6/30
まで!

【魅力的】結婚式が安い最適なプランの選び方のポイント!

記事公開日:2022.02.02 / 最終更新日:2022.02.15
Column
Share
【魅力的】結婚式が安い最適なプラン選び方のポイント!

費用が高額な結婚式ばかりでどうしたらいいのかと思っていませんか。
今から結婚式の貯金を増やす事は、難しいですよね。

今回は、安く結婚式を叶えたいカップルに「結婚式の安い時期や穴場シーズンの狙い目」「結婚式の節約方法6選」をお伝えします。

最後に紹介するゲストに喜ばれる3のポイントは、花嫁さん必見ですよ!

ブライダルフェアや結婚式場めぐりの時間がグッと少なくなります。
結婚式の選び方で、約数十万円~100万円の費用の節約に繋がりますよ。

 

結婚式が安いの?基本のウェディング「費用と相場」!

結婚式が安いの?基本のウェディング「費用と相場」!

結婚式の相場費用は、結婚式と披露宴込みで約300万円前後です。
大半の費用を占めるのは、料理・ドリンク代です。

招待するゲストの人数や挙式の種類によって、費用が大きく変わってきます。
結婚式の費用は高額で、ゲストに関わる費用が多いです。

詳しい内訳を説明しますと、

  • <結婚式の費用内容>
  • ・挙式、会場使用代
  • ・料理、ドリンク代
  • ・ペーパーアイテム
  • ・会場の装花
  • ・衣装
  • ・ヘアメイク
  • ・引出物
  • ・写真
  • ・サービス料金
  • ・演出代

結婚式・挙式のみの費用

結婚式・挙式のみの費用

相場費用は、約30万円~40万円です。
挙式だけするカップルは全体の2割ほど。

家族だけで結婚式を挙げたいとお考えの方が利用していますね。
妊婦さんも、短時間の挙式なら体の負担にならないのでおススメです。

  • <挙式に必要なサービス>
  • ・挙式料金
  • ・衣装
  • ・ヘアメイク
  • ・進行
  • ・写真撮影
  • ・小物

その他にも、ゲストに送る招待状や引出物が必要ですよ

その他結婚式以外で掛かる費用とは?

お2人の新しい生活に欠かせない費用が必要です。
新居や引っ越しなど家電の購入費など、まとまったお金が必要になります。

結婚式の費用は、衣装や挙式代以外にも色んな費用が発生しています。
ウェディングの準備を始めると、だんだんと気が付く項目事が多いのではないでしょうか。

  • <その他、結婚式以外の費用>
  • ・結婚指輪
  • ・結納
  • ・ハネムーン費用
  • ・新居の準備費用
  • ・前撮り
  • ・二次会、パーティー
  • ・ゲストの交通費や宿泊代。

全部を揃える事は大変ですが、アイテムによってコンパクトにまとめると結婚準備がスタートできますよ。

結婚式の挙式スタイルとは?

結婚式の挙式スタイルとは?

3つの挙式を紹介します。

チャペル式

教会での結婚スタイルです。
ウェディングドレスを着てバージンロードを歩く姿は魅力的。
大勢の参列者に見守られながら祝福されるので、本格的な挙式が叶います。

人前式

自由な結婚スタイルが実現できます。
場所も問わず、衣装も自由でオリジナル感溢れる挙式が可能です。

神前式

日本の伝統的な結婚スタイルです。
白無垢や紋付き袴を着こなす純和風がお好みのカップルにはピッタリ。
家族、親族だけ参加のゆったりとした挙式

 

結婚式の安い時期はいつ?穴場シーズンを狙うとオトクになる!

結婚式の安い時期はいつ?穴場シーズンを狙うとオトクになる!

結婚式が安くなるのは、冬と夏です。
雪が降る真冬や真夏は過ごしにくいので、ウェディングを利用するカップルが少ないですよ。
ゲストを呼ぶにも季節や気候に気を使いますよね。
遠方から足を運んでくれる親族や友人に、できれば快適な時期を選びたい方が多いのではないでしょうか。

オフシーズンの真夏と真冬の季節が格安にできる可能性が高いですよ。
各社によりますが、オフシーズンになるとキャンペーンを実施する事が多いです。

人気の少ない時期を狙うと、結婚式費用が安くなるのでおススメです。

北海道と沖縄でのオフシーズンが知りたい!

