【重要】フォトウェディングはロケーションプランが魅力的!おすすめは?

2021.03.31 Column
Share
【重要】フォトウェディングはロケーションプランが魅力的!おすすめは?

フォトウェディングで結婚式や前撮りするなら人気のロケーション撮影がおすすめです。
しかし、フォトウェディング撮影するプランの選び方に迷いますよね。
1番人気の「洋装と和装フルパッケージ」を考えているカップルが多いのではないでしょうか。
ロケーション撮影の相場を知っておくと、ウェディング計画が立てやすいです。
この記事では、「ロケーション撮影プランの魅力」や「プランの選び方」をお届けします。

 

フォトウェディングは、スタジオ撮影とロケーション撮影が可能です。

ロケーション撮影は、スタジオと違いお2人の好きな場所で撮影できますよ。2人の思い出の場所、海の近くでリゾート感溢れる撮影、ガーデンで緑に囲まれたナチュラル撮影などあります。

フォトウェディングでおすすめのプランは、洋装と和装の両方セットになっているプランです。花嫁衣裳である、ウェディングドレスを着て撮影するけど、せっかくなら和装でもフォトも撮りたいですよね。

お好きな季節によって、撮影時期を考えておくとプランが立てやすいですよ。

春は「桜が咲く時期」での撮影。
秋は「紅葉シーズンで彩られた中」で撮影。
冬は「イルミネーションがキレイ」な撮影が叶いますよ。

 

フォトウェディングのロケーション撮影の相場とは

フォトウェディングでも、撮影の種類によって費用が変わってきます。
ロケーションプランの相場は、約10万~25万です。スタジオ撮影は、約3万~撮影できるリーズナブルなプランもありますが、ロケーション撮影費用は高めです。

ロケーション撮影はスタジオと違い場所の使用料や移動費がプラスされます。場所によりますが、ロケーション場所は、北海道から沖縄まで幅広いですよね。

ロケーション撮影の魅力である、好きな時間帯、好きな場所で撮影できるので、人気が高く、洋装+和装のダブルのプランは一番費用が高いです。
プランの内容に入っているサービスは、

・衣装
・ヘアメイク
・着付け
・小物
・撮影料
・写真
・データ
・移動費用

撮影後、データをゆっくり選ぶことができるので、全データ付きプランがおすすめですよ。
前撮りのウェルカムボードアイテム作りや年賀状などに欠かせない写真は、キレイに見えるフォトを自分の目で選びたいですよね。ロケーション撮影は、色んなポーズのショットを撮ってもらえますよ。

フォトウェディングのロケーション撮影の相場とは

フォトウェディングロケーション撮影で美しく!おすすめポーズとは

当日は、ナチュラルなスタイルで撮影する事をおすすめします。緊張で肩の力が入っては、思っていたイメージと違ってきますよね。事前に、取り入れやすいポーズを知っておくと当日安心できるのではないでしょうか。
プレ花嫁さんに、おすすめロケーション撮影でのポーズを紹介します。

アイテムを使ったポーズ

額縁ガーランドなどをお2人で持って、撮影するのはいかがでしょうか。
和装なら、和傘などピッタリな雰囲気で自然とポーズが出ますよ。

アイテムや撮影小物がある事で、フォトウェディング撮影の気分も上がりますよ。
フォトウェディング撮影にピッタリではないでしょうか。

顔を少し隠すポーズ

花束ぬいぐるみを持ってポーズすると、顔を少しチラッと出すなど、調節が可能ですよ。
照れ屋さんにもおすすめの映えるポーズです。

座って喋っているポーズ

いつもの2人の喋っている雰囲気は、ナチュラルスタイルでステキです。
キメポーズの写真より、ロケーション撮影の背景にも溶け込んでナチュラルスタイルのポーズは美しく仕上がるのではないでしょうか。

手をつないだポーズ

カワイイ雰囲気になります。
お2人で手を繋いで歩くポーズや、手を繋いで振り返るポーズなど素敵ですよ。

おでこを合わせるポーズ

おでこを合わせるポーズ

お2人がおでこを合わせて目を閉じるポーズは、仲良しな雰囲気が出ておすすめですよ。
キスする写真は抵抗があっても、おでこをくっつけるポーズは取り入れやすいのではないでしょうか。
 

