イマドキっぽ*カジュアルウェディングで参考にしたいアイディアまとめ

2018.06.06 Column
Share
イマドキっぽ*カジュアルウェディングで参考にしたいアイディアまとめ

カジュアルウェディング

自分たちが派手に目立つような結婚式や、いかにも披露宴という結婚式はあげたくない、新郎新婦もせっかくきてくれたゲストたちと交流を持ちながらすてきな時間を過ごしたい、きてくれたゲストに楽しんでほしいという考えを持っている夫婦も多いものです。
このようなカップルにおすすめなのがカジュアルウェディングです。
近年では結婚式を挙げるカップルもゲストもかしこまらずに、自然体で楽しめるようなカジュアルなウェディングがふえています。
しかし一言でカジュアルウェディングといっても、具体的にどうすればよいかわからない人も多いことでしょう。
理想の結婚式をかなえるためにも、様々なアイディアを参考にし、上手に取り入れてみることをおすすめします。カジュアルウェディング

式場選びが重要

カジュアルウェディングを行う上で、まず最初に式場選びが重要となります。
一番のおすすめの会場は、レストラン営業をしている結婚式場を選ぶことです。
来てくれたゲストや二人が自然な姿で楽しむためには、結婚式の進行をスムーズに、そしてクオリティーの高いサービスを提供してくれるスタッフが必要となります。
日ごろレストランで営業している式場であれば、基本的には高いレベルのサービスやおいしい料理を提供してくれることでしょう。
そしてカジュアルウェディングを選ぶのであれば、通常の結婚式とは違う様々なアイデアを取り入れていきたいところです。
アイデアの一つ目に挙げられるのは参列者との思い出のグッズをディスプレイすることです。
通常の結婚式では、新郎新婦の幼いころや二人の思い出の写真を飾っていくことが一般的となっています。
しかしそこに招待したゲストと一緒に写った写真も積極的に入れていくのもおすすめです。
結婚式にはどうしても待ち時間ができてしまいますが、その待ち時間にもゲストが見て楽しむことができ、ゲスト同士の会話のきっかけにもつながることでしょう。

高砂を取り払ってしまおう

通常の結婚式では新郎新婦の席といえば高砂が多く見られますが、カジュアルウェディングではこの高砂を取り払ってしまいましょう。
高砂を取り払いソファーを用意することで、ゲストが気軽に新郎新婦のところに来やすくなり、主役となるカップルも動きやすいためパーティーのカジュアル度も上がります。
自由に動くことでゲストと会話をしたり、写真撮影をすることもできます。

屋外も有効活用

もしも屋外が使えるようであれば積極的に屋外での演出を取り入れるのもよいものです。
ガーデンテラスなどの屋外の空間を使える場所新郎新婦もゲストも開放的な気分に浸ることができ、非常におすすめです。
屋外で楽しめる具体的なアイデアとしては、ブーケトスやウエルカムパーティーなどがあげられますが、バルーンリリースなども魅力的と言えます。
屋外でのシーンを盛り込むことにより、写真やビデオを見返した際にも記録に幅が出て、より素敵な思い出となること間違いありません。式場選びが重要

ドレスコードもカジュアルに

そしてドレスコードを思い切ってカジュアルにしてみましょう。
結婚式といえばフォーマルな装いをイメージするかと思いますが、これをカジュアルなドレスコードに指定するカップルが増えてきています。
カジュアルな装いの人が多ければ多いほど、雰囲気はより日常的に、そして自然な雰囲気に変わっていくことでしょう。
会場によりスタッフの衣装もカジュアルなものに相談することができるので、気になる人は取り入れてみるのもおすすめです。
このようにカジュアルウェディングに適したアイディアはたくさんありますが、担当のプランナーがいるのであれば自分たちの考えを相談し、最高の結婚式を迎えられるとよいでしょう。

関連キーワード