国内で観光人気の、北海道と沖縄はオフシーズンがです。
過ごしにくい季節はゲストを呼ぶ結婚式を利用するカップルが少ないですよ。

そして、オフシーズンのキャンペーンを利用してクオリティーの高い結婚式を挙げるカップルもいます。

各地の天候を知っておくと格安結婚式が叶いますよ。

北海道のオフシーズン

オフシーズンは、真冬の12月~3月です。
雪が多く降る季節は、北海道ウェディングのオフシーズンになります。
室内は、暖房が完備されているので、暖かいですがロケーション撮影などは困難です。
交通の便も、雪などの影響が出る事もあるので当日は注意が必要です。

沖縄のオフシーズン

1月の沖縄は、結婚式が少ないオフシーズンになります。
正月を過ぎたら、観光客も少なく金額設定が下がりますよ。
晴天でない冬の沖縄は費用が安くなりますので、新婚旅行と結婚式の両方ともおススメです。

 

結婚式が1番安い地域はココ!費用の違いに注目したランキング紹介

結婚式が1番安い地域はココ!費用の違いに注目したランキング紹介

結婚式では費用が安い地域があります。 招待するゲストの人数によって料理・ドリンク代が高額になります。

例えば、1人2万円のフルコースをゲスト60人では、費用は120万円です。
料理のランクや人数によって結婚式の費用が安くなります

地域別!リーズナブルな結婚式費用ランキングを見てみましょう。

1北海道

費用が1番安い北海道は、「会費制」の結婚式。
結婚式費用の相場は、約200万円前後です。
全国的な費用と比べて、リーズナブルではないでしょうか。
実は北海道では、ゲストが、料理代やドリンク代を払うシステムです。
結婚するお2人の負担を掛けないために、費用を集めてお祝いする事が主流となっています。

2沖縄

2沖縄

結婚式の相場費用は、約150万円~200万円前後です。
ここに旅費代がプラスされますので、沖縄の費用は変わりますよ。
ゲストの旅費代を支払う方もいますが、どのぐらい負担するべきなのか?お2人で予算を立てておくと良いですね。
沖縄の旅費代は、お2人の旅費代15万円前後は予算として考えておきましょう。

3九州・北九州

結婚式の費用の相場は、約320万円前後です。
九州の結婚式は招待するゲストの数が多いです。
平均して約90人以上。
親戚や友人を多く招待し、にぎやかな結婚を望まれている方が多いです。

4東北

結婚式の相場費用は、約320万円前後です。
東北の結婚式には、多くのゲストを招いて祝うスタイルです。
その招待人数も、平均約90人前後。
全国でも招待人数は多い地域です。
親族や友人など、大勢に祝福してもらうスタイルが主流。

5中国・四国(岡山・広島・山口・鳥取・島根)

結婚式の相場費用は、約330万円前後
平均的な相場費用です。
料理にかける費用、約100万円前後です。

6関西(大阪・兵庫・奈良・京都)

6関西(大阪・兵庫・奈良・京都)

結婚式の相場費用は、約350万円前後です。
料理やドリンク代は、約100万円前後掛かっています。
京都は、料理代がもう少し割高です。
おもてなしの関西ならでは金額ではないでしょうか。
1人当たり1万6千円前後です。

7愛知県(名古屋)

結婚費用の相場は、約360万円前後。
名古屋の結婚式は豪華なイメージですよね。
みんなで一緒に祝う気持ちがアットホームでステキです。
料理代は、約110万円前後です。
ゲストの料理費用1人当たり約2万円。
デザートビュッフェやひつまぶしを最後に食べるなど、ゲストを楽しませる演出が豪華です。

8関東

結婚式の相場費用は、約300万円~450万円前後
色んな結婚スタイルを選べるが費用に違いが出ます。
費用は、会場によって費用が違い、「ホテル」、「ゲストハウス」、「レストラン」があります。
1番安い会場はレストランで約290万前後です。
料理は、1万円~2万円のコースを選ぶ事で費用が変わります。
2万円のコースで60人のゲストでは、料理代120万円ですよね。
コース料金や場所の選択によって費用が大きく変わってきますよ。

 

結婚式が安いのはどっち?海外挙式と国内挙式比較!

結婚式が安いのはどっち?海外挙式と国内挙式比較!

