【必見!】最悪なフォトウェディング(フォト婚)にならないための解決策とは

2022.12.12 Photowedding
Share
【必見!】最悪なフォトウェディング(フォト婚)にならないための解決策とは

2人の大切な記念になるフォトウェディング(フォト婚)では最悪な思い出にならないようにしたいですよね。

事前のリサーチ不足や確認不足で、料金ヘアメイク衣装写真のクオリティーなど最悪なフォトウェディングになりかねません。

準備や打ち合わせのやりとりなどのちょっとした違いで誰でも最悪なフォトウェディングから満足度の高いフォトウェディングに変えることができますよ。

この記事では先輩花嫁の具体的な心配談とその解決策をご紹介します。

フォトウェディングはやり直しがきかない分、後悔して最悪な結果にならないために参考にしてくださいね。

最悪なフォトウェディング(フォト婚)にしないために、「予約前」、「撮影当日」、「撮影後日」の3つのそれぞれのタイミングで解決策を実践するだけで回避することはできますよ。

 

フォトウェディング(フォト婚)について詳しく知りたい方はこちら
>>【注目!】今フォトウェディング(フォト婚)が人気!魅力とメリットを大調査

 

【予約前】最悪なフォトウェディング失敗談と解決策

【予約前】最悪なフォトウェディング失敗談と解決策

情報不足やリサーチ不足の結果、予約前に失敗し最悪なフォトウェディング(フォト婚)になるケースは1番多いと言えるでしょう。

その多くは、「プラン内容」と「料金」だけを確認して予約をしてしまうカップルが多いからです。

表示されているプラン内容はもちろん、衣装や打ち合わせの回数など目には見えない部分が意外な落とし穴なこともあります。

フォトウェディングのプラン内容だけを見て予約をするのではなく、目には見えない部分もしっかりと事前に確認することが最悪なフォトウェディングを回避できる秘訣になりますよ。

 

追加料金で予算オーバー

追加料金で予算オーバー

料金面での失敗談は、プラン内容に必要なものがどれだけ含まれているのかを確認せず予約をし、実際に必要なものを含めると予算オーバーになってしまうことです。

「この料金ならもっと良いフォトウェディングの選択肢があったのに…」と最悪な結果になりかねません。

 

プラン内容の比較

予算オーバーにならないためには「最低3社」のフォトプランの内容を比較するようにしましょう。

比較することで、フォトウェディングで本当に必要なものがプランに含まれているかを確認することができます。

プランに含まれていないものがあれば、オプション金額も含めた合計金額を出してトータルの金額を把握すれば、金額面での最悪なフォトウェディングを回避することができますよ。

 

気に入ったデザイン、サイズの衣装がない

気に入ったデザイン、サイズの衣装がない

よくある失敗談は、衣装の種類が少なく気に入ったデザインの衣装を選べなかったことです。

どんな衣装があるのかを事前に詳しく教えてくれるフォトウェディング会社はあまり多くありません。

デザインが気に入っても最悪な場合サイズが合わずに諦めざるを得ないケースもあります。

妥協した衣装選びは、後悔が残る最悪なフォトウェディングの原因になりますよ。

 

衣装の種類チェック

衣装にこだわりがある新婦さんは、予約前にフォトウェディングでレンタル可能な衣装の種類を確認することは必須になります。

衣装がウェブサイトやSNSに掲載されていない場合は「直接問い合わせ」をし、写真を見せてもらうようにしましょう。

万が一、写真もない場合は「実店舗に足を運び実物を確認し、試着」をしてみることをおすすめします。

 

衣装の持ち込み不可

衣装の持ち込み不可

最悪なケースは、フォトウェディングのプラン内で気に入った衣装がなく、また持ち込みも不可な場合です。

予約先によって衣装の持ち込みの可否は異なるため持ち込み不可な会社に予約をし、更に気に入った衣装がなかった場合、フォトウェディング自体が最悪な思い出になってしまいますよ。

 

理想の衣装を事前リサーチ

気に入ったデザインや雰囲気の衣装は事前にSNSなどでリサーチをし、写真を保存しておきましょう

問い合わせの段階で、似たような衣装があるか写真を見せて確認すれば効率よく後悔なく予約することができます。

花嫁さんにとって気に入った衣装を見つけることは、理想のフォトウェディングが叶う大きな一歩になりますよ。

 

