【リゾ婚】費用を抑えてハワイで挙式するポイント

2020.10.23 Column
Share
【リゾ婚】費用を抑えてハワイで挙式するポイント

「ふたりだけ」または「家族だけ」がおすすめ

ハワイでのリゾ婚が人気を集めていますが、海外での挙式にはお金がかかります。必要なお金を安く抑えるためには、様々な方法があります。その一つが、ふたりだけの挙式家族だけの挙式です。
親族や友人を招くと航空運賃や宿泊費、パーティーの代金が人数分かかるので高額になります。ふたりだけの挙式か家族だけの挙式を選択すれば、リーズナブルにハワイでの挙式を実現できます。ふたりだけの挙式にすると、平均的な金額に比べて大幅な減額が可能です。ハワイ挙式プランは昔から人気がありますが、代金はプランによって異なります。海外ではカップルのみで結婚式を行い、帰国後に披露宴やパーティーを開催すれば親しい人にも喜んでもらえるでしょう。新しい生活を始めると出費が重なるため、結婚費用を抑えるカップルが増えています。プランを選べば、国内で結婚式を行うよりも安くなります。専任のアドバイザーが無料で相談に乗ってくれる旅行会社なら、費用を抑えられるプランの相談も気軽にできます。どの旅行会社でもブライダル関係のプランには力を入れているので、できるだけ結婚するカップルに合った条件でプランを提示してくれます。海外での結婚式を考えている場合は、シーズンをずらすだけでも費用が安くなるでしょう。

衣装などは持ち込み、ギフトは現地調達しよう

衣装などは持ち込み、ギフトは現地調達しよう

ハワイのリゾ婚費用を安くするための節約方法のひとつが、衣装の持ち込みです。海外で衣装を用意すると料金が高くなるので、ウェディングドレスなどの衣装は自分で用意して持ち込む人が多いです。豪華なドレスではなくシンプルなドレスを選べば、さらに節約できます。最近はブライダル系の通販を利用して、ウェディングドレスを安く購入する女性が増えています。ウェディングドレスの決算セールを狙えば、本来であれば手が出ないドレスを安値で購入できます。海外挙式では、予約していたドレスと全く違うドレスが用意されていたというトラブルもありますので、大切な結婚式では自分に合ったウェディングドレスを持参した方が確実です。
結婚式では細かいところにもお金がかかりますが、ギフトもそのひとつで日本で用意すると割高になります。ギフトはハワイに到着してから購入した方が節約できますが、スケジュールがギリギリで時間がない場合は式場に依頼して用意してもらいましょう。インターネットを利用すれば、日本にいながら簡単にギフトの依頼ができます。ギフトの種類も豊富で、価格も予算を考えて選択できるので便利です。日本でも安いギフトを購入できますが、海外のギフトの方が喜ばれる傾向にあります。

旅費を抑えるオフシーズンを選ぼう

旅費を抑えるオフシーズンを選ぼう

ハワイのリゾ婚費用を抑えたい場合、大きく節約できる方法があります。オフシーズンを選択するだけで、ハワイでの挙式費用を大幅に抑えられます。海外で結婚式を挙げたい場合は、安い時期を狙うのが最大の節約になります。ベストシーズンとオフシーズンでは、旅費だけでも倍以上の違いが出てきます。
せっかく結婚式を挙げるので、気候の良いベストシーズンを選びたいカップルも多いでしょう。ベストシーズンにはベストシーズンにしかないメリットもありますが、それだけお金もかかります。どうしても安く抑えたい場合は、11月から3月までのオフシーズンが狙い目です。人気が高い観光地なので、費用を抑えたい場合は旅行者の多い大型連休は避けましょう。10月から3月頃までは雨季になるので、旅行会社でもお得なプランが多くなります。ハワイは一年中過ごしやすく、雨季言っても日本の梅雨の時期のように1日中雨が降っているのではなく、短時間に降るスコールのような雨が、一日に何度かあるという具合なので心配はいりません。かなりお得な早い者勝ちプランも登場するので、小まめにチェックしているとお宝情報をつかめます。またハワイでも日本の結婚式場と同じく土日を絡めた挙式が多く平日の結婚式は料金が低く設定されているケースが多いため、上手に狙えば大幅なコストダウンにつながります。ふたりだけの挙式なら曜日を気にする必要もないため、多くのカップルが平日挙式を行っています。

おとくこん

関連キーワード