結婚式が安くなるのは、海外挙式です。
招待するゲストの数か少ないので、料理などの費用が浮くからです。

例えば、国内挙式では海外挙式に比べ招待するゲストの人数が多く「料理・ドリンク代」に費用が掛かりますよね。ゲストの人数によって結婚式の費用は安くも高額にもなります。
海外挙式をして、日本でパーティーを開く場合は別途料金も掛かりますが、海外挙式は安いです。

どんなに違うのか「国内挙式」と「海外挙式」の費用を比較してみました。

国内挙式の費用

結婚式の費用相場は、約300万円~350万円前後です。
海外挙式と違い、ゲストの人数が多いので料理代・引出物などの費用が掛かる事で費用がアップします。
家族だけの少人数制ウェディングなど招待するに人数によって、料理やドリンク代が変わります。

海外挙式の費用

相場費用は、約210万円前後です。
海外挙式は高いイメージですが、国内挙式よりリーズナブルな費用です。
挙式プランは、国内挙式と変わらない内容です。

  • <基本セット>
  • ・挙式料金
  • ・衣装代
  • ・料理代
  • ・ブーケ
  • ・ヘアメイク
  • ・小物
  • ・写真や撮影代

気になる海外リゾートの旅費はどれぐらいかかる?

海外挙式には、「旅費・宿泊代」が必要になります。
人気のリゾート地別に費用を見てみましょう。

ハワイ旅費

ハワイの旅費・宿泊代は、約75万円前後です。
滞在する日数が長くなると、旅費はアップします。

例えば、ハワイのオフシーズンを利用すると費用が安くなりますよ。
ゴールデンウィークを過ぎた5月~6月は、観光客が少ないので航空代も安くおススメです。

平均して3泊5日の滞在するカップルが多いですが、ゆったり過ごす5泊7日がベストですよ。

ヨーロッパ旅費

旅費代は、約50万円~120万円前後です。
6泊8日滞在するカップルが多い。
時期によって、費用が割高に変わりますのでお気を付け下さい。

グアム旅費

旅費の平均費用は、約60万円です。
3泊4日の滞在日数。
日本から飛行機で約3時間30分到着します。
近くにあるリゾート地で結婚式を挙げるカップルも多いのではないでしょうか。
海外挙式は、ハネムーンにもなりますのでカップルから人気です。

滞在日数によって費用は違いますが、総合的に約210万円前後の海外挙式は国内挙式よりお安いのではないでしょうか。

国内挙式と海外挙式の負担金の違い?

国内結婚式は海外挙式よりお2人の負担金が減らせます。
ゲストからご祝儀を貰う事で結婚費用が抑えられます。
ゲストの人数が少ない海外挙式は、その分ゲストからのご祝儀少なくなりますよね。
よって国内挙式の方が、負担金が少なく豪華な挙式が叶います。

国内挙式と海外挙式の披露宴の違い?

海外挙式は、パーティー費用が別途掛かります。
1人当たり約1万円~2万円の会費制が主流。
挙式は少人数で行った場合、国内でパーティーのお披露目する機会が無いのでパーティーをするカップルが多いです。

例えば、友人たちを招待してカジュアル二次会をする事で色んな人に祝ってもらう事ができます。

理想の海外挙式を行い、日本で親しい友人に囲まれたウェディングパーティをする事で二重の喜びと嬉しさが叶いますよ。

 

結婚式を安くする節約方法6選!

結婚式を安くする節約方法6選!

結婚式は工夫次第で節約できます。
オフシーズンを使ってキャンペーンを利用する事ができるからです。

例えば、招待状を手作りや挙式と会場をオトクなプランを選択することができます。

結婚式は節約できる方法は、工夫次第で可能です。

節約方法6選を見てみましょう。

1人気の少ない日取りを選ぶ

桜の見ごろの春や紅葉の秋は人気のシーズンで予約が殺到します。
真夏7月~8月真冬の1月~2月は利用する方も少なく、会場費用も安くなります。
遠方からのゲストを招く際に、季節には気を付けたい所です。
その他にも、大安でない日を選ぶ事で費用が安くなりますよ。
お日柄にこだわりがない場合は、仏滅日キャンペーンを利用するなど工夫次第で結婚費用の節約に繋がります。

