実に固定をすることができます。どのような資材も100円ショップやホームセンターなどで入手できますが、手間を掛けて上質に仕上げる際や不足品があれば専門のネット通販から資材購入をすると失敗せずに製作を進められます

費用を気にせず、お得に結婚式をあげるなら【Otokucon】がオススメ!

【Otokucon】なら人気の式場で挙式&約70万円相当が無料になります!

気になる【Otokucon】キャンペーン詳細を見る >

 

関連キーワード