結婚式を東京で挙げるなら♡気になる費用平均をチェック!

2021.05.26 Column
Share
結婚式を東京で挙げるなら♡気になる費用平均をチェック!

大好きな彼とついに結婚!挙式のプランを立てる前に、まず決めなくちゃいけないのが会場の場所ですよね。職場のある街で挙げるのか、どちらかの実家に合わせるか、いやいや少人数で海外で?!と、夢は大きく広がります。そんな時、基本候補に上がるのは、どこからでもアクセスの良い東京での挙式。全国平均と比べると相場も高めで少し心配にもなりますが、やはり立地は重要です。今回は、東京での挙式を検討しているお二人に向けて、気になるメリットデメリットを改めて整理して、みんなの挙式費用の平均から必要な額をチェックしてみましょう!

費用平均

東京で挙式をあげるメリット

東京で挙式を挙げる一番大きな利点は、やはりアクセスの良さでしょう。電車や飛行機で、全国各地から簡単にアクセスできる東京は、親族や友人が全国各地に散らばっている場合非常に便利です。参列者の交通費を負担する場合も、複雑な移動のない東京であれば安く抑えることができます。式場のアクセスは挙式当日のみではなく、事前の準備期間にも影響します。電話などで簡単に打ち合わせを済ませることもできるけれど、細かなセッティングや衣装合わせは実際に自分の目で見て選択したいですよね。東京に住むお二人であれば、土日を使わずとも平日夜にサクッと打ち合わせをすることができるので便利。会場選びは、「今後何度も通うことになる」ことを念頭に置いて、慎重に選びましょう。

また、会場の選択肢が多いのも魅力の一つです。人口密集地域である分、ホテルや教会の数も多く、雑誌やテレビで有名な式場も数多く存在します。カジュアルな式をご希望の場合は、レストランウエディングで、とにかくたくさんのゲストを呼びたい場合は都内高級ホテルで、などお二人の望む挙式スタイルに合わせた式場を探すことができますよ。こんなリクエストがあるけれど、地方の挙式会場では難しそう...という事態を回避することができます。

東京で挙式をあげるメリット

気になる費用。全国的に見ると相場はやはり高め

そこで気になってくるのが東京で式を挙げる際の金額。もちろん、会場や招待人数によっても異なるのですが、いずれの場合も全国平均より10%ほど高い見積もりになるとされてます。例えば、60-70人程のゲストを呼んで挙式を開く場合の全国平均は約300万円ほど。東京で開く場合には約1割、30万円上乗せした330万円前後が平均の金額になります。こちらの金額には、打ち合わせにかかる交通費や参列者のお車代などは含まれていないのでご注意を。普段暮らしている街からの距離や、親族の居住地お車代の負担の有無など総合的に考え検討する必要があります。

気になる費用。全国的に見ると相場はやはり高め

いかがでしたか?人生の一大イベントである結婚式。余計な費用負担は避けたいけれど、希望の演出や憧れの教会など、こだわりたいポイントはカップルによりさまざま。後悔のない会場選びのコツは、絶対に妥協したく無いものをカップルですり合わせ、その優先順位をつけることです。憧れの教会やホテルの集う街、東京。全国的に見ると少し高めの費用が掛かりますが、沢山のカップルがこれまで東京で挙式を挙げてきたことからもわかるよう、東京という街にはそれだけの価値があります。希望の結婚式のイメージを膨らませて、お二人でしっかり時間をとって話し合ってみてくださいね。

関連キーワード