打ち合わせの回数が少ない

打ち合わせの回数が少ない

フォトウェディングの打ち合わせは結婚式のように打ち合わせ回数は多くありません。

事前の打ち合わせ不足が原因で最悪なフォトウェディングで後悔してしまうケースもあります。

直接口頭で打ち合わせをしなくてもメールのやりとりで完結することも可能なので、情報が不十分のままフォトウェディング当日を迎えることにもなりかねません。

 

余裕を持った問い合わせ

万が一の場合に備えて、時間に余裕を持ってフォトウェディングの問い合わせをするようにしましょう。

フォトウェディングは手軽に短期間で準備ができる分、打ち合わせ回数を多くありません。

不安や疑問点を確認できないまま、あっという間に当日を迎え情報不足で最悪なフォトウェディングにならないよう、時間に余裕を持って問い合わせし不明点はその都度確認をするようにしてくださいね。

 

担当者との相性が悪い

担当者との相性が悪い

フォトウェディングで最悪な担当者に当たってしまうと、スムーズに打ち合わせができず不安ばかりが増してしまいます。

質問に対して的確な答えやアドバイスがなく、返事も遅い場合は特に不信感に繋がってしまいますよね。

最悪なフォトウェディングは、料金やプラン内容だけでなく担当者との相性も重要になりますよ。

 

3つ以上の問い合わせ

担当者次第で、納得したフォトウェディングが叶う可能性もあります。

経験豊富な担当者であればアドバイス提案力もあります。

「3つ以上の窓口」に相談をしてみると、良い面も悪い面も比較をしやすくなります。

最悪な担当者と親身に寄り添ってくれる担当者では、トータルの満足度やクオリティーにも大きさ差がうまれてきますよ。

 

【撮影当日】最悪なフォトウェディング失敗談と解決策

【撮影当日】最悪なフォトウェディング失敗談と解決策

フォトウェディング当日に失敗してしまうと、全てが取り返しつかない最悪な結果になってしまいます。

当日は限られた時間の中で支度や撮影を行わなければならず、しっかり事前の準備をしているかどうかが重要なポイントになります。

楽しみにしていたフォトウェディングが最悪な状況の中ではモチベーションも上がらないですよね。

フォトウェディング「当日に失敗しないために解決策」を参考にしてくださいね。

 

イメージとは違うフォトウェディングのヘアメイク

イメージとは違うフォトウェディングのヘアメイク

イメージするフォトウェディングのヘアやメイクを上手く伝えられずに最悪な結果になってしまうことがあります。

自分の中にあるイメージだけを口頭で伝えるだけでは、人によって受け取り方が違うため認識に差が生じてしまいます。

肌質や髪質などの特徴は個人差があるため、必ずイメージ通りにならない可能性があることも念頭に置いておきましょう

 

ヘアメイクさんへの伝え方とタイミング

事前の担当者との打ち合わせの中で先に理想の髪型やメイクを写真で伝えることは必須です。

写真も1枚だけでなく、イメージに近いものを数枚用意しておきましょう。

「担当者に伝えたから大丈夫!」と安心せず、フォトウェディング当日もヘアメイクが始まる前に再確認も兼ねて写真を見せながらもう1度擦り合わせをすることをおすすめします。

逆に絶対に避けて欲しいNGポイントやこだわりポイントなども口頭で伝えると最悪な結果を回避することができますよ。

 

カメラマンとの相性が悪い

カメラマンとの相性が悪い

カメラマンとの相性が悪いと最悪です。

フォトウェディング中にそう感じてしまっても、やり直しは効かず当然ながらカメラマンを変更することもできません。

本来の2人らしさを引き出し、自然な表情で撮影できるのもカメラマン次第です。

常に緊張して強ばった写真ばかりでは最悪ですよね。

どんなカメラマンが担当になるか分からない場合、不安や心配はつきものになります。

 

事前に要望を伝える

カメラマンがどんな撮影を得意とするのかを事前に担当者に要望を伝えることは大切です。

テンション高め、寡黙な感じなどカメラマン独自の撮影の仕方があるからです。

不安な場合は、フォトウェディングの会社ではなく直接フリーカメラマンなどに依頼をしてみるのも1つの方法です。

どんなカメラマンが撮影するのかを事前に情報収集することはフォトウェディング当日の不安を解消することへと繋がりますよ。

 

緊張して自然な表情がつくれない

緊張して自然な表情がつくれない

どんなにカメラマンの腕が良くても、表情を作るのは2人次第です。

最悪な場合、出来上がったどの写真を見ても不自然な表情になってしまうこともあり得ます。

せっかくの記念のフォトウェディングも納得した仕上がりでなければ、周りの人に写真を見せることさえ躊躇してしまい最悪な思い出になってしまいますよ。

 

