ソフトバンクホークス愛があふれちゃうウェディング

2017.09.27 Column
Share

楽しめる結婚式にしたい

結婚式は一生に一度のイベントです。
誰しもが一生の記憶に残り、新郎新婦にとっても招待客にとっても楽しめる式にしたいものです。
近年結婚式では、新郎新婦の趣味や嗜好をテーマにしたプランに応じて行われることが増えています。
このようなプランで式を行うメリットは、新郎新婦が式場のプランナーと何度も打ち合わせを重ね、世界に一つしかない自分たちだけの式ができるということです。

ホークスにちなんだウエディング

例えば新郎新婦がともにソフトバンクホークスのファンならば、ホークスにちなんだウエディングを行うことができます。
福岡県内のホテルでは、結婚披露宴をホークスの本拠地であるヤフオクドームで行うことができるプランを提案しています。
このプランでは式の進行を球場のスタジアムDJが臨場感たっぷりに行ってくれます。
新郎新婦二人の思い出の映像やお祝いのメッセージは、大きなオーロラビジョンで迫力満点に映し出され、ホークスの人気キャラクターが大集合して二人の門出を祝福してくれます。
式を盛り上げる際には、ホークスバズーカやジェット風船、バルーンアーチなどさまざまなイベントが用意されています。

費用も思ったほどは高くない

ドームを貸し切るので式を行う金額の方はお高いのでは、と思われるかも知れませんが、会場費や食事費、衣装費を含めて招待客80人の場合総額270万円程度になっています。
式の相場は招待客80人で300万円弱と言われているので、ホークスファンの方にとってはお得なプランとなっています。
ただしプロ野球のシーズンはドームが空いていることが少ないので、式を行うことが出来るのは野球のシーズンオフに限ります。

ホークスファンの新郎新婦・タキシードとウエディングドレス姿で始球式

また4万人の観衆が見守る中で、公式戦の試合前にヤフオクドームでタキシードとウエディングドレス姿で始球式を行ったホークスファンの新郎新婦もいます。
このプランのメリットは実際にホークスの選手が間近に見え、祝福してくれるということです。
そして4万人の観衆も新郎新婦を祝福してくれる、普段ではありえないほど非常にスケールの大きいものとなっています。
なお試合の最後には大きな打ち上げ花火を新郎新婦のためにあげてくれます。
このイベントはウエディングサービス会社が開催したもので、始球式を行った新郎新婦は抽選で選ばれた幸運な方です。
誰でも気軽に行うことはできませんが、だからこそ実際に行った新郎新婦は忘れられない一生の思い出になります。

自分たちの好きなもので招待客を楽しませたい

そこまでは大がかりなことはできないと言う方は、式の様々な場面で自分たちの好きなものを使って招待客を楽しませることが可能です。
ホークスファンの新郎新婦ならば、招待客を会場で迎えるウエルカムボードにホークスのユニフォームを着た新郎新婦を描いたり、ウエルカムドールにタキシードやドレスを着たホークスのキャラクターのぬいぐるみを置いたりするだけで他の式とは違うオリジナルなものにすることができます。
ウエルカムボードの代用にユニフォームに絵を描いたり文字を書いたりしてデザインした、ウエルカムユニフォームを展示することも可能です。
新郎新婦のお色直しの際にホークスのユニフォームを着て登場したり、ウエディングケーキの絵にホークスのキャラクターを描いたりすると、招待客にとってもインパクトに残る式になります。

記憶にも残るオリジナルな式がおすすめ

結婚式の目的は単に新郎新婦を祝福することだけではなく、同時に新郎新婦がどのような人物かを招待客に知ってもらうためのものでもあります。
そのため自分たちが好きなものをテーマとした式を挙げることで、自分たちがどのような人物であるかを表現することができます。
一生に一度しかない結婚式だからこそ、自分たちにも招待客の記憶にも残るオリジナルな式を挙げることをおすすめします。

上記以外で編集者おすすめの式場はこちら

ザ・ロイヤルクラシック福岡

~クラシカル・ゴージャスな空間でデビュタント

3,000坪の広大な敷地にチャペル、3つのゴージャスなバンケットルームを備え、メインのウエディングステージの佇まいは、まるで地中海を一望できるモナコの5つ星ホテル――それが、ザ・ロイヤルクラシック福岡です。

ラ・ブリエ教会はステンドグラスの明かりが室内に柔らかく反射して、刻刻と幻想的な空間へ変容するチャペル。
「光り輝く」の意味そのまま“ラ・ブリエ”教会は息をのむほどの神秘的な美しさ、それに包まれる幸福感を想像してみてください。

ザ・ロイヤルクラシック福岡が誇るバンケットルーム「グラン・ド・フルール」は圧巻!ためいきが出るほどの贅を極めたロイヤルクラシカル。
220名まで収容可能な大空間と福岡屈指の天井の高さに驚きますが、ヨーロッパの宮殿のようなイメージの格調高いインテリアに囲まれてゲストの方たちも一緒に社交界気分を満喫。
グラン・ド・フルールへの扉を開けると広がるのは真っ白い大理石の大階段。
ドレス姿でゆっくりと降りていくシーンは、エルメスのケリー・バッグの由来となったグレース・ケリーの映画のワンシーンのよう。

「グラン・ド・ヴィラ」は鮮やかな花と緑、優しい音を醸す噴水が素敵なアクアガーデンが印象的なモダンリゾートテイストのバンケットルーム。
バルーンリリースやデザートビュッフェ、オリジナル演出など多彩なプランが楽しめそうですね。
水と光と緑に囲まれたグラン・ド・ヴィラでの水上挙式は、自然からの祝福を受けている感覚を味わえて人気が高いのも頷けます。

「グラン・ド・シャルマン」は洗練されたモダニズムデザインのバンケットルーム。
高さ7.5mの天井から吊り下げられたペンダントライトが目を引きます。
室内全体は深みのあるブラウン基調ですが、ランプシェードの落ち着いたブルーがアクセントとなって上品モダンの空間を創り上げています。
フランス語で「魅惑的」を意味するシャルマンは、シックな空間だからドレスが映えます。

ザ・ロイヤルクラシック福岡はウエディングドレスも豊富に揃っているので、 それぞれのパーソナル、コンセプト、イメージなどに合わせて選べます。
気になる料理はフレンチ・和洋折衷・和食の3種あり、味にうるさいグルメなゲストも大満足。

テイストが異なる3つのバンケットルームや様々なリクエストに応えられるウエディングドレス、一流シェフの料理…。
魅力的なコンテンツが揃うザ・ロイヤルクラシック福岡ですが、利用した人の中で賞賛の声が高かったのはスタッフの“おもてなしの心”でした。

関連キーワード