温かみのあるDIYアイテムで、かわいくゲストをお出迎え♡

2017.06.22 DIY

簡単なのにとってもかわいい!ロールタイプの席次表!

「結婚式の費用が予算をちょっとオーバーしちゃった!」

あれもこれもと欲張って、気が付けば挙式費用が思わぬ高額になっていることって、よくあります。
ちょっと節約したいけど、でも、どこを削ればいいのか分からない。
ドレスは絶対に大事だし、ゲストをおもてなしする料理だって気が抜けない。
席次表のランクを下げるべきか、でもやっぱり、ペーパーアイテムだってかわいいモノを選びたい!
そんなこだわり派の花嫁さんにオススメなのが、ズバリ、DIY結婚式です!

DIY結婚式ってどんなもの? どうやって作るの?

DIY結婚式、つまり結婚式に手作りアイテムを取り入れるのは、もはや珍しいことではありません。
むしろ、お洒落に敏感な花嫁さんほど、積極的に手作りアイテムを取り入れているのです。
手作りのウェルカムボードから、席次表、席札、ブーケ、さらにはウェディングドレスを作っちゃった!なんていうクリエイティブな花嫁さんも存在するほど。
DIYアイテムに興味はあるけど、不器用だし、どうやって作れば良いのか分からない。
そんな人は、ペーパーアイテムの手作りから挑戦するのがオススメです。

どうしてペーパーアイテムの手作りがオススメなの?

ペーパーアイテムを手作りするメリットは、たくさんあります。
材料のコストがあまりかからない。
ペーパーアイテムの原材料となるのは、主に紙です。ちょっと高級な特殊紙でも、だいたい100枚1,000円以下で手に入ります。
式場に席次表をお願いしたら、安くても1枚400円から。80人分だと3万2千円に!
だけど席次表を手作りすることで、費用を5000円以下に節約することだってできるのです。
既製品にはない温かみがだせる。
結婚式は二人の人となりをゲストに知ってもらう日でもあります。自分で考えてアレンジしたアイテムを使用することで、二人にしか作れないオリジナリティを出すことができます。
アイデア次第で、とってもかわいいアイテムが作れる。
手作りだからって、舐めちゃいけません。アイデアや工夫次第で、既製品よりもずっと可愛いアイテムを作ることだってできちゃいます。

先輩花嫁さんの、とってもかわいい手作りアイテムをご紹介♡

もはや手作り席次表の定番となりつつある、ロールタイプの席次表。
とっても可愛らしいので、自分の挙式にも取り入れる花嫁さんが続出中です。
作り方はとっても簡単。
クラフト紙に席次を印刷して、くるくる丸めて麻紐やリボンで留めるだけ。
簡単に作れるのにこんなに可愛いなんて、とっても嬉しいアイテムですよね!
席次表をくるくる丸めたいときは、先にリボンで輪を作ってから、輪の中に席次表を入れるようにすると、同じ大きさで綺麗な席次表が作れます。
クラフト紙で作るのも可愛いですが、印刷する紙をファーストヴィンテージ紙なんかにしても、独特の風合いで可愛らしい席次表に仕上がるのでオススメです。


バスケットに入れて受付に置けば、とっても可愛いウェルカムアイテムに早変わり!
実用的で、飾っても可愛い素敵な手作りアイテムです。

席次表だけじゃない。席札だって可愛く手作りできちゃいます!

何かアイテムを手作りしたいけど、パソコンを持ってない、もしくはパソコンが苦手だっていう人にオススメなのが、手書きの席札です。
手書きの席札って、字が上手くないと難しいように思えます。
もちろん、ただの白い紙に手書きで文字を書いたって、可愛いアイテムにはなりません。
だけど、こちらもアイデア次第で、手書きが『味』に代わるのです。

素材を工夫することで、個性的で可愛い席札に!

席札を手書きするのであれば、プリンターでは印刷できないものに名前を書くのはいかがでしょうか。
とくに、自然物×手書き文字は、個性が出る上に可愛らしくておすすめです。
写真の花嫁さんは、リーフに金色のペンで名前を書いて、席札として使用しています。
リーフだけじゃなくて、たとえばストーンやウッドチップなんかに名前を書いても、個性的で可愛らしい席札に仕上がりますよ。
夏の結婚式であれば、貝殻に名前を書いてみるのも涼しげで良いかもしれません。
特殊な素材に文字を書く場合、普通のペンでは上手く文字が書けないことも多いので、綺麗に文字がかけるペンを色々と試してみる必要があります。
濃い色の素材に文字を書く場合、修正液を使って書くと、はっきりとインクが付着してよい仕上がりになりますよ。

紙にちょっとしたポイントをプラスして、可愛い席札に大変身!

名前と一緒にイラストを描いたり、リボンや造花、スパンコールや立体シール等を利用したりすることで、席札を可愛らしくアレンジできます。
こちらの写真の場合、似顔絵のイラストと少し崩れた風合いの文字が上手くマッチして、とっても素敵な席札に仕上がっています。
花束をイラストで描くのではなく、小さなストーンを利用して表現しているのもお洒落ですね。
自分の似顔がついたこんな可愛い席札が置いてあったら、嬉しくって感動しちゃいます。
ペーパーアイテムの手作りは、そう敷居が高いものではありません。
他にはない二人だけの手作りアイテムをとりいれて、素敵な結婚式を演出しましょう!

  • to-mo
  • キュレーター:to-mo

関連キーワード