ナチュラル可愛い*大自然の中での前撮りがかわいい

2018.05.08 Column
Share

大自然の中での前撮りがお勧め

記念すべき二人の結婚。
その記念と記録を残すために、ドレスアップして前撮り撮影ということも素敵です。
でも撮影となると、そのシチュエーションや場所など、どこにしたら良いのか悩むこともしばしばありますが、そこはやはり明るい光が魅力的な、大自然の中での撮影がお勧めです。

ナチュラルな雰囲気に

自然の中ならば、美しい風景や可愛らしい風景もたくさんあります。
しかも新郎新婦の二人もリラックスしてナチュラルな雰囲気になるので、より思い出に残るような素敵な写真撮影も可能となります。
たとえば新緑の季節ならば、緑の中で純白のドレスがとても映えますし、木漏れ日の光もきらきらしているのでとても綺麗です。
新郎新婦が二人で寄り添っているシーンや、笑顔で手をつないでいるだけでも十分絵になりますし、もっと凝ったシチュエーションで、ストーリー仕立てにするといったことも可能です。
また花の中で戯れるのも大変可愛らしいですし、花の種類やカラーによって、雰囲気もガラリと変化します。

季節によってもいろいろなシチュエーションを楽しめる

他にも海や湖など、水のある場所も撮影スポットとしては最適ですし、季節によってもいろいろなシチュエーションを楽しむことができます。
春ならば和装で桜をバックに撮影するのも良いですし、夏なら海や新緑の中、アクティブなポーズでの撮影も明るくて良いでしょう。
秋ならば黄金の薄の中や紅葉など、圧倒的なまでの色彩の場面での撮影が可能ですし、冬ならば雪景色などもお勧めです。
また朝日や夕日など、特別な時間帯を狙った撮影もなかなか凝っていて面白いですし、シンプルなものが好みならば、芝生の上や砂浜など、広々としたところで撮影するのも良いでしょう。

さらに凝った前撮りも可能

さらにこれらの自然のシチュエーションに、ちょっとした小物などを使用することで、さらに凝った前撮りも可能となります。
小物についてはいろいろありますが、シャボン玉はきらきら光を反射するので、自然ともマッチしやすくて邪魔にならず、より綺麗かつ可愛らしく見えます。
また額縁や指輪などを利用し、その中に二人が入るように遠近法を利用した撮影も凝っていますし、二人のイニシャルのアイテムや二人が一緒という意味でアンドという文字のアイテムを持つといったシチュエーションも定番で、同じようなケースでは、二人の左手の小指を赤い糸で繋いで撮影するといったものもありますが、赤い糸の場合は糸が細いとあまり目立たないため、強調するために太めのものを使用しましょう。
他にもケーキや風船、ハート型のアイテムなども可愛らしくて絵になるので高い人気がありますし、たとえば帽子やリボンなど、衣装に邪魔にならない程度の同じファッションアイテムを、二人そろって身に着けるといったシチュエーションも人気があります。
そして共通の趣味のアイテムやグッズを手に持ったり、たとえば一緒に絵を描いている場面など、二人の共同作業のような場面を撮影するといった方法もあります。
ちなみにここまで凝らなくても、二人で同じポーズやジャンプをするといったことだけでも、とても素敵な雰囲気を演出することが可能です。
さらにすでに子供がいるカップルならば、子供にも撮影に参加してもらうという方法もありますし、同様にペットも一緒に撮影しても良いでしょう。

満足できる前撮りを

このように自然の中で撮影すれば、それだけでも充分に写真撮影の舞台としては素敵ですが、その時期や時間などにこだわることで、より美しく演出することもできますし、それに自分たちらしさを演出するために、独自のアイテムや工夫を加えることで、世界に一つしかない記念すべき前撮りが可能となります。
それゆえにこうして遠慮することなくやりたいことをすべて詰め込んで、満足できる前撮りを実施するようにしましょう。

関連キーワード