シンプル+αな結婚指輪でさりげなく差をつけよう

2017.11.06 Ring

Share
この記事を

結婚指輪は価格よりもデザイン重視にシフト

結婚で欠かせないものといえば、結婚指輪です。
近年では価格よりもデザイン重視にシフトされてきているようです。
若いカップルですと、経済的な理由から結婚式を挙げず、指輪の交換だけという人も増えてきました。
ショップでは多種多様なデザインのものがあります。
宝石をあしらったものから、飾りのないシンプルなものまでさまざまです。

最近の結婚指輪は普段使いできるようシンプルなものが人気

最近ですと、普段使いできるようシンプルなものが人気を集めています。
価格も10万円を切るものも増えてきています。シンプルなものになるほど、他の人とデザインがかぶってしまうといったこともあるようです。
多くのショップではオーダーメイドやセミオーダーのものを扱うようになりました。
予算や好みに応じて対応できるようになってきています。

シンプルな結婚指輪の代表例

シンプルな結婚指輪の代表例として、飾りを使わないものがあります。
名前や記念日、好きな言葉を刻印したり、好きな宝石をワンポイントであしらったりするのが人気です。
内側に刻印はよくみられますが、中には内側に宝石を埋め込むデザインもあります。
外から見てゴチャっとしたデザインにならず、夫婦ふたりだけの思い出というものが感じられます。
ちょっと変わった見方ですと、外側に宝石を埋め込んだデザインだと、特に女性の場合、妬みの種になったりもするそうです。
他の女性から見て、自分より高価そうなものを見ると負けたという気持ちになり、持ち主が嫌味を言われたり・・・などといったことが少なからずあったりします。
そのようなことを避けるために、内側に宝石を埋め込む人もいたりします。もちろんそのようなネガティブな観点ではなく、単純に素敵なデザインである理由からそのようなデザインのものを好む人も多くいます。
今まで見たことないおしゃれなデザインということで選ばれているのです。

近年人気なセミオーダー

人とは違うデザインでということから、オーダーメイドのものを注文する人も多いですが、予算の関係でなかなかフルオーダーに踏み切れないという人ももちろんいます。
既製品だとデザインが限られてしまいます。
そこで近年人気なのが、セミオーダーというものです。
セミオーダーとは、元々あるデザインをもとに二人だけのアレンジを加えて、オリジナルの指輪を作成できる注文方法です。
元々あるデザインを使うので、どこまでがオリジナルかは判断できませんが、素材をプラチナからゴールドに変更したり、半分をゴールドにしたり、宝石の色の変更や宝石の数を増やしたりといったことが可能です。
もちろん刻印もできます。
フルオーダーと違う点は、ある程度完成を想像しやすいということです。
ショップによっては、画像でどんな風になるのかを見せてもらえたりします。
既製品では少し物足りない、とはいえフルオーダーには手が届かない。
そのような人に人気があるのが、セミオーダーです。
既製品とほぼ同じ完成期間で入手でき、かつオリジナル度も抜群に高くなるため、理想のものが手に入れられます。

シンプルながらも+αのデザイン

指輪への思いは人それぞれです。
フルオーダーが好きな人がいれば、ブランドの完成品にこだわる人もいます。
傾向としては、既製品に刻印を入れるというものに人気があり、刻印する言葉に強い思い入れを持つ人が多いです。
さらには既製品をそのまま加工せずにという人もいます。
デザイナーによるデザインやブランドイメージを大切にする人も多いようです。
全体的な傾向として、普段使いができるシンプルなものが人気です。
シンプルながらも+αのデザインで人とは違うものでさりげなく差をつけるのも二人の思い出になるのではないでしょうか。
ぜひ、ふたりが「これしかない」と思った指輪を大切にしてください。

  • to-mo
  • キュレーター:to-mo

関連キーワード