婚約祝い♡ギフトに添えたいメッセージ

2021.01.11 Column
Share
婚約祝い♡ギフトに添えたいメッセージ

メッセージカードを書く時のマナーは?

婚約した人への贈り物をする際には、単に品物を贈るだけでなくメッセージを添えるのがおすすめです。喜びの気持ちを伝えることができ、幸せなムードが増していくことでしょう。とはいえ、これまでに婚約祝いのギフトを贈ったことがないとどのような言葉をカードに書けば良いか迷うことは多いかも知れません。贈り物に祝福する言葉を添えてプレゼントする時には、まずお祝いに相応しい言葉を選ぶことが基本となりマナーでもあります。言い換えるとお祝い事に相応しくない、縁起の悪い言葉や良いイメージを与えない言葉を使用することは避けることが大切です。もちろん身近な親しい人の場合には、それほど形式にとらわれすぎたりわざわざ難しい言葉を使おうとしなくても問題ありません。婚約した二人を祝福するような気持ちが伝わるような言葉を書いたメッセージカードを添えると良いでしょう。しかし結婚を祝福するメッセージの場合と同様に、句読点は使用しない方がおすすめです。というのも句読点は、終わりや区切りを連想させるとして結婚関係の祝福の言葉には使わないという習わしが日本にはあるからです。結婚ではなくエンゲージの場合もこれに合わせておいた方が、無難といえます。

どんなカードに書けばいいの?

ちょっとおしゃれに英語でメッセージを送るなら

贈り物をする際に品物と一緒にお祝いの言葉を書いたメッセージカードを添えるとより喜ばれる可能性があるのでおすすめです。しかしギフトに付けるカードとして、どのようなものを選べば良いか迷うという人もいるのではないでしょうか。もし婚約した人へのカード選びに迷った際には、お祝い事に相応しい色やデザインのものを選ぶと良いでしょう。親しい人に贈るのであれば、それほど神経質にならずとも相手や自分の好みに合うものを選んでも良いです。とはいえカードはギフトの品物の大きさとバランスの取れたサイズを選ぶ方が、見た目が良くなります。開くと立体的になるカードや音が出るカードなども売られているので、これらのようなものを選んでも楽しいかも知れません。また友人や同僚などの複数人でギフトを贈るというときには、大きめのカードや色紙などを使用してメッセージを寄せ書きにするのもおすすめです。色とりどりのペンを使用してそれぞれがお祝いの言葉を書き込めば、華やかさも加わります。また何人かで贈り物をする際には、小さなカードにそれぞれがメッセージを記入して、1つの大きなカードに張り付けて複数名分をまとめるのも良いアイディアです。

ちょっとおしゃれに英語でメッセージを送るなら

ちょっとおしゃれに英語でメッセージを送るなら

日本人のカップルにギフトに添えて婚約祝いのメッセージカードを贈る場合には、日本語で言葉を書くと気持ちが伝わりやすくておすすめです。しかし日本語で書くとあまり洗練されたイメージにならない気がして、英語を取り入れておしゃれさを演出したいという人もいるかも知れません。確かに日本人の人へのお祝いのカードでも、英語のメッセージを取り入れてデザインするとよりおしゃれな印象になることがあるので効果的な言葉を取り入れてみるのも良いものです。短い英語の言葉で2人に幸せになって欲しいという気持ちを込めたいのであれば、"Sweets are forever."というのも良いでしょう。これは日本語では「いつまでもお幸せに」という意味があります。つい日本人の場合には"Congratulations!"という言葉を選んでしまいがちかもしれません。しかし"Sweets are forever."というとおしゃれな印象を与えるため、センスの感じられる言葉を選びたいという人におすすめです。また人によってはまだ気が早いように思われることもあるかも知れませんが、「幸せな結婚生活を」という意味がある"Happy wedded life"という言葉も使えます。

関連キーワード