2 予算を提示しておく

プランナーに先に数字を出しておくと費用がオーバーする事を防げますよ。
花嫁さん達は、ブライダルフェアなど1日何件も回って厳選しているので、費用を少しでもオトクになる式場にしますよね。
事前に結婚費用の相場を知っておくと、追加オプションがどんどん増えて高額プランになる事を防げますよ。
予算を提示してオトクに結婚を決めましょう。

3 出来るだけ自前で揃える

3 出来るだけ自前で揃える

ヘアアクセサリーやヘッドアクセサリーなどは、ネットで買う方が安いです。
1度しか着用していない結婚アイテムは、意外とフリマで見つかる事が多いです。
ティアラや真珠のネックレスなど値段もピンキリですので、ご自分の好みに合った物で出会えると良いですね。

例えば、本物の真珠を使ったアクセサリーや貴族が愛用しているティアラなど高額商品ですのでレンタルに向いています。

その他、ハンドメイドでオリジナルの物を作ってもらえる事も可能ですので、ネットを活用する事をおススメします。

4アイテムは手作りする

結婚式で使うアイテムは手作りできる物が多いです。
料理や装花などゲストにたいしておもてなしのお金に費用を掛けるので、その他のアイテムは手作りする事で費用が抑えられますよ。
招待状席次表アルバム動画編集などは、簡単に自分で作れます。
ペーパー類は基本的に手作り可能ですよ!

5結婚の会場費用を抑えよう!

結婚式の会場を決めると、費用が抑えられて節約になります。
今は挙式と披露宴がセットのプランだけではなく、何通りもオリジナルの組み合わせが可能です。

例えば、会場はホテル、ゲストハウス、レストランなどによって費用も違います。
1番オトクな会場は、レストランです。
相場費用は、約280万円前後。

挙式と会場の組み合わせで総額費用が変わるので、会場選びがカギです。

 

6持ち込み

会場によりますが、ウェディングアイテムを持ち込むと節約に繋がります。
ウェディングドレスやウエルカムボードやブライダルインナーなど持ち込みできるか、事前に確認しておきましょう。

 

結婚式での「安いアイテム」に注意?ゲストに喜ばれる3つのポイント!

結婚式での「安いアイテム」に注意?ゲストに喜ばれる3つのポイント!

結婚式では、ゲストに関するサービスにお金を使いましょう。
おもてなしの心を料理や引き出物を通して気持ちを受け取るからです。

例えば、幸せいっぱいのテーブルにふさわしいフルコースや彩りデザートなどゲストに喜ばれるのではないでしょうか。感謝の気持ちを表す料理をぜひ堪能して頂きましょう。

ゲストに喜んでもらえるアイテムについて紹介します。

引出物

引出物とは、ご祝儀を頂いたお礼として渡す記念品です。
相場費用は、約5000円前後です。
この引出物を選ぶのも楽しいですよね。
ゲストの年齢や好みに合わせて選ぶと喜ばれますよ。

  • 引出物は3点セットでゲストに感謝の気持ちを込めます。
  • ・引出物には、カタログギフトなど贈り物としてお渡しします。
  • ・引菓子は紅白饅頭やバームクーヘンなど添えます。
  • ・縁起物には、昆布や鰹節を贈ります。

装花

会場を彩る会場装花は、華やかに仕上げましょう。
新郎新婦の高砂に豪華な花があれば、フォト映えしますよね。
ブーケや衣装と組み合わせて、フラワーコーディネートしますのでお好きなテイストに仕上がるのではないでしょうか。プロに任せながら、お好みを伝える事をおすすめします。

料理・ドリンク

料理・ドリンク

ゲストに1番喜んでもらえるのは、料理ではないでしょうか。
和洋中の中からお祝いの席にふさわしい料理を選びましょう。
1名あたり約1万円~2万円が相場費用です。
結婚式の料理は、何年たっても思い出に残りますよ。
料理を通して、感謝の思いを込めましょう!

 

【魅力的】結婚式が安い最適なプランの選び方のポイント!まとめ

今回は、結婚式の安い時期や節約ポイントについて紹介しました。
結婚式を安い費用で挙げたいとお考えの方は、節約ポイントぜひ利用してみてはいかがでしょうか。
ゲストの人数を少人数にした挙式や会場をレストランにするなど費用を抑える事が可能です。
結婚式挙げてゲストを招待すると「ご祝儀」も頂けるので、負担額は大幅に減りますよ。

花嫁に送る!結婚式無料キャンペーン実施中
↓↓
おとくこん

関連キーワード