事前練習&ポージング

表情や姿勢は誰でもちょっとしたことで変えることができます。

そのためには、事前に鏡の前で綺麗に見せる姿勢や笑顔を作る練習も必要です。

フォトウェディング中は周りの目を気にしてしまいがちですが、2人の世界をしっかり作ることが大切です。

カメラ目線ばかりを気にせずお互いの目と目を見ながら普段のように何気ない会話をしてみることもおすすめですよ。

 

季節ならでは気温問題

季節ならでは気温問題

屋外でのフォトウェディングは季節によって気温が異なるので想像と違い最悪な状況にもなり得ます。

例えば、真夏のビーチでの撮影は気温が上昇し過ぎて汗でメイクが崩れ、強風の日にはヘアスタイルが乱れてしまうこともあります。

また、冬には露出度が高いウェディングドレスでの撮影は寒さに耐えながらの過酷なフォトウェディングになる場合もあります。

サンプルの写真だけでは伝わりづらいですが、季節によって状況も変わることを理解しておきましょう

 

暑さ対策と寒さ対策

暑い時期のフォトウェディングでは「熱中症対策」を。

寒い時期のフォトウェディングでは「防寒対策」が必須になります。

夏はこまめな水分補給や日陰で休憩しながら冷たいタオルで体温調節を行うようにしましょう。

また冬は冷えると最悪な場合、肌の血色も悪く見えてしまうためシャッターを押すタイミング以外は上着を羽織って暖をとるようにしてくださいね。

 

想像とは違うロケーション

想像とは違うロケーション

屋外のフォトウェディングは季節によって、景色が一変します。

例えば春の桜満開の時期、秋の紅葉シーズンなどその季節ならではのロケーションの中でフォトウェディングを行いたい場合は注意が必要です。

時期を間違えてしまうと最悪な場合、理想のイメージとは全く異なるロケーションでのフォトウェディングになってしまいますよ。

 

事例を参考に事前リサーチ

地域やその年によって、各ロケーションのベストな時期は異なります

桜満開をイメージしたフォトウェディングであれば、限られた期間での撮影になるため事例を参考にピンポイントで時期を指定して予約をするようにしてくださいね。

事前にしっかりとリサーチすることで最悪な状況を回避することができますよ。

 

周りの視線が気になる

周りの視線が気になる

観光地でのフォトウェディングは、当然ながら観光客も多いため周りの視線も気になるものです。

周りの視線が気になり過ぎて、ぎこちない撮影になってしまっては最悪ですよね。

ロケーションが良い場所ほど、周りに人がいる中で撮影することは避けられません。

最悪なフォトウェディングにならないために、撮影場所はよく考えて検討するようにしましょう。

 

ポジティブに思考変換

フォトウェディング中、周りの人に見られていることは全く悪いことではないのでプラスに考えてみるのも良いでしょう。

一般の方は、ウェディングの衣装を着た新郎新婦を間近で見ることはとても新鮮なことで、「わぁー綺麗!」「おめでとうございます!!」と声を掛けてくれることもしばしばあります。

そんな時はその言葉を素直に受け止め、モチベーションアップに繋げるようにしてくださいね。

誰でも人に見られると緊張してしまいがちですが、最悪な状況をプラスな状況に意識して変えることも必要ですよ。

 

悪天候の中でのフォトウェディング

悪天候の中でのフォトウェディング

悪天候の中での屋外フォトウェディングは、必要以上に労力と時間がかかってしまい最悪です。

また気持ちを上がらず、ついテンションも下がりがちになってしまいます。

撮影日を変更する場合は、別途料金が発生してしまう場合もあるので悪天候の中でも撮影をするべきなのか、別日で日程を再調整するのかをよく考えるようにしましょう。

無理して撮影を決行してしまうと、理想とはかけ離れた最悪な写真の仕上がりにもなりかねませんよ。

 

予約時の事前確認

フォトウェディングを予約する前に、悪天候の場合の対応を担当者に事前確認しましょう。

万が一の場合、撮影日を変えることができる会社を選ぶことをおすすめします。

その場合はいつまでの期間延期が可能なのか、追加料金がかかるのかもしっかり確認するようにしてくださいね。

撮影日の変更可否は、事前に確認するべき必須事項になりますよ。

 

