知らなかった!結婚式の支払いにもカードは使えるの!?

2020.07.19 Column
Share

カードで支払う人ってどれくらいいるの?

結婚式の支払いは、現金を用意して支払う方法以外にはクレジットカード払いを選択する人もいます。お金がないからカード払いにするのではなく、結婚式場の支払いの費用にクレジットカード払いを利用する人の割合は意外と高めです。 高額の買い物の時にはカードで払うという人が多いように、現金を持ち歩くリスクがないですし安全に支払いができるという理由もあります。クレジットカードを持っていない大人はほとんどいませんし、結婚式の費用がかなり高額の場合は支払えないケースもありますが限度額の範囲なら支払う人は意外と多いです。 割合は、ある統計を基にすると2割を少し下回る程度と言われています。現金を持ち歩いて手渡しというのも同じくらいの割合で、最も多いのは金融機関からの振り込みとなります。やはり、振り込みは即時で反映されますし選ぶ人が最も多いのも納得できるのではないでしょうか。 クレジットカードを使った支払いを選ぶ人は多いわけではありませんが、特に障害が無いようであればなかなか便利な方法です。もちろん、結婚式場の支払い方法で選ぶことができるかを確認しておく必要がありますが、金融機関からのように振込手数料もかからないので便利です。

はな

カード払いのメリットは?

クレジットカードで支払いをするメリットにはいろいろありますが、カード会社によってはかなりのポイント還元を受けられる点は見逃すことができません。カード会社にもよるので一概には言えませんが、1パーセント以上の還元が受けられるところも多いです。 100万円で1万円分のポイントが返ってくることを考えれば、実質の値引きと同じことですので現金よりもカードを選びたいという人の気持ちもわかるところです。又、送金やその場での現金払いが前払いであるのに対して、カードでは実質翌月以降に引き落としになるのでタイミングによってはご祝儀をもらってから支払いをするということも可能になります。 これは、式場の予約をして当日までの期間が極端に短い場合に限りますが、式場の予約が開いていればご祝儀をもらってその一部を支払いに充てることができるケースもあるので予算が限られているという方には最適です。 経済的にあまり余裕がないカップルの場合、現金がそこまで用意できないこともあります。そんな時に、カード決済なら少なくとも支払いは1か月以上先になりますのでその間に費用を工面して支払いをすることができるのもメリットです。もちろんポイントもたまるので、さらにお得になります。

しきじょう

注意点も覚えておこう

クレジットカードで結婚式の費用を払うときに注意したいのが、カードの限度額です。一般的に、限度額を式場の支払いが可能な程度に設定している人はほとんどいないのではないでしょうか。現金が用意できないのであればクレジットカードでの支払いは便利ですが、審査を受けて一時増額をするという形にすれば利用限度額が一時的に上がりますので、支払をすることができます。 これをやらないで申し込みに行くと、いざ支払うタイミングになってカードが使えないというトラブルになることもあるので注意が必要です。クレジットカードの限度額は、日ごろからあまり気にしていないかもしれませんが意外と低めに設定されていることも少なくありません。 結婚式の支払いというと、少なくとも100万円程度はかかるのが一般的ですしその場合は、一時増額をしていつもより金額の高い買い物ができるようにしておく必要があります。二枚のクレジットカードを併用することはできませんので、ポイント還元率の高い方を増額するとより多くのポイントをもらうことができます。現金で支払うよりもお得に支払えますし、支払うタイミングを先延ばしにすることもできますので、予算が限られている方にお勧めです。

費用を気にせず、お得に結婚式をあげるなら【Otokucon】がオススメ!

【Otokucon】なら人気の式場で挙式&約70万円相当が無料になります!

気になる【Otokucon】キャンペーン詳細を見る >

 

関連キーワード