これなら間違いない!結婚内祝いの送り方とオススメ品

2020.04.22 Column
Share

結婚式を挙げてお祝いを頂いたら、必ずしなければいけないのがお礼の内祝いです。披露宴に招待できなかった人や出席できなかった人など、御祝儀や結婚祝いを贈ってくれた方に対しお礼の内祝いをします。

ご祝儀

内祝いは今では返礼の一つとして考えられていますが、元々はお世話になっている人に対し喜びを分かち合うために贈り物をする習慣でした。
しかし現在では、頂いたお祝いのお礼として贈る意味合いが強くなっています。本来の意味合いからは外れてきていても、いくつかあるマナーは守らなければいけません。たとえば披露宴をしなかったのにお祝いをもらうと、お返しはしなくて良いと考えるかもしれません。しかし披露宴をしていなくてもお祝いを受け取ったらお返しするのがマナーなので、必ずしておきましょう。

内祝いを贈るのはいつ頃がいいの?

内祝いをするタイミングとしては、品物や金銭を受け取ってから1ヶ月以内です。1ヶ月以内はあくまでも遅くてもですから、受け取ったらできるだけ早いタイミングでお返しをしてください。またお祝いをもらうタイミングは結婚式の前後などいくつかにわかれますが、結婚式の準備や新婚旅行があるとつい忘れてしまいがちです。ですから受け取ったお祝いはリスト化して、内祝いをしたらチェックを付けておくと返し忘れを防げます。

お祝いを返さなくてよい場合もあるの?

基本的にお祝いをしたらお返しするのがマナーですが、場合によってはしなくてもよいケースがあります。しなくてもよいケースで多いのは、結婚式や披露宴に参列し引き出物を渡した場合です。披露宴での料理や引き出物がお祝いのお返しになるので、内祝いはしなくて良いとされています。受け取った金銭や品物が少額である場合も、内祝いをしなくて良いとされています。一般的に結婚式の内祝いで選ぶ品物は、頂いたお祝いの半額から3分の1が相場です。受け取ったお祝いの金額が少額だと、内祝いに見合う品物がなかなか見つかりません。その場合は内祝いを贈る必要がないとされ、少額のお祝いだと相手も内祝いをもらうと却って恐縮してしまうでしょう。もし半額程度で内祝いに見合う品物がないなら、代わりに新婚旅行のお土産やランチをおごるなどすると良いとされています。一部の企業には結婚した社員に対して、福利厚生の一環で結婚祝いを贈る制度があります。会社の制度としてお祝いを受け取った場合も、内祝いをしなくてよいケースです。このようにケースによっては内祝いは必要ないので、マナー違反にならないか確認しましょう。

内祝いの相場は?

基本的な相場は半額から3分の1程度ですが、同僚から連名で頂いたときは総額を人数分で割った金額で計算します。また目上の方から高額なお祝いを頂いたときは、半額や3分の1でも高価な品物になりやすく却って失礼になります.。相場の金額でも高すぎると感じた場合は、夫婦でお礼に行ったり手紙や電話で直接伝えることも大切です。

ありがとう

どんなものを贈ればいいの?

マナーとともに結婚式の内祝いで気になるのは、相手に送る品物です。一般的で無難なおすすめの品物としては、カタログギフトです。カタログギフトなら相手に品物を選んでもらえるため、必要なものを送ることができます。いただいたお祝いに合わせてカタログギフトの種類を選べば、特に問題ないでしょう。生活の必需品であるタオルのセットも、無難な品物の一つです。タオルはどこの家庭でも必要な日用品ですし、使っているとボロボロになるので定期的に買い換える必要があります。そのためタオルならもらっても困ることがないので、内祝いにはおすすめの品物です。他にもコーヒーや紅茶のセット、お菓子なども内祝いでは人気です。

マナー違反にならないように相場を考えながらもらっても困らないものを選ぶと、相手からも喜ばれるでしょう。

関連キーワード