ダイヤモンドプロポーズを前に調べておくべきこと

2017.04.19 Wedding Dress
Share

ダイヤモンド自体をプレゼント

ダイヤモンド プロポーズを検討する場合は、事前にこのやり方の目的であったり、具体的な方法を調べて良く理解する必要があります。
従来のプロポーズは、結婚指輪を購入して渡すのが主流で、石にダイヤモンドを選ぶことが一般的でした。
しかし、近年はプロポーズが多様化したことによって、指輪状に加工されていない石だけを渡す新たな方法も登場しています。
ダイヤモンド プロポーズはまさに、ダイヤモンドの石自体を贈り物にする方法で、まるで指輪のように手渡せるのが特徴です。
勿論、石は剥き出しのまま手で渡すのではなく、専用のケースに入れて包むのが基本です。
また、ケースにリボンを付けることも出来ますから、贈る側は普段のプレゼント感覚で渡せるのが魅力的です。

伝え方を間違えないように!

一方で、気になるのは受け取る側の反応ですが、きちんと説明して順番通りに渡す、これが成功を実現する為のポイントとなります。
例えば、結婚して欲しいという気持ちを伝えて、次にダイヤモンドの石を渡すだけでは、相手は馬鹿にしているのかと怒ってしまうでしょう。
所が、二人で指輪にする為にダイヤモンドを用意した、このように前置きを付けることで、相手は意味のある贈り物だと理解してくれます。

妥協案ではない!

ダイヤモンド プロポーズは、相手の指輪のサイズが分からず指輪が作れない、あるいは作るのが面倒で用意しなかった、こういった理由で行うものではありません。
結婚を決めてから指輪を作る、それがダイヤモンド プロポーズの目的なので、その点を履き違えないことが肝心です。
まずは目的を良く理解すること、加えて具体的な方法を詳しく知る、そうすることで不安なくプロポーズに挑戦することが出来るようになるでしょう。

ダイヤモンドとケース

ダイヤモンド プロポーズを控えた段階で、事前に知っておいた方が良いポイントは、 贈るのに適したダイヤモンドのサイズ、それに価格相場の理解や収納する専用ケースの選択です。
大き過ぎるダイヤモンドは、それはそれで見栄っ張りに思わせますし、逆に中途半端なサイズでは相手に不安を与えかねません。
ダイヤモンド プロポーズの前提は、あくまでも指輪に使える石を用意することなので、指輪に使いにくい石を選ぶのは間違いです。
何より、相手が贈られて嬉しい贈り物が結婚の約束に結び付きますから、 無理のない予算の範囲で最適なサイズの物を選ぶことが必要です。

選ぶのはダイヤモンドだけではない

石の大きさも重要なポイントですが、実はケース選びの方もプロポーズに影響する可能性があります。
このプロポーズは、指輪でなく石を先に渡すやり方なので、贈られた相手は石その物を強く意識します。
つまり、石の輝きや大きさ、そしてカットの美しさが注目されますから、石だけでも魅力に感じられる贈り物を行うことが重要になります。

ケースで付加価値をつける

大き目の石を選ぶ、これも相手に気持ちを伝える一つの方法ですが、ダイヤモンドは大きさに比例して価格が上昇します。
予算によっては実現が難しくなりますから、現実的な予算や石のサイズを前提に、ケース選びを工夫して贈り物を完成させることがコツです。

ダイヤモンドをさらに際立たせる

重厚なケースはこれだけで、大切な物が厳重に守られている、そのような印象を相手に与えるでしょう。
更に、ケース内部の色は石の輝きを引き立てますから、色が濃い目で主役を目立たせる、そういったケースを選ぶこともポイントです。
相手に与える印象を強めたい場合は、ケースに木製の素材を選んだり、ケース内部に花等をあしらう演出を加えることが出来ます。

後はタイミングと気持ち

後は切り出す場所やタイミング、これらを調べて計画を立て、イメージトレーニングとリハーサルで自信を付けることがおすすめです。
プロポーズは、贈り物をする側に主導権がありますから、好きなタイミングで何時でも切り出すことが可能です。
ただ、成功するかどうかもプロポーズする側に掛かっているので、予め成功の秘訣を念入りに調べ、切り出す自信を身につけてから挑戦することが大切です。

関連キーワード