キラキラの入場がしたい*結婚式にピッタリのBGM

2019.04.15 Ceremony

結婚式や披露宴で、一番盛り上がる瞬間といえば、新郎・新婦の入退場のシーンです。せっかくなのでドラマチックな演出にぴったりなBGMを選んで、印象的な場面にしたいですよね。どのようなBGMを選べば、素敵な入場シーンにすることができるのでしょうか。今回はおすすめBGMをいくつかご紹介します。

 

お洒落な雰囲気漂う洋楽

まずはブルーノ・マーズの「MarryYou」です。有名な曲なので友人の結婚式などで聞いたことがある方も多いと思います。洋楽ということでなんだかお洒落な雰囲気が出せますし、ドレスでの式にぴったりです。明るくポップな軽い曲調で、ゲストものってきてくれるはずです。男女ともにウケが良く、最近では鉄板の一曲です。
可愛い系なら、CarlyRaeJepsonの「CallMeMaybe」CarrieUnderwoodの「EverEverAfter」も人気です。テレビのテーマソングやCMで使われていた楽曲なので、知っている人が多く口ずさんでもらいやすいです。みんなが聞いたことがあるようなものを選ぶのが、会場が盛り上がるコツです。女性ボーカルの歌は、女の子らしいキラキラした入場シーンにぴったりです。

 

ディズニーソングでキュートな演出

次はディズニー映画で使われている楽曲です。白雪姫の「いつか王子様が」のカバーはプリンセスソングの王道で、歌詞もとってもロマンチックな一曲です。有名な曲で、ディズニー好きが多い女子へのウケはばっちりです。また同じくディズニーソングで、にぎやかな明るい雰囲気にしたい場合はリトル・マーメイドの「UnderTheSea」などはいかがでしょうか。ポップなメロディで、可愛い雰囲気の中で入場することができます。思わずゲストも手拍子などを叩きながら迎え入れてくれるかもしれません。ディズニー映画の音楽を使う場合は、そのときに着るドレスや演出にもこだわって曲に合わせるようにするとさらにキュートですね。ドレスのカラーをプリンセスに合わせるという演出も人気があるようです。

 

また同じ曲でもいろんな人にカバーされていて、全く雰囲気が違う歌になっている場合もあるので、お気に入りソングをぜひ見つけてみてください。特に、洋楽カバーが可愛くておすすめです。もちろんボーカルなしの音楽も良いでしょう。新郎・新婦がディズニー好きな二人なら、ぜひお気に入りのディズニーソングを使ってみてください。

入場

ふたりの思い出?!Jポップ

もちろん洋楽や映画のテーマ音楽だけでなく、日本のアーティストの楽曲も人気です。20代後半~30代の方のウエディングであれば、定番のJポップ音楽も盛り上がります。幸せな雰囲気を楽しみたいなら、DREAMSCOMETRUEの「うれしい!たのしい!大好き!」は聞いている誰もが笑顔になれるハッピーな曲です。ゲストもノリノリで、一緒に歌ってくれるかもしれません。しっとりと落ち着いた雰囲気で入場したいのであれば、安室奈美恵さんの「CANYOUCELEBRATE?」も有名で鉄板です。少しゴスペルっぽい、おごそかな雰囲気が大人の結婚式にぴったりです。歌詞も結婚式にぴったりで、思わず泣きそうになってしまうゲストもいるかもしれません。邦楽は知っている人が多いだけでなく、歌詞のメッセージ性も伝わりやすいため人気です。付き合っていたときによく聞いていた思い出の歌などがあれば、そちらを使うのも素敵ですね。司会の方に、その歌にまつわるヒストリーなどを紹介してもらうと、ゲストも感慨深く楽しめると思います。

 

一生に一回の、大事な入場シーンです。自分の気持ちを盛り上げるためにも曲選びは早いうちから考えておきましょう。キラキラした入場シーンにぴったりな曲を、ぜひ探してみてくださいね。

  • to-mo
  • キュレーター:to-mo