芸能人の意外な結婚式場!国内のこんなところで結婚式を行っていた

2017.11.27 Column
Share

有名なタレントがこんな意外なところで式を挙げている

華やかな活躍を見せる芸能人の方々。
その芸能人が結婚した時にどこの結婚式場を挙げたか気になる人は少なくありません。
そこで芸能人が結婚式を行った式場を調査しました。
これを読めば「あの有名なタレントがこんな意外なところで式を挙げているの?」と驚くかもしれません。

「青山迎賓館」

まずグラビアタレントしてマルチな活躍を見せた東原亜希さんと柔道シドニーオリンピック金メダリストの井上康生さんは2008年に結婚しました。
その際に結婚式は「青山迎賓館」というところで挙げました。
ここは東京の中でも流行の町と言われている南青山にあり、プール付きの庭がある完全貸切のアットホームな式を挙げることができるゲストハウスです。
また天気がいい日にはチャペルの天井を開放することができるため、澄み渡る青空の下で幸せいっぱいの挙式を開催することができます。
さらにパーティー会場は100人以上収容可能なためたくさんの人を呼べます。
またこのパーティー会場には大きな窓がついているため外の眺めも良く開放感と充実感を味わえます。

「シャルマンシーナTOKYO」

そしてモーニング娘のメンバーとして活躍した新垣里沙さんと俳優として有名な小谷嘉一さんは2016年に結婚しました。
そして結婚式場はファッション街としても名高い表参道駅からほど近い「シャルマンシーナTOKYO」というところで挙げました。
こちらは緑と光を基調とした自然あふれる会場となっています。
また会場にはとても大きなガラスがありそこからたっぷりと光が差し込むので都会にいながら、まるで楽園にいるような気分に浸ることができます。
そしてバージンロードが18メートルもあるためそこを歩く新郎と新婦はとても満足感に浸ることができます。また隣にあるロビーも貸切ることが可能なため多くのゲストを招けることも大きな魅力です。

「八芳園」

さらにグラビアタレントや女優として大成功を収めた安田美沙子さんとデザイナーとして活躍している下鳥直之さんは2015年に結婚しました。またその時の結婚式は江戸時代から歴史と伝統がある「八芳園」というところで式を挙げました。
こちらは白金という高級住宅街が軒を連ねているエリアにあり古くから格式のある式場で親子で結婚式を行うカップルもいるほど評判が良く人気となっている式場です。
ここの魅力と言ったら風情ある自然です。式場の外には青々と生い茂る緑に整備された庭、さらに神殿もあり見ていると思わず時間を忘れさせる空間となっています。
そして式場の中は高級感あふれる内装に加え、食事も充実しており式を挙げたカップルだけでなく来た人も楽しむことができます。

「ヒルサイドクラブ迎賓館 八王子」

また人気モデルとして若者に絶大な人気を誇るぺこと同じく人気モデルのりゅうちぇるは2017年に結婚しました。
そしてこの2人は「ヒルサイドクラブ迎賓館 八王子」の結婚式場で式を挙げました。
これは都内の郊外の八王子にあるゲストハウスタイプの式場です。清潔感あふれる式場に加え、天井も高く開放感いっぱいとなっています。
晴れた日には窓から光がさしこみ新郎と新婦の幸せを素敵に演出することができます。
さらに式場の外には美しい階段や可愛らしい花壇もあり見ているだけで癒されます。
そして1300坪という広大な庭も付いているためたくさんの人が来ても安心して対応ができます。
また専属の結婚式のコーディネーターがいるためカップルの要望やコンセプトなどに合わせて式を挙げられます。
このコーディネーターは知識や経験がとても豊富なので安心して任せることができます。
このように芸能人は結婚式を日本の中のさまざまな場所で行っています。幸せの儀式と呼ばれている結婚式ですが色々な会場のタイプがあり個性があることが分かります。

上記以外で編集者おすすめの式場はこちら

ホテルベルクラシック東京

~最高のウエディングを。そのために創られたホテル

JR山手線の大塚駅前にそびえ立つ14階建のホテルベルクラシック東京は、新宿駅まで12分、東京駅まで21分、成田空港まで約1時間と遠方からのゲストやハネムーンへのメリット大のアクセス。

ホテルベルクラシック東京のコンセプトは、ウエディングスホテル――最高の結婚式のために創られたホテル。
打ち合わせ、挙式、披露宴、演出、ヘアメイクやドレス選び、ハネムーンの相談などウエディングに必要なすべてが用意されているのです。

独立型のチャペル「カナ・ゴスペルチャーチ」は、なんと地上51mのホテルの屋上にあります! 空が近くに感じられて”天空のチャペル”の形容詞がぴったり。
重厚な扉を開けると、天井高9m、真っ白なバージンロードは15m、最大120名着席の大空間、山手線の内側とは思えないスケールです。
随所に用いた木、白壁、ステンドグラスのバランスがシャープでありながら温もりを感じられるチャペルにオルガンの生演奏と聖歌隊の歌声が響き渡ります。
挙式後は、チャペル前の季節の花が満開のガーデンでフラワーシャワーのセレモニー。
東京とは思えないほどです。

バンケットは個性的な6会場。
収容人数180名の「フィガロ」はワンフロア―貸し切りの贅沢空間で、同じフロアにバーカウンター、ソファー、プライベートスペース完備。
メゾネットバルコニーや大階段でプリンセスになり、360度の大スクリーンによるダイナミックな映像演出で盛大なパーティに。

「コンチェルト」は豪華客船のラグジュアリークラス専用ラウンジのような佇まい。
天井には気品漂うシャンデリア、壁面には美しい色調のローズウッドを用いて、全体的にクラシカルゴージャス。業界初のガラススクリーンにゲストの目が釘付けです。

「ワルツ」は植物のアカンサスが装飾に施されたバンケットで、和装が似合いそうな落ち着きある和モダンテイスト。
ゲスト用の椅子はソファータイプなので、ゆったりと寛ぎながらパーティを楽しめます。

白を基調としたナチュラルな「ラプソディ」、クリスタルとミラーが煌めく「セレナーデ」、温かい陽射しが差し込むアットホームな「オーブ」。
人数やスタイルに合わせて、豊富な選択肢の中から選べるのは嬉しいですね。

素晴らしいバンケットには、美味しい料理が必須。
総料理長は国内外の有名賞を受賞した、最高クラスのシェフなのです。

上質なホテル機能を最大限に活かしたホテルベルクラシック東京は、至れり尽くせりのホスピタリティとサービスで迎えてくれることでしょう。

関連キーワード