フォトウェディングでロケーション撮影に映える衣装とは

フォトウェディングで使う衣装は、洋装と和装があります。
スタジオによって衣装の質や品ぞろえは異なりますので、ネットや店舗で衣装チエックはしておきましょう。

洋装

フォトウェディングでのウェディングドレスは、純白ドレスが主流です。
ウェディングドレスの種類は沢山あり、自分に似合うスタイルを合わせましょう。

プリンセスライン、Aライン、スレンダーライン、エンパイア、マーメイドラインなどあります。
ロケーション場所に合うドレスがいいですね。

和装ロケーション

和装ロケーション

和装は、白無垢や色打掛や引き振袖などあります。
ロケーション撮影場所によっても、和装の衣装の合わせ方も変わってきます。

フォトウェディングのロケーション撮影に映える衣装は、ロケーション場所によります。
場所と衣装の組み合わせを考えながらプランの内容を選んで下さいね。
 

フォトウェディングロケーションにピッタリな華やか撮影小物とは

ステキなロケーション撮影をより楽しくしてくれる小物は沢山あります。
基本の撮影小物とは、

ガーランド

飾ったりお2人でガーランドを手に持ち華やかに演出できますよ。
ガーランドに文字を入れて、オリジナルテイストのガーランドもステキですね。
「JUST MARRED」「結婚しました」など文字を入れて和装や洋装に合わせる事が可能ですよ。

赤い糸

赤い糸で結ばれた2人をフォトウェディングで撮影できます。
針金と赤い糸で、簡単に作る事もできるのでオリジナルで制作してみてはいかがでしょうか。

フォトフレーム

遠近法を使った撮影で大活躍のフォトフレームです。
フレームの中にお2人が入った撮影やフレームをお2人手で持った撮影に使われます。
自由度か高く、おしゃれなアイテムです。

バルーン

ウェディング撮影に欠かせないアイテムの1つのバルーンです。
ハート型やLOVEのモチーフのバルーンがおすすめです。
リゾート感溢れる海辺の撮影では、青と白の組み合わせのバルーンがステキです。

和傘

和傘

和傘を差したフォトウェディングは、人気です。
お2人で和傘を差すスタイル横にそっと置いても様になりますよね。
雨や雪がちらつく時も、和傘は雰囲気が出てステキな小物になりますよ。

扇子

デコレーションしてお2人のお好きなテイストに仕上げられますよ。
花をデコレーションして飾ると、華やかな雰囲気になりますよ。

紙風船

和装にピッタリの紙風船です。
ロケーションでも、紙風船を取り入れると和風の雰囲気がグッと出ます。

クラッカー

クラッカーはパーティー感が出るので気軽に使いたいアイテムですね。
散らからないので、ロケーション撮影の小物としておすすめアイテムです。

シャボン玉

シャボン玉は、電動シャボン玉を使うとバブルの演出を手軽に作れるのではないでしょうか。
フォトジェニックな雰囲気になりますよ。

洋装、和装それぞれピッタリな小物をチョイスして、素敵な世界観を演出してみましょう。
小物など、事前にイメージし指示書などを作っておくとカメラマンに伝わりやすいのではないでしょうか。
 

フォトウェディングでのロケーション撮影のデメリット

フォトウェディングをロケーション撮影する上でのデメリットは天候に左右される事です。
ロケーション撮影で注意しておきたい点を紹介しますね。

1.天候に左右される

ロケーション撮影は、スタジオ撮影に比べて野外の撮影ですので、天候に左右されます。沖縄などでは、台風が多く天候は変わりやすいですね。スタジオによって異なりますが、天候の注意点などしっかりと聞いておく事をおすすめします。

2.衣装について

ロケーション撮影での衣装は、レンタル衣装の場合ロケーション撮影で汚れたなどクリーニング代が追加される事もあります。汚れの度合いは、どこからクリーニング代が発生するのか事前に確認しておくと良いですね。野外の撮影では、スタジオと違って汚れる事も想定されていると思いますが、知っておくと安心して楽しく撮影できますよ。

3.ヘアメイク

ロケーション撮影では、野外が暑く汗でメイクが崩れてしまう事もあります。また風が強く吹き、ヘアセットが崩れる事も想定されます。ヘアメイクを直せるように道具を用意しておくと安心できますよ。ロケーションメイクは、ウォータープルーフ必須ですね。
 

フォトウェディングのロケーション撮影は事前準備が大切

フォトウェディングのロケーション撮影は事前準備が大切

フォトウェディングするなら、ロケーション撮影も思い出に残したいですよね。
サービス内容を事前に確認しておくとロケーション撮影は、当日スムーズになるのではないでしょうか。

緊張する当日に、色んな細かい事を気にしておけませんよね。
フォトウェディングでロケーション撮影をするなら、事前に計画する事をおすすめします。

あなたのフォトウェディングを歴史のあるベルクラシックグループで思い出に残してみてはいかがでしょうか。
ベルクラシックグループのフォトウェディング:https://www.bellclassic.co.jp/hall/

関連キーワード