【撮影後日】最悪なフォトウェディング失敗談と解決策

【撮影後日】最悪なフォトウェディング失敗談と解決策

フォトウェディングの後日になってから気づく最悪な失敗談もあります。

写真の納品時期や仕上がりの写真枚数などは事前に確認しておけば、後悔することなく最悪な状況を回避できます。

ここでは「後日に気付くよくある失敗談」をご紹介します。

解決策を参考に確認することを忘れないでくださいね。

 

納品時期が遅かった

納品時期が遅かった

フォトウェディング後、写真の納品までの期間は会社によって異なります

特に人気が高い繁忙期でのフォトウェディングは、予定していた納品時期よりが遅くなることもあります。

後日の結婚式や披露宴の際に、「フォトウェディングの写真を使って映像を作る予定だったのに間に合わなかった」という最悪な事態にもなりかねません。

写真が必要な日にちが決まっている場合は余裕を持ってフォトウェディングをするようにしましょう。

 

納品時期を事前確認

納品時期や納品方法はフォトウェディングを予約する前に確認するようにしましょう。

すでに写真が欲しい日が決まっているようであれば、「この日に写真を使いたいので必ずそれまでに納品して欲しい」という旨を伝えるようにしてくださいね。

明確な日にちを伝えていれば、優先的に納品をしてくれることもありますよ。

 

写真枚数が少なかった

写真枚数が少なかった

写真の「撮影枚数」と「納品枚数」は異なります。

撮影枚数=納品枚数と間違えてしまい、想像以上に納品された枚数が少なかったというケースもあります。

また納品枚数を追加すると追加料金がかかり、最悪な場合予算オーバーになってしまうこともあります。

フォトウェディングの打ち合わせ時には納品枚数の確認も必須事項になりますよ。

 

カット数と納品数の違いを確認

カット数はシャッターを切った写真の枚数なので、納品数とは別物です。

表示の仕方はそれぞれですが、「データ○○カット」の表記が実際の納品枚数と覚えておきましょう

フォトウェディングでは、何百カットもの撮影を行います。

その中から、選別した写真だけが手元に来るのでカット数が多いだけで判断し間違えないように注意してくださいね。

 

写真を選べなかった

写真を選べなかった

屋外でのフォトウェディングはカット数が多いため全ての写真を自分で選ぶことはほとんどありません。

スタジオの場合は、枚数自体が少ないため「納品写真を自分で選べることが多い」です。

自分で写真を選べず気に入った写真がなく、最悪な結果になってしまうこともあります。

撮影した写真は全て自分で選べるとは限らないことを念頭に置いておきましょう。

 

予約時と納品時に写真を再確認

予約の際、納品される写真を自分で選べるかどうか先に聞いておきましょう。

どうしても自分で選びたい場合は、その旨を伝えて可否の確認が必要ですよ。

フォトウェディングの写真を自分で選ぶ際の最悪なケースは、好みに偏りがあると似たような写真ばかりを選び代わり映えしない可能性があることです。

プロ目線でのチョイスも取り入れてみることをおすすめします。

 

イメージと違う仕上がり

イメージと違う仕上がり

納品された写真がイメージの仕上がりと違うことも考えられます。

思い通りのフォトウェディング写真が残せない場合、最悪ですよね。

カメラマンや写真編集する人によって、そのやり方はそれぞれです。

ウェディング会社やカメラマン独自の特徴を理解していないと後悔だけが残ってしまいますよ。

 

仕上がりサンプル写真をもらう

フォトウェディングの特徴やどのような写真が得意かを把握してから予約をしましょう。

事例写真を参考にすると、カメラマンの色がよく分かるものです。

仕上がりの写真は、全て編集する前に先に数枚サンプルとして見せてもらい要望があればこの段階で伝えることが大切ですよ。

 

【必見!】最悪なフォトウェディング(フォト婚)にならないための解決策とは まとめ

最悪なフォトウェディング(フォト婚)にならないためには、失敗談を理解してその解決策を参考にすることが大切です。

本来どの失敗談も「事前リサーチ」や「確認」で最悪な事態を防げることばかりです。

情報不足で間違った認識をしてしまうと、取り返しがつかない後悔だけが残ってしまいますよ。

フォトウェディング(フォト婚)を行う上で、衣装ヘアメイク料金写真のクオリティーなど細かく優先順位を立てて予約をする前に要望がどこまで叶うかどうか納得がいくまで問い合わせをするようにしましょう。

2人次第で最悪なフォトウェディングを最高のフォトウェディングに変えることもできるのです。

 

フォトウェディングでのお悩みはベルクラシックへご相談ください
>>べルクラシック

 

結婚式プレゼントキャンペーンはこちら
↓↓
おとくこん

 

関連キーワード