こだわり派におすすめ!結婚指輪を【オーダーメイド】できるブランド

2017.04.22 Ring

Share
この記事を

定番か?個性をだすか?

結婚指輪は夫婦の証、ずっと使うものです。
婚約指輪は女性が男性から贈られるものですが、結婚指輪は、夫婦そろって左手の薬指につけられているものです。
教会での結婚式の際には、指輪の交換をおこないます。
定番としては、プラチナ素材でシンプルなデザインのものです。
夫婦でお揃いのデザインを選ばれている傾向があり、太さ、またディティールとして女性ですと、ダイヤを入れたりすることもあります。
また、婚約指輪と重ね付け出来るデザインで、セットで作られているものもあります。
一粒ダイヤがきれいに重なるような作りで、コーディネートを楽しむことができます。
結婚指輪のデザインとしては、夫婦それぞれのリングを合わせたときに1つのデザインになるような、おしゃれなものもあります。

世界に一つだけのオーダーメイド

種類も豊富ですし、かなり幅広いブランドやメーカーから出ていることもあり、かぶるということも少ないのですが、 世界に一つだけというところになりますと、違います。
世界に一つだけ、より納得いくデザインのもの、太さやディティールなどこだわりたいという方には、オーダーメイドがおすすめです。
ジュエリーブランドの中には、オーダーメイドで作ることができるところもあります。
サイズに関しても、1号ずつではなく、0,5刻みになっていたり、よりフィットするものを選ぶことができます。
もちろんデザインを1から考えて作ることもできます。
また、セミオーダーですと、太さ、素材、またダイヤの数や大きさなども選んだりして、型に合わせて決めていくこともできます。

一からデザインできる

結婚指輪を オーダー メイドで作るというのは、ひそかなブームになっていて、多くのカップルたちが自分たちの指輪をオーダーしています。
ブランドによっては、デザインから一緒に相談にのってくれるところもありますし、それを形にしてくれるというデザイナーが担当してくれる場合もあります。
1からデザインとなりますと、素人さんでは少し難しい部分もあり、要望であったり、理想的な思いを形にしてもらうということもできます。
もちろんデザインなどが得意な方でしたら、そのまま図案などを持参したりすれば、それを相談しながら形にしてもらうこともできます。

素材でもオリジナリティを

また、最近では夫婦手作りで結婚指輪が作れるというところもあります。
素材に関しても、今まではプラチナが定番だったのですが、たとえば18金でピンクゴールドにしたり、イエローゴールドにしたり、といったこともできます。
また、おしゃれなデザインですと、周りの部分が違う素材で、真ん中がプラチナといったこともできます。

予算から決めることもできる

オーダーメイドにすることで、より自分たちにしっくりする形の指輪に仕上げることができます。
予算にも合わせていくことができますし、デザインとしても、ハワイアンジュエリーのように個性的なデザインに仕上げることもできます。
今は、結婚指輪といっても、本当にシンプルというものだけではなく、
おしゃれにファッション的な使い方ができるような感じのものも人気があります。
婚約指輪を作らずに、結婚指輪だけにするという場合ですと、結婚指輪でエタニティータイプにしたりするケースもあります。
普段使いもできるデザインで、しかもきらびやかに指元を飾ることができて、女性に特に好評です。
やはり、キラキラと光るダイヤは永遠の輝きですし、ずっと使う結婚指輪だからこそ、こだわって選んでいきたいものです。

あなたの好きなブランドはどっち?

ブランドによっては、オーダーができるところ、また既製品のみのところもあります。
オーダーの方が時間もかかりますので、結婚式の指輪の交換などで使うこともあると思いますし、
できれば早めに相談を始めていく方が良いでしょう。
とても人気があるブランドもあります。

  • to-mo
  • キュレーター:to-mo