幸せを形にする♡世界にたった一つ、2人だけのブライダルジュエリーを作ろう!

2017.06.01 Wedding Dress
Share

ブライダルジュエリーを自分たちで作るカップルも

2人の幸せや愛を形にするという事で、現在ではブライダルジュエリーを自分たちで作るカップルも増えています。
方法は主に2つに分かれており、まずは自分たちの可能な方や希望する方を選びます。

業者に依頼する方法

一つは業者に依頼する方法で、この場合にするのはデザインと利用する素材を考える事です。 どのような感じのブライダルジュエリーにしたいかを考え、業者にデザインをもとにして制作してもらいます。 デザイン自体は細かく自分たちで考える事もできますが、大まかなイメージを伝え、それに合ったデザインを考えて貰う事も可能です。 自分たちが出来る所まで行えるというのが、ブライダルジュエリー制作の良い所です。 業者に依頼する場合は何度もデザインの図を見て打ち合わせをし、それによってどのような物にするか最終的にデザインが決まったら制作に取り掛かる事になります。 制作に費やす期間はそのデザインや凝り具合等によっても左右されるのですが、結婚式に間に合わせるという事を考えるとなるべく早くから制作に取り掛かる方が良いでしょう。 その方が時間に余裕がある状態で進める事が出来る為、結果的には自分たちが納得できる所までデザインを細かくっ調整する事もできるようになるからです。

自分たちで手作りする方法も

もう一つは自分たちで手作りする方法で、これもまた大きくは2つに分ける事ができます。 一つはスクールなどで制作する方法で、この場合はそのスクールで扱っている素材を使って作成する事になります。 スクールに行って作成する大きなメリットは、色々な道具を用意する必要が無いという事です。 また作業に関してなかなかうまくいかない所等は手伝ってもらう事も出来るので、自分が最初から最後まで関わった世界に1つだけの2人だけのブライダルジュエリーを作る事ができます。 作成には銀粘土を利用したり、他の金属を利用したりする事ができますが、中に石を埋め込んだり細かく細工したりと、どこまででも凝る事が出来るようになっています。

自宅などで作成する事もできる

また手作りはキットを購入して自宅などで作成する事もできるようになっています。 この場合は材料は勿論の事、必要な道具も全て揃っている状態になっているので、それ以外に用意する必要がある物は基本的にはありません。 スクールに行って作る時間が無い人や、誰かに教えてもらうのではなく一から全部作って行きたいという人等にもお勧めです。 股自宅で作成する事が出来るようになっているので、自分一人で作る事もできますが、パートナーと一緒に話しながら作る事もできます。 だからブライダルジュエリーを互いに贈り合うだけでなく、お互いに作成するという体験を共有する事が出来るというメリットもあります。 キットによって作る事が出来るものは違っており、さらに制作時間も違っているので、予算や費やす事が出来る時間、理想としているデザイン等に合わせてキットを選び購入します。

結婚は一大イベント

結婚と言うのは一大イベントで、2人にとってはとても思い出深い物となります。 幸せは心でも感じる事ができますが、それをブライダルジュエリーを利用して形にすれば、その時の2人の幸せを目に見える形にして残す事もできます。 費やす事が出来る時間や手先の器用さ、さらに希望するデザインや使って見たい素材等によっても選ぶべき方法は違っていますが、手作りする事でより思い入れのある物にする事ができます。 現在では手作りをサポートしてくれる業者も多数存在しているので、2人でオリジナルの物を作りたいと思っている場合は、一度どのような所で作る事が出来るか調べてみましょう。 またその時はまずは2人でよく相談して、どういったタイプのジュエリーを作りたいかと言う事も良く話してから計画を進めると良いでしょう。

関連キーワード