新郎新婦の母親衣装どうしたらいい?

2021.01.20 Column
Share
新郎新婦の母親衣装どうしたらいい?

新郎新婦と両家でバランスよくコーディネート

結婚式の主役は間違いなく「新郎新婦」です。でも、その「母親」も結婚式ではとても重要な存在です。ゆえに、その衣装の印象が悪いものであると、結婚式全体の印象があまり良いものではなくなってしまう可能性があるのです。そのため、結婚式では新郎新婦の母親もしっかりと服装にこだわることをおすすめします。 特にその衣装選びの際に意識すべき点として、新郎新婦と両家でバランスよくコーディネートする、というものがあげられます。結婚式というと花嫁が着る衣装ばかりに気がいってしまう人が多いかもしれません。しかし、大切なのは新郎新婦だけでなく両家でバランスよいコーディネートにすることです。これは、両家の親族を含めた雰囲気がよいものであればあるほど、結婚式のまとまりがとても良い印象になるためです。また、まだ付き合いが始まったばかりの相手に対してちぐはぐな印象を抱いてしまうと、この先の付き合いに悪い影響を与えてしまう可能性も十分にあります。まだ付き合いが始まったばかりの相手方の両親に服装のことを聞くのは気が引けるという人も多いかもしれませんが、その話題を仲を深めるきっかけにするのがおすすめです。

新郎新婦と両家でバランスよくコーディネート

格式高い結婚式には正礼装で

両家のバランスを考慮したコーディネートを相談するにあたって、ある程度一般常識を知っておく必要があります。 たとえば、予定している結婚式が格式の高いものである場合、花嫁や花婿の母親の衣装は「正礼装」を前提とした相談をするようにしてください。なお、この正礼装というのは服装の中で最も格式が高いとされているもので、儀式や冠婚葬祭のなど特別な行事の時に着用するあらたまった服装です。よく目にするところとしては、女性皇室が皇室行事に参加される服装はまさに最も格式が高い正礼装になっています。 そんな正礼装の具体的な服装としては、女性の場合スカート丈はロングあるいはミディ丈で、胸元は襟元が詰まったデザイン、さらに長袖同色無地が基本です。つまり、和装の場合は黒留袖洋装の場合フォーマルロングドレスが該当します。なお、洋装の場合肌の露出を極力抑えてて手袋や帽子といったアイテムも必ず合わせて準備しましょう。そして、アイテムに関しても全体がフォーマル感や品格が高い雰囲気を心がけるようにしてください。色味については明るい色を選んで問題ありませんが花嫁さんや相手の両親の衣装の色は事前に確認し、かぶることがないよう心がけましょう。

格式高い結婚式には正礼装で

レストランウェディングなどのカジュアル挙式には準礼装を

前述したとおり格式の高い結婚式の場合、花嫁や花婿の母親は正礼装を着るべきです。ただし、近年ではレストランウェディングなどカジュアルな雰囲気の挙式をあげるカップルも増えています。そして、そのようなカジュアルな挙式の場合最も格式の高い正礼装を着るのは適切ではありません。そのような場合、花嫁や花婿の母親であっても「準礼装」で十分です。 なお、準礼装はフォーマルファッションである正礼装よりも格式がひとつ下にあたる衣装です。そのため、正装と違ってスカート丈は必ずしもロング丈である必要はありません。ただ、あくまでその服装はフォーマルファッションであるべきです。膝上10センチメートル以上のミニ丈や肩出しのノースリーブは非常識と思われても仕方ないと言えます。全体として上品な印象を与える極力肌の露出をしすぎない服装がおさえるべきポイントです。また、準礼装の場合女性もパンツスーツを着用しても特に問題ないものの、格式としてはスカートの方が上になるので着用を希望する場合新郎新婦や相手の両親などにその旨を確認するのが無難です。 結婚式はあくまでお祝いすることやお披露目することが目的なので堅苦しくなりすぎる必要はありませんが、ぴったりな服装を選ぶことで式をより素敵なものにできるかもしれません。ぜひ衣装選びは慎重に行いましょう。

関連キーワード