気になりだすと止まらない、ぶっちゃけあかす!プロポーズの指輪、お値段相場!

2017.06.09 Column
Share
気になりだすと止まらない、ぶっちゃけあかす!プロポーズの指輪、お値段相場!

婚約指輪はそれなりにするもの

婚約指輪

プロポーズをする時に用意する婚約指輪は、ダイヤがついたものを用意する人が多いですので、金額はそれなりのものになります。
一説では給料の三か月分と言われていますが、実際のところそれほどの金額のものを用意するのは大きな出費になるでしょう。

日常の結婚生活にもお金は必要

これから結婚生活のためにお金も必要になりますし、結婚式を行うとなれば数百万円ものお金が必要になりますので、そこまでお金をかけられないというのが本音になるはずです。

相場はいくらくらいか知ってから

しかしあまりお金をかけられないとはいっても、相場よりも安すぎる婚約指輪を渡すのも気が引ける部分もありますので、ぶっちゃけの相場はいくらくらいかを知ってから、どのくらいのものを購入するかを決めることもできます。
もし本当に一説通りの給料の3か月分が相場とすれば、給料が20万円の人だとしても60万円くらいで購入することになりますし、30万円の人であれば、90万円もの値段となりますので、驚くほどの金額になります。
給料三か月分というのを気にしなければ 一説の給料三か月分というのを気にせずに一般的な相場で見てみると、三割ほどの人が、30万円から40万円の間で購入しているのが現実です。
次に多いのが、20万円から30万円という人で全体の二割程度になっています。
そしておよそ7割の人が40万円未満で購入をしていますので、それほど高い値段のものは購入していないということになるでしょう。
一説の給料三か月分程度の金額で購入している人は、わずか一割程度しかいませんので、給料三か月分にこだわる必要は全くないといえそうです。

結婚生活には現実を見ることも必要

気になりだすと止まらない、ぶっちゃけあかす!プロポーズの指輪、お値段相場!

そうなるといくらくらいが相場になるかといえば、30万円程度が現実の値段ということになりますので、そのくらいの値段で用意できれば相場に沿っていますので、恥ずかしくないものが用意できたといえるはずです。
金額が高ければその分、愛の大きさも比例すると考えるような女性となれば、今後の結婚生活に不安を感じることになります。
使い切れないくらいの年収がある人であれば、高い婚約指輪を用意してもいいでしょうが、一般的な年収の人であれば、堅実な値段のものを購入するようにした方が現実的です。
結婚生活に必要になるのは、現実をしっかりと見つめて生活をしていく事ですので、いつまでも無駄遣いばかりをしていくわけにはいきません。
他にもお金をかけなくてはならない部分はたくさんありますので、どこにお金をかける必要があるかを考えて購入をした方がいいでしょう。
30万円ものお金をかけるのであれば、女性は自分の好みで選びたいという人もいます。
婚約期間だけではなく結婚後もつけることが出来るタイプであれば、短い婚約期間以外にも使うことが出来るので無駄がありません。
婚約期間しかつけられないようなデザインであればあまりにももったいないですので、普段使いもできるような好みのデザインで女性に選んでもらうのもいいでしょう。
男性が選んでくれたものであれば、どんなデザインでもいくらのものでもうれしいと言ってくれる女性であれば、結婚後の生活の安心ができそうです。
自分が選んだ相手が何をのぞんでいるかを考えて選ぶようにし、いくらくらいのものをプレゼントすればいいかも考えて選んでいくといいでしょう。

結婚指輪にお金をかけたいという人も

中には婚約指輪にお金をかけるのではなく、結婚指輪にお金をかけたいという人もいます。
二人でおそろいのペアリングににお金をかけたいと思う人もいますので、二人で話し合って考えるのもいいでしょう。
婚約指輪はいらないと言っている女性だとしても、やはりプロポーズをするときにもらえるとどんなものでもうれしいはずですので、お金をかけないにしても雰囲気を盛り上げるために用意することを考えてもよさそうです。